つくばエクスプレス

背脂ラーメンの系譜……西のホープ軒、北の土佐っ子、じゃあ東はここじゃなかろうか(らーめん弁慶/浅草/ラーメン)

何世代か前のラーメンブームの際に、街道沿いのラーメン屋が各メディアに取り上げられた。夜中にタクシーの運ちゃん達が通っていたようなお店が中心だったが、その頃は何故か背脂ギトギト系のラーメンが持て囃されていた印象がある。例えば西のホープ軒、例えば北の土佐っ子。

その時代に、東の浅草(厳密に言えば堀切、小菅の拘置所のちょっと南東)にも背脂ギトギト系のラーメンで大人気だったお店がある。

それがこちら、

もっとみる

はちびとへの道のり VOL.4 分蜂の瞬間に立ち会う

巣箱と対面した日、偶然にも「分蜂」(ぶんぽう)を目の当たりにしました。

分蜂:蜂の群れが2つに分かれること。西洋ミツバチの飼育者の間では、分蜂はきちんと管理されるものなので、このはちは私たちの師匠のものではなかったです。うろ覚えで申し訳ないのですが、この時はちはお腹いっぱいの状態なので、攻撃しないそうです。

それにしても、初めて見ると引きます…。

枝にみっちり、これ全部はちで、1万5千~2万

もっとみる

スロージェットコーヒーにまた来てみた(東京・北千住)

美味しいコーヒーを飲めるモーニングに立ち寄った。3年B組金八先生の街、東京都北千住にあるスロージェットコーヒーにまた来てみたお話です。

7種類のモーニングメニューを取り揃えて、充実のモーニング。450円のモーニングパニーニから680円のモーニングカレーまで。

ブレンドコーヒーはおかわり自由

です。

看板だけ見ればシンプル。

それに練習しました。

パニーニとブレンドコーヒー

そして予定

もっとみる

秋葉原中央通り沿いの好立地かつ超老舗なのに微妙に知名度の低い店(松楽/秋葉原/ラーメン)

秋葉原とは、昔は電気街、ちょっと前はオタクの街&メイド喫茶の街と、その時代によって ”レッテル” が大きく変わる不思議な街である。
だが、私はこの街は何十年も前から 「グルメタウン」 としてブレていないなと感じている。近頃は若者向けのB級グルメや、新業態の実験店舗に偏ったようにも思うが、とりあえずこの街をほっつき歩けば、それなりの食事にありつける。

そんな秋葉原にあって、大昔から同じ場所で営業し

もっとみる

はちびとへの道のり VOL.3 巣箱とご対面

つくば市の農産物オーナー制度ではちみつオーナーになり、いよいよはちの巣箱を観察する機会(内検)に恵まれました。

内検:燻煙器に火をつけて煙を出し、巣箱に向けて噴射することで、ミツバチを大人しくさせた上で、巣箱の中に 板状に並ぶ巣脾枠(すひわく)を見てはちの状態をチェックすること。

4月下旬とは言いつつ、防護服やゴム手袋で体を覆っているので、暑いです。師匠がデモンストレーションしているのは、防護

もっとみる

スロージェットコーヒー(東京・北千住)

美味しいコーヒーを飲めるモーニングに立ち寄った、3年B組金八先生の街、東京都北千住にあるスロージェットコーヒーのお話です。

7種類のモーニングメニューを取り揃えて、充実のモーニング。450円のモーニングパニーニから680円のモーニングカレーまで。ブレンドコーヒーはおかわり自由。

美味しそうでしょ。

メニューが頭に入って来ない。。。

今朝の私の頭は普段より立ち上がりが遅く。

あるお店のメニ

もっとみる

つくば市に大型展示施設を作りませんか

待望の8両化が決定し、次は東京駅延伸、茨城空港駅延伸と色々と話題の計画が目白押しのつくばエクスプレス。

しかし、単純に沿線を便利にしたところで、通勤用の路線だけでは持続的な発展と維持は難しいのではないでしょうか?

今回は筆者の希望も含めた妄想計画をお伝えしたいと思います。
多少、語弊のある言い回しが出てくるかもしれませんが、ご了承ください。

つくば方面に大型展示会場を作ろう

TXでのつくば

もっとみる

世の中、厳し過ぎると思いません?
とタクシー運転手に言われたと「シンクロのシティ」MC。つくばエクスプレスが20秒前の発車で謝り、盆踊りや祭り、ラジオ体操の音が騒音だと訴えられ、正論で攻撃的な発言がSNSを占め、二人の問題である不倫を周囲が意見する。批判する前になすべき事がある。

はちびとへの道のり VOL.2 はちと接するための準備

4月上旬、つくば市某所。説明会はオーナーになるための説明を聞く場で、この日すぐにはちを見られるわけではありません。はちと接するには準備が必要です。

服装

はちは、黒いものに集まるとのことで、白い防護服を着ます(写真はイメージです)。私たちが通っている間は、頭の部分がついたジャケットを師匠からお借りします。 スカートはNG、パンツの上からツルツルしたものを刺しにくいということで、 ヤッケ(下半身

もっとみる

はちびとへの道のり VOL.1 つくば市にたどり着くまで

つくば市の農産物オーナー制度に応募し、無事第2期のはちみつオーナーになることができました。4月上旬、まずは説明会に参加してきました。

私とはちみつの関わり

7、8年前だったか、母の友人の養蜂家から「みかんのはちみつ」をいただき、そのサラサラの甘さに感動。静岡出身でみかんびいきなこともあり、みかんのはちみつの世界に憧れを抱く。

2回目にみかんのはちみつをいただいた際は、1回目ほどの感動はなくト

もっとみる