ささやかな幸せ

季語エッセイPart3「盆休み」

盆休みと聞いて、季語を思い浮かべようとすると、まずその言葉、季語なん?と思う。いや、季語だとは思うが、普通に秋の日常にその言葉が入り浸りすぎて、季語と普通の言葉の境界線が曖昧になっている。

ともかく、盆休みという季語を調べてみる。盆休みはその前後に休暇をとる人が多いという事実は、恥ずかしながら最近意識し始めたばかりだ。

盆休みというと、私の感覚では14、15、16の三日間という感覚なのだが、間

もっとみる

書くことは幸せの始まりである

昔mixiで書いていたこと

大学生の頃はmixiが流行っていて、社会人になって数年間までは、公開範囲を一部の友人だけにして、それこそ日記を書いていた。

結構むき出しの気持ちや考えをつらつら載せていた。少し後になってfacebookが出てきて、気持ちむき出しではなく、個人情報むき出しとか凄いなと思っていたけど、なんだかんだで投稿していたし、それなりに楽しんでいた気がする。でも楽しくて短い内容しか

もっとみる
ありがとうございます!ご意見やご要望もお気軽に一行からでも。
8

金曜日の朝
バスに乘った瞬間汗が吹き出る
ぼんやりしていた
気がつくと目的地
あわてて小銭入れを逆さにする
バス代ぴったりの小銭

とても幸せな気分になった

できることなら

できることなら、小さな家と庭が欲しい。
そこには四季折々の花が咲き、桑の実や金柑などの実がなる小さな果樹がある。
1本でいいから、見上げる位の木があって欲しい。
木の下にビオトープがあるといいなぁ。
そこには矮鶏とアヒルが歩いていて。
番犬が寝そべる横で、ポニーと兎が草を食んでいて。
小さな土間のある家で、本棚のある居心地の良い居間と寝室と台所、小さな風呂があって。
もう一間だけ部屋が欲しいなぁ。

もっとみる

googleにお祝いしてもらえるなんてw でも朝からほっこり。ありがと♪