あたまのなか

あたまのなかとは

唐突にあたまのなかでコネクトが流れる。

まどマギの記憶はもう薄れていっているというのに。

まどマギで記憶に残っているのは
マミさんの例のシーンとほむらちゃんの弱々しいメガネ姿だけだな。

でも何故か唐突にコネクトがあたまのなかで流れる。

あと微かにオープニングのシーンが浮かぶ。
合ってるかどうかはわからないけどシーンが浮かぶ。

そしてサビ部分でプツッと切れて終わる。

あたまのなかとはいっ

もっとみる

繰り返し(?)

いつぶりでしょうか。急に存在を思い出したので来てみました。見てくださってる方はいないと思いますが、近況を書きたいと思います。

結論としては、彼氏が出来ました。彼氏と言っていいかわかりませんがとりあえず便宜上 彼氏 とさせてください。

まず、元彼と別れたあと秋から冬にかけて高校生の時に好きだった人とセフレの関係になりました。
セフレではあったけどある程度満たされたし割り切れていたから深入りするこ

もっとみる

空想の世界をカタチにする(次男の登校刺激)

次男が学校に行きたがらない時、先輩ママさんから「学校に行きたくなる仕掛けをしてみたら?」といろんな案をもらった。

例えば、、、
・登校するとシールを貼ってもらえる。それを集めたくて登校するかも。
・お気に入りの人形を先生に隠してもらってそれを見つけに行く。ゲーム感覚が楽しくて登校するかも。
などなど。

ただ、残念ながら、どれも次男には合わない。
収集癖はないので「なんでシールを集めるの?」と

もっとみる

あたまのなか

四方に幾重にも張り巡らされて、
なおかつピンと張り詰められた細く白い糸に
剃刀が充てられている。

剃刀が糸に触れるか触れないかくらいの
わずかな接触をする。
糸はかすかな音を立てて切れ、役割を終える。
切れた途端にフワッと力を失った糸が、
他の糸に垂れ下がる。

剃刀は移動する。

これが今の僕のあたまのなかだ。

#詩 #5月なんていらない #あたまのなか

啜るコーヒー

12個のホワイトチョコを
惜しげも無く口にほおばる
真夜中のひっそりとした部屋の中で
啜るコーヒーと
刻む秒針の音を
無意識に繰り返す

頭の中呼び覚まして
召喚された言葉の数々を
気持ちが指先まで届くように
組み立てては崩壊させる

またコーヒーが空になるから
きっと浸ってるであろう物語から覚めて
明日を始めたいから
今日はもう寝よう

#詩 #現代詩 #コーヒー #自由詩 #poem #考えた

もっとみる

私の好きのひとつのていぎ

好きとはなんだろ

とんがってて、まあるくなくて

目立ってて、奇抜な色で

それが好きだと思っていたから

ひたすら探して

それが個性だと

思っていたから

続けてた

ただ

そうじゃないもの

あったんだ

おさえておさえてとびでずに

近い色で染まってて

そういうものを

見たあと聴いたあと

いつのまにか衝撃を受けてた、受けたんだ

毎日見たい聴きたいは

何度見ても聴いても飽きな

もっとみる

私が人生の主役、他の人は脇役

自信がない

そういう人って結構いると思う
私もそう
日本人は圧倒的に多いのだそう

日本の高校生への調査で

「自分自身をどう思うか?」について
・自分は価値のある人間だと思う
米国89%、中国87%、韓国75%、日本36%
・自分が優秀だと思う
米国87%、中国67%、韓国46%、日本15%

驚き
圧倒的に自己肯定感が低い。

これにも理由があるそうで、
アメリカの政策によって、日本

もっとみる

💭.「言葉」についてぐるぐる考えた

◇「○○さんに△△って言われて傷つきました。辛いんです。」

後輩がぽろぽろ涙を流しながら話しているのを黙って見ていることしかできなかった。

後輩が涙を流すほどに傷つけられたその言葉は、
私の心に引っ掛かることのない言葉だった。
気に留めることなく流してしまう言葉だった。

凄く怖くなった。
深い深い不安の中に放りだされた、そんな気持ち。

なんてことなく言った一言で人を深く傷つけてしまうことが

もっとみる

新しい物語のはじまり

さぁ

告げた、

会社を辞めると告げた。

4月から新しいスタート。

不安症だから

やっぱりこわい。

この選択でいいのか
だいぶと悩んだ。

いろんな人にも相談した。

会社に揉まれる日々
最近どんどん
笑顔がなくなっていっている気がしていた

なんとか今まで紡いで頑張ってきた
頑張りも認められて
責任者も任せてもらった

ただ自分の時間が
どんどん失くなっていく

もっとみる

行きついた先に

突然思い立って、

昨日の朝
航空券と宿だけ決めて

1人旅へ

奄美大島へ行ってきた。

空港に着いて

何も知らない、土地勘もまったくない

さぁどうしよう状態(笑

しかも
結構車が主流らしくて
電車はない、

バスも1時間に1度程度。

いや、私運転できない汗

そんな中
いろんな人に助けてもらった。

今回初めてゲストハウスに宿泊した

なんかすごく素敵な空間だった

もっとみる