見出し画像

第33回週間映画興行収入ランキング(2019年7月第4週)

【第33回週間映画興行収入ランキング(2019年7月第4週)】



今週のランキングは「トイ・ストーリー4」VS「天気の子」VS「アルキメデスの大戦」。
「トイ・ストーリー4」のV2か?
「天気の子」のV2か?
「アルキメデスの大戦」の初登場1位か?
また、「劇場版仮面ライダージオウ」や「ペット2」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。



集計期間 2019年7月27日~7月28日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「天気の子」10億1201万円
2位 「トイ・ストーリー4」6億2811万円
3位 「アルキメデスの大戦」2億6517万円
4位 「劇場版仮面ライダージオウ」2億4557万円
5位 「ペット2」2億2349万円
6位 「アラジン」2億0986万円
7位 「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」1億6392万円
8位 「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」5751万円
9位 「チャイルド・プレイ」4864万円
10位 「Diner ダイナー」4784万円

「天気の子」は初登場から2週連続で1位を維持。
「君の名は。」以来となる新海誠監督の長編アニメーション作品。
「トイ・ストーリー4」、「アルキメデスの大戦」などを退け見事V2達成。
興行収入100億円を達成できるかが焦点。
2作連続で興行収入100億円を達成すれば、邦画アニメーション監督では宮崎駿監督以来2人目。
興行収入30億円を達成。
1週目 約11億8500万円
2週目 約10億1200万円
観客動員は287万0000人を突破しています。
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入39億9000万円を突破しています。

「トイ・ストーリー4」は先週から2週連続で2位を維持。
ピクサー不朽の名作「トイ・ストーリー」シリーズ第4作目。
前作「トイ・ストーリー3」(興行収入108億0000万円)を上回れるかが焦点。
興行収入50億円を達成。
1週目 約13億7300万円
2週目 約8億5500万円
3週目 約6億2800万円
観客動員は415万1000人を突破しています。
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入55億4000万円を突破しています。

「アルキメデスの大戦」が初登場3位。
三田紀房原作による漫画の映画化作品。
山崎貴監督×菅田将暉主演の話題作。
事前予想より低調なオープニング成績。
オープニング成績5億円台は記録したいところでしたが、約半分の興行収入にとどまりました。
1週目 約2億6500万円
観客動員は26万6000人を突破しています。
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入3億4000万円を突破しています。

「劇場版仮面ライダージオウ」が初登場4位。
平成仮面ライダーレギュラーシリーズ第25作目。
好オープニング成績を記録し、2作連続スマッシュヒットに向けて順調なスタート。
前作「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」(興行収入10億2000万円)を上回れるかが焦点。
1週目 約2億4500万円
観客動員は19万4000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入3億3000万円を突破しています。

「ペット2」が初登場5位。
2016年の大ヒット作「ペット」シリーズ第2作目。
前作「ペット」(興行収入42億4000万円)を上回れるかが焦点ですが、最終的には興行収入15億円程度になりそうです。
1週目 約2億2300万円
観客動員は17万5000人を突破しています。
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入4億0000万円を突破しています。

「アラジン」は先週3位から6位にランクダウン。
ディズニーの名作アニメの実写映画作品。
ウィル・スミス主演の話題作。
8週連続TOP10圏内にランクイン。
「美女と野獣」(興行収入124億円)を上回れるかが焦点。
令和初の100億円作品。
目標ラインの興行収入110億円を達成。
目標ラインも興行収入120億円に上方修正。
1週目 約11億2200万円
2週目 約10億9700万円
3週目 約10億3100万円
4週目 約8億7900万円
5週目 約6億9800万円
6週目 約4億8900万円
7週目 約2億8700万円
8週目 約2億0900万円
興行収入120億円が目標ライン。
興行収入110億0000万円を突破しています。

「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は先週4位から7位にランクダウン。
劇場版「ポケットモンスター」シリーズ第22作目。
前作「ポケットモンスター みんなの物語」(興行収入30億9000万円)を上回れるかが焦点。
今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。
1週目 約5億5300万円
2週目 約2億5100万円
3週目 約1億6300万円
興行収入30億円が目標ライン。
興行収入17億0000万円を突破しています。

「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」は先週4位から8位にランクダウン。
劇場版「スパイダーマン」シリーズ第7作目。
トム・ホランド主演の新シリーズ第2作目。
5週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「スパイダーマン ホームカミング」(興行収入28億円)を上回るかが焦点。
再来週には目標ラインの興行収入30億円を達成する見込み。
1週目 約6億9800万円
2週目 約3億9300万円
3週目 約2億2900万円
4週目 約1億0400万円
5週目 約5700万円
興行収入30億円が目標ライン。
興行収入28億6000万円を突破しています。

「チャイルド・プレイ」が先週5位から9位にランクダウン。
チャイルド・プレイシリーズ第8作目。
第1作のリブート作品。
1週目 約1億0900万円
2週目 約4800万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入2億4000万円を突破しています。

「Diner ダイナー」は先週8位から10位にランクダウン。
平山夢明原作による小説の映画化作品。
蜷川実花監督&藤原竜也主演の話題作。
目標ラインの興行収入15億円達成は微妙な状況。
興行収入10億円を達成。
1週目 約1億9000万円
2週目 約1億1500万円
3週目 約7900万円
4週目 約4700万円
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入10億5000万円を突破しています。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
「私たちは、」
「夏少女」
「メランコリック」
(洋画)
「ワイルド・スピード スーパーコンボ」
「4×4 殺人四駆」
「世界の涯ての鼓動」

来週は8月第1週目を迎えます。
「令和」第15週の週間ランキングです。
来週のオープニング成績予想
○「ワイルド・スピード スーパーコンボ」5億5000万円~6億5000万円
○「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」3億0000万円~4億0000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

よろしければ購読お願いします。
5

エンタメの殿堂

「エンタメの殿堂」公式note。 有料note大幅値下げ中。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 その他、映画に関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。

週間映画興行収入マガジン

「エンタメの殿堂」公式マガジン。 「週間映画興行収入ランキング」を収録。 「週間映画興行収入ランキング」毎週金曜日に配信中。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 マガジンの内容は無断転載やSNSへの無断転用等を禁止。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。