アセアン

ASEANって意外と知らない

東南アジアの国単体としてはそれなりに知っているんですけど,全体ってなると詳しくなく,いろんな角度から物事を見たいので,ASEANについてまとめます.今回は本ではなくYouTubeで勉強したので非常にシンプルなものになっています.

ASEANはアメリカの支援によってできたのですが,当時は今のような経済的な連携が強いというよりも,政治色の強い団体でした.

ベトナム戦争と同時期に,カンボジアでもポル

もっとみる
terima kasih banyak(ありがとう:インドネシア語)
6

エンゲル係数から見るベトナム将来図

日本で残暑にウンザリしてるそこの貴方、ベトナム市場からこんにちは!

ところで私は、ニールセンやらUN、WHO、JETRO等の国際機関のデータと自分の生活実態視点を掛け合わせて市場を見るのが好きです。

ただの変態ですね。一応マーケッターの端くれなんで。。

今回はベトナムのエンゲル係数に着目したいと思います。

【*エンゲル係数とは・・・支出における飲食費の割合です】

貴方の自由に使えるお金が

もっとみる
素晴らしい
5

社名と役職無しで同じ仕事できますか?

皆さん、ベトナムからこんにちは!

私はこれまで世界中の人とプライベートでもビジネスでもやり取りしてきておりますが、日本ほど「会社の知名度」や「役職・肩書」にこだわっている国も居ないのではないかと感じました。

名刺交換の時や取引時の、相手の信頼度や期待値等を企業名や役職で判断してませんか?

もし、あなたがグローバルなキャリアを積みたいなら、、、

これ辞めた方が良いです

もし、あなたが海外の

もっとみる
素晴らしい
13

それでも現地採用で就職しますか?

私は駐在員と現地採用の両方を経験してきましたが、現在の雇用形態は現地採用となります。

最近は海外でのキャリアに挑戦する若い人が増えてきたと感じます。

とても良い事ではありますが、安易に勢いで現地採用となって後悔する人も多いと思うので、現地採用のリアルを書いてみたいと思います。

1、給与水準と将来的な上昇幅

”世の中金じゃない”と思いたいですが、現実は金が無いと何もできなくなりますし、私も経

もっとみる
素晴らしい
5

意思決定遅い日本企業世界の嫌われ者に

いや~日本の大企業は全てが本当に遅いですね!!!!!

よくここまで遅くて何も進まないのに経済が回るな~、と私は非常に感心しております。笑

【日本企業の無駄6選】

1、無駄な会議

2、無駄なメール作法

3、無駄な名詞交換

4、現場に何の決裁権も無い

5、意思決定プロセスが無駄すぎ

6、無駄な対面挨拶習慣

昨日スウェーデンのサプライヤーとメールやり取りしてましたが、相手のメール返信こ

もっとみる
素晴らしい
3

私がセブ語学学校設立を辞めた理由

私は2013年にフィリピン留学を経験し、翌年2014年に当時留学先の学校で出会ったメガバンク早期退職者のオバさんと意気投合し、語学学校設立に動き始めました。

当時はこの計画に向けて動いていて、非常に楽しかったです(笑)

当時は留学生の不満や、ニーズ、改善点を生徒の立場で学校へアドバイスしていたり、留学エージェント運営をしていたりしたので、何がウケて、何がトラブルやクレームに繋がりやすいのか良く

もっとみる
素晴らしい
6

ついに給与交渉をする時が来た‼

恐らく大半の方々は、日本で会社員をされていると思いますが

私のように、海外でずっと働いている人間は”いわゆる外資系”的なノリで仕事も給与の交渉もする機会があります。

つまりは”成果主義”です。

ですので、結果出ない人続々辞めて(or クビ)ゆきます。

ちなみに私の場合は、前職から今の会社に移って給与が10万円以上ガクッと下がりました。

以前は月給が日本円で額面:約55万円でしたが、現在は

もっとみる
素晴らしい
4

アセアン女性(公務員)の働き方

現在アセアン(ASEAN、東南アジア諸国連合)の女性たちとお話しすることが多いので、そこから知った彼女たちの働き方などについてメモしておきます。タイトルに(公務員)と書きましたが、外務省の公務員ー外交官の例です。私の小さなコミュニティの中で見聞きした話なので一般化はできないし、“印象”どまりなのですが、心にとどまった事柄などを書き留めておきます。

バングラデシュの首都ダッカに在住しています。これ

もっとみる
ありがとうございます 😌
4

インドネシア留学日記

お久しぶりです。

長らく更新ができない状態が続きました。最近はVISAの手続きやインドネシア大学のイベント等で忙しい日が続きました。また今週から9月から始まる授業の受講登録が始まります。

今回は昨日行ってきた、ジャカルタについて少し紹介します。

ジャカルタまでの道のり

私は今Depokに住んでいます。インドネシア大学のすぐそばのMargonda Residence2というアパートです。最寄

もっとみる