読み返したいnote

65
ノート

肩書きのない私が、これから大切にしたい軸 〜趣味以上、仕事未満の学び〜

「個の時代」「フリーランス」「複業」「パラレルキャリア」といった言葉が溢れている今日この頃。 次の十年、自分はどうやって身を立てたら良いんだろ...

星野源・著書『よみがえる変態』と”クソ女”

驚いた。 星野源が、いまやGen Hoshinoとなった彼が、”クソ女”に出会っていただなんて。 先日発売された文庫版『よみがえる変態』の中で語られてい...

ストーリーがあるから人は共感できる

昨日、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組を一時間通して観ていた。 理由は、以前にも紹介した『M 愛すべき人がいて』の著書を書いたノンフィ...

くらしの選択肢を増やすこと

今年の1月頃に、"くらしてん"という自分の暮らしを紹介するメディアを遠野に住む友達から紹介してもらった。 そして、春頃に"私の暮らし"を載せて...

わたしは多分地球に許されたい

フリーランスになってからの3年間、稼ぎの一部を寄付に回している。 なんとなく目についた難民支援と、大好きな保護猫の団体へ。家族や友人にその話をた...

プレゼントに予言もらった

大好きな人から、旅立ちに向けてプレゼントをもらった。 それは形をもつものではなく、「予言」だった。 にこにこしながら彼は言う。 「俺は未来が見...

父への1行ラブレター。

8月8日は、父の誕生日。 いつも過ぎ去ったあとに、ふと思い出すくらいで、意識したことは残念ながら皆無に等しい。母に言われて、プレゼントを渡した...

あなたの「普通」は、相手にとって「普通じゃない」かもよ

誰かと話しているときにふと出てしまう、「普通は〇〇じゃない?」というセリフ。 相手が言ったことに対して、自分の考えと違っていたら、「普通は〜」...

貯金が尽きた!~ポンコツ夫婦のフリーランス奮闘記

そのメールを見たとき、「ついにこの日が来たか」と思った。 意外と冷静だった。 午前10時。朝まで仕事をしていたイラストレーターの夫はまだ眠ってい...

境界線を越えるとき、ご縁は繋がる。

運命の出逢いを、ずっとずっと信じていた。 出会った瞬間、ビビっときた、というやつを。 出雲大社へ参拝に行き、その価値観が覆った。 好きな人がで...