ベストセラー著者来日 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

翻訳書ときどき洋書「エージェントが語る!翻訳出版」第5回
自分の小さな「箱」から脱出する方法
著:アービンジャー インスティチュート 監修:金森 重樹 訳:冨永 星
大和書房

本日は趣向を変えまして、ちょうどベストセラー著者をオフィスにお迎えする機会があったので、とても簡単にですが、その本をご紹介したいと思います。

2000年に刊行以来、世界で売れ続けている『自分の小さな「箱」から脱出する方法』です。いまや世界で200万部、日本では23万部超です。続けて出版された『2日で人生が変わる「箱」の法則』、最新刊の『管理しない会社がうまくいくワケ』を合わせると累計300万部に達しています。

2016年にラグビーの五郎丸選手が、朝日新聞「思い出す本 忘れられない本」というコーナーで本著を紹介されたのをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。「読んでから物事をポジティブに捉えられるようになりました。」「ビジネス書ですが、チームプレーっていう意味ではラグビーに通じる部分があるのかも。」と推薦いただきました。

2018年末にはCNBCの「Business books recommended by Bill Gates, Barack Obama and other successful people」という記事の中で、一番最初に取り上げられています。SlackのCEOが、今まで読んだ本の中で最も役に立つ本だ、と大絶賛し、同社の重役たち全員に推薦したそうです。

下記の写真は著者とチームの皆さんです。

マインドセットや組織などの改革を世界で実践し続けた著者だからこそ書ける、適切な質問設定と、共感をさせるストーリーが、ベストセラーの要因の一つではないかと改めて思いました。

本日は簡単な更新ですが、来週から通常に戻ります。「翻訳書ときどき洋書」を引き続き、よろしくお願い申し上げます!

執筆者:荻原文香 (営業部)



このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

エージェントが語る!翻訳出版

タトル・モリエイジェンシー発!エージェントの視点で、翻訳出版についてご紹介します。1年目のフレッシュ新人から、20年以上のキャリアを持つトップエージェントまで。さまざまなバックグランドのメンバーが交代で執筆します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。