アワード

準MVP受賞者インタビュー!「任されている感」が「自由に挑戦すること」につながる

これは2018年のインタビュー記事を再掲載したものです。
このインタビューに応じてくれた2018年のFFアワード準MVPの2名は現在もフィードフォースのエースとして活躍中です!

人事インターンの小林です!
この半年活躍した社員を表彰する制度、FFアワード(エフエフアワード)で準MVPを獲得した2名が所属するdfplus.ioチームの受賞おめでとう会に潜入し、受賞の喜びから若手でも活躍できる環境で

もっとみる
ありがとうございます。執筆者が泣いて喜びます。
7

ANZスポーツテクノロジーアワードに参加させて頂きました!!

こちらは、
Vumero Sports、Telstra、Ciscoが主催するオーストラリアとニュージーランドのスポーツテクノロジーの分野でより高い功績を出した人もしくは、企業が表彰されるイベントです!!

日本の人事部「HRアワード2019」に入賞!

皆さまこんばんは。広報あべです。

最近リフカムでは席替えをしました。
心機一転。そんな私の最近の悩みは新しく向かいの席になった同僚山田との会話が噛み合わないことです。
先日も、好みの女性のタイプについて話をしていた時のこと。

私「山田さんって意外とギャルっぽい人が好きなんですね〜」

山田「はい!左利きです!」

と、誰もが耳を疑うウルトラな回答。しかも元気よく。おいおい、手加減してくれよ。ち

もっとみる
スキありがとうございます!
11

※8月29日更新※billage OSAKA~8月のイベント情報~

(8月29日更新)

こんにちは!billage OSAKAのスタッフの安野です。

いつも足を運んでいただきありがとうございます。

今回は2019年8月に開催予定のイベントをまとめてご紹介します!

気になるイベントがありましたら是非チェックしてみてくださいね。

※イベント申し込みは必ず申し込みページよりお願いいたします※

※終了※BLOCKCHAIN MEETUP IN OSAKA vo

もっとみる
嬉しいです!
3

Forbes CEOカンファレンス2019で、ワンキャリアは「採用」と「育成」をどうしても議題に挙げたい。

ワンキャリアは、Forbes Japanと「Great Company for Students supported by ONE CAREER」を実施することになりました。

具体的には、「採用と育成」に対して、優れた取り組みを行っている企業様を表彰し、①11月実施予定のForbes JAPANが主催する最大規模のカンファンレンス、②『Forbes JAPAN』10月25日発売号 第一特集「Th

もっとみる
心から感謝します。
35

ADSTARSの審査と所感もろもろ

うーん、かなり間があいてしまった。早くボランチの業務範囲とか考え方について話したいんだけどなー。とか言いつつ、今日は少し趣向を変えて、クリエイティブアワードについてのお話しを。

3年ほど前から、韓国は釜山で開催されているADSTARSやアメリカはニューヨークで開催されているNewYork Festivalsなど、いわゆるクリエイティブアワード、国際広告賞というもののオンライン審査員を拝命しており

もっとみる

アワード

今私はとても楽しみにしていることがあります。

それは所属する「チーム伝説の勇者」コミュニティで開催されるアワード(受賞イベント)です。

チーム伝説の勇者とは
ゲームが人を夢中にさせる仕組みをビジネスに活用する「ゲーム戦略」を学んでいる人達のコミュニティです。

今回は5つの賞を投票で選ぶのに加えて、受賞者に投票した人の中から各賞それぞれ抽選で1名に「サポート賞」が当たります。

さらに

もっとみる
スキありがとうございます!とっても嬉しいです^^◎
4

【20190517】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.片道1時間かけて協賛社が決まった

移動時間だけで計2時間かけて何も成果が出なかったらうそだ。
結果を出さなきゃいけないときに、結果が出せてよかった。

2.去年手がけた仕事が全国のアワードの候補になった

自分自身の市場価値の秤につながる。
これをきっかけにして転職のフックになるかもしれない。

3.パパ会

社内のパパで集まって飲んだ。
でもこれもママさんからすれば一家言もっているんだ

もっとみる

アメリカの人を育てるカルチャーから学ぶ、想像もできない自分になれるAttitude(姿勢)の話。

アメリカ留学時に、一番インスパイアされたことは、性別、年齢、国籍、宗教、ステータス関係なく、努力した者は必ず報われるという考え。

今でも忘れられない、アントレプレナーシップ学部の表彰式で、コミュニティリーダーシップ賞を受賞し、緊張と興奮で、震えていた私。当時、強烈な存在感のあるリーダーシップを発揮して、チームを率いたわけでも、卓越した成績を残したわけでもない、たった一年の交換留学生だった私が、な

もっとみる

日本アニメが映画祭受賞で得られる価値

先頃、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭が今年の長編映画コンペティション作品を発表しました。全世界から選ばれたのは10作品のみ、この中には日本からも3作品が選ばれています。

『きみと、波にのれたら』 湯浅政明 監督 
『あした世界が終るとしても』 櫻木優平 監督 
『バースデー・ワンダーランド』 原恵一 監督

アヌシーは世界で最も歴史が長く、最大規模のアニメーション映画祭として知られて

もっとみる