アングルのシークエンス:曜日ピボット®#01

アングルのシークエンスを解説するにあたり当初は、昼と夜を分けて記事にするつもりでしたが、同時に解説する方がわかりやすいので、記事タイトルから(夜)を削除して改めて #01から始めます
参照:旧#01、旧#01修正

アングルとは、日出から翌日の日出までの一日を円で表し、日出と日入及び南中とその反対(反中天)で4つに分割した領域のことです。
各領域を第1〜第4アングルと呼びます。

各アングルの起

もっとみる

[訂正]アングル(夜)のシークエンス:曜日ピボット®#01

先日の記事で画像に誤りがありましたので、訂正します。
冥王星曜日(夜の火曜日)のシークエンスの画像で、シリコンバンドの昼夜の色が違っていました。

↑修正前の画像
↓正しくは次のようになります。

アングルと東西南北が紛らわしかったので、梟の置物を目印にしました。
四方位は身体のポジション:正面/背面に対応します。
アングルは身体の天地左右に対応します。

冥王星曜日は、日入の時間帯を火星が支配す

もっとみる

ミュシャから学ぶ人物ポーズと作品の魅力について「続:みんなのミュシャ展」

みんなのミュシャ展note第2弾です。人物ポーズと、ミュシャの作品の魅力について考えてみます。

なお、第1弾では、陰影の描き方とミュシャならではの構成について考えています。気になる方はこちらへ↓

ミュシャから学ぶ陰影の描き方と構成主義について「みんなのミュシャ展」
https://note.mu/kiyo_design/n/n45edf9c3dad4?creator_urlname=kiyo_

もっとみる
ありがとう!忍びには、習いの道は多けれど、まずは第一敵に近づけ-
4

アングル(夜)のシークエンス:曜日ピボット®#01

8/8追記:画像に間違えがあったので後日修正記事をアップしますが、この記事はそのまま掲載します。

一週間のシークエンス:曜日ピボット®#01-#08では、2つのシリコンバンドで解説しました。
今回は、アングルで解説するので、4つのシリコンバンドを使います。
アングル(90度:直角)は、円で表わした一日を、4分割(360÷4)します。

第1アングル:日出
第2アングル:中天(南中)、真昼頃
第3

もっとみる

一週間のシークエンス:曜日ピボット®#01

14色のシリコバンドを使います。一週間七日×昼夜の配色は次の通りです。

日曜日は地球曜日でもあります。
曜日を構成する太陽系7天体のカルデア配列では太陽が中心に位置する場合、地球中心のプトレマイオス宇宙観(天動説)です。
中心の太陽を地球と月に入れ替え、月を太陽に置き換えると、太陽中心のコペルニクス宇宙観(地動説)になります。

左がプトレマイオス、右がコペルニクスです。
カルデア配列にコペルニ

もっとみる

空間ディレクション(仮)レポート

この4月に、都心から関東郊外に引っ越した。
部屋の広さは1.5倍になり、ベッドも置けるようになったし、たくさんの本をしまえる棚も置けようになった。

大きなダイニングテーブルもつくり、お気に入りのものにかこまれ大好きな友人を招待し楽しめる生活は、とても居心地が良い。

空間の課題(うちの場合)

うちには夫と私の本、合わせて数百冊がある。
無印良品のステンレスユニットシェルフ(幅86cm×高さ17

もっとみる

雨で光るフィレンツェの道

今日は珍しく写真の投稿。
上の写真は8年前に訪れた、冬のとある日の雨上がりのフィレンツェ。

自分の写真の中のお気に入りの一枚。
雨で光る石畳がとても綺麗だった。

当時は写真を撮ることが大好きで、どこに行くにも一眼レフを持ち歩く、今ではもう古い言い方かもしれないが、いわゆるカメラ女子というやつだった。

だけど、最近ではめっきりカメラを持ち歩かなくなったし(子供の荷物が多い)、写真を撮るときとい

もっとみる

動画で学ぶ格闘技、“Create angle!”角度を作って攻める(格闘技を始めるかもしれない息子に伝えたいこと36)

試合を見たり、スパーリングをして巧いな、強いなと思わせる選手は「角度を作る」のが巧い。
相手に対して正面から攻めるのではなく、右へ左へ動いて角度を作りながら攻める。
自分から角度を作ると、相手は攻撃しにくく自分は攻撃しやすい位置取りができる。つまり、カウンターされにくい位置取りができる。
昨日、UFC元ライト級&フェザー級世界王者のコナー・マクレガーの角度を作って攻める打撃テクニックを解説したファ

もっとみる