Yasuhito Nagahara

Graphic designer, physical and digital. Professor, department of information design at Tama Art University.

メディアとデザイン──伝え方を発明する(12) 電子の書物

10年前に書いた連載「メディアとデザイン」の最終回。 学校でのできごととデザインのはなしを絡めて書いていたのだが、最終回はほぼこのときの興味の中心だった電子本のこ...

メディアとデザイン─伝え方を発明する(11) 2D–3D–4D

10年前、2009年の連載エッセイ再録。大学でのできごとから考えたことを書いていた。文中で受光素子をCCDとしているのが懐かしい(ぼくは今でもCCDのカメラを使っているけれ...

メディアとデザイン─伝え方を発明する(10) 見えるもの、見えないもの

10年前の連載の再録。学校のことを題材にしている。学生作品について書いたものが断然面白い(と思う)。ということで、連日のアップ。 見えるもの、見えないもの 「大切...

メディアとデザイン─伝え方を発明する(9) 群れとネットワーク

このシリーズは2009年に書いた連載を再録したものだ。2005年にweb2.0が提唱され、2006年にはTwitterがサービスを開始した。そういったことの影響がかたちをあらわしてきた...

メディアとデザイン─伝え方を発明する(8)知ってもらう

10年前のエッセイを再録している。 今回は夏休みのあいだのことを書いた回だ。ここに書いた事情は、今と10年前とではずいぶん違っている。まず、(たぶん)情報デザインに...

メディアとデザイン─伝え方を発明する(7)「写しとデザイン」

写しとデザイン 江戸時代まで脈々と続いた日本の伝統文化は、明治以降ヨーロッパの(そして戦後はアメリカの)あとを追うことで、根こぞぎ途絶えてしまった。 というよう...