300日投稿連続記念!古沢良太脚本『エイプリルフールズ』から感じる物語の真髄

今回は、300日連続投稿記念としまして、2016年4月1日に公開された、『コンフィデンスマンJP』でおなじみの古沢良太さんの作品『エイプリルフールズ』という作品から、物語の真髄とも取れる見事なストーリー展開と、そこで描かれる感動を記したいと思います。おそらく、300日連続投稿記念ということで、大作になると言っておきます。がっつりネタバレ有りなので、観ていない方、観たくてまだ観てない方は読まないで下

もっとみる

子どものトラブルに制裁は必要でない

学校では、毎日子ども同士のトラブルがあります。

今を一生懸命生きている子どもたちにとって、友達との関わりの中でトラブルが起きることは当然です。

トラブルが起きること自体に問題はありません。むしろ自分が子どもの頃は、やたらとトラブルに巻き込まれ、身に覚えのないことを周りに広められたり、気分によって無視されたり、ということはしょっちゅうでした。

守秘義務がありますので、詳しい内容は書けませんが、

もっとみる

多くの見込み客は価値を理解できていない

価格だけで買うものを選ぶ人は全体の20%程度だという話があります。どういう調査対象、どれくらいの母数に対して、どういう調査だったのかはわからないので、調査結果の信憑性は定かではないですが、一つの参考指標として考えることはできると思っています。

ここから読み取れることは、多くの人は価格だけで買う買わないを判断していないということです。

商品が売れない時、「顧客の買い求めやすい価格じゃないからだ。

もっとみる

どのようなメカニズムで人はお金を払うのか?

生計立てるためだけに就職した営業だが、「何故この人だと買うのだろうか」「何故この人だと買わないのだろか」というような「人がお金を払う対象とそのメカニズム」に大きな疑問を持った....結論的には本能的欲求、社会的欲求のタイプがあり、それぞれ個々人ごとの価値のものさしに依存すると思っていた、

しかし、お金2.0を読む中で、金銭欲求というものが上記の欲求とは別の概念として扱われていた。。。続きが楽しみ

もっとみる

先延ばしは人生の毒。そんな毒の原因と対策が一目でわかる「先延ばし方程式」

先延ばしは基本的に人生の毒です。

先延ばしをする人は貯金が少なく、収入も少なく、不健康で、罪悪感と後悔の日々に心が蝕まれます。

ですが、先延ばしをしてはいけないと誰もが思っていることも事実で、誰もができれば先延ばしをしたくないと思っています。

そうやって誰もが望んでもできないならば、それはやり方が問題なわけです。

ということで、今回はそんな先延ばしをする原因と対策を、一目でわかる「先延ばし

もっとみる

文献を比較する(追記)

(記)2019年7月14日
ここでのお題を「文献を比較する」としております。この意味を申せば‥是までに私は多くの方々から色いろ学んでまいりました。他者に学んでおられる方々は御存じでしょうけれど、私たちの一生は長くても高々百年程度しかありません。そのことで焦っておられる人のナンと多いことかと私には想われてならない。「何をそんなに焦ってるの?」とお尋ねするのは失礼ですし、それで此処で私の思いを少し述べ

もっとみる

「消えた天才シリーズ」やり切ることの大切さ

今回は、久しぶりの「消えた天才」シリーズをお送りしていきます!

安藤美姫が勝てなかったライバル

女子フィギュアスケートで、オリンピックにも出場した安藤美姫選手が、小学生時代に勝てなかった消えた天才が山本あい花さんです。
山本さんも、安藤さんを意識していたそうですが、自然気胸という肺の病気にかかり、命の危険があり、治療によって感知したものの、復帰しても病気の不安があり、練習も存分にできず、成績が

もっとみる

コードギアス名言Vol.30「それが、せめてもの!」

物語と名言

ギアスにかかったユフィは、返り血を浴びながら銃を乱射していた。ガウェインに搭乗し脱出したルルーシュだったが、ブリタニア軍は外にいる日本人までも虐殺しようと、会場を飛び出してくる。その光景を見ながら、現状を受け入れ、覚悟を滲ませながら放った今回の名セリフ。

「こうなったらユーフェミアを最大限利用するしかない。」
「それが、せめてもの!」

その言葉を聞いて、表情を歪めるC.C.だった

もっとみる

文献を比較する

(記)2019年7月13日
今回、ニュートンの絶対時間とアインシュタインの相対性理論を比較していてウィトゲンシュタインの哲学とプラグマティズムの名称に触れる機会を得た。どんな切っ掛けも知性に繋がるなら意味はあるし、それで文献を漁(あさ)る人は大勢いらっしゃるだろうけど‥じっさい文献に労力をいっぱい掛けても損はないのは分るのですけど、どうせならより価値的な時間の過ごしかたをしたいと‥そういう考えは私

もっとみる