監督★本田圭佑の言葉

10月15日W杯2次予選イラク代表をホームに迎えた一戦は、前半22分に先制を許し、41分に左サイドからのクロスにファーサイドのFWモハナド・アリ・カディムのヘディングシュート追加点。さらに後半12分、同17分と失点し0-4破れた。3敗1分けで最下位に沈み予選の折り返しを迎えた。

 試合終了後、ホテルのレストランで本田圭佑田監督は選手たちにスピーチ。

 その全貌をお届けする。

 本田圭佑監督

もっとみる
スキありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))♡
1

イラクからの便り

バクダッドの日本大使館に勤務する友人が一時帰国して、
早稲田大学で1コマ講義するというので、
聴講にいった。

山北和徳くんは、早稲田大学のラグビーに所属していたが、
一浪のブランクとケガもあり、
5軍からなかなか上に上がれずにいた。
そして悩んだ末、2年生になるときにラグビー部を辞めた。

退部届を出して数日したら、
当時の監督だった清宮克幸さんから電話がかかってきた。
山北くんによると、ラグビ

もっとみる

トルコのシリア越境攻撃の余波が、イラクの宗教的少数派にも

シリアのクルディスタンは、主に4か国にまたがるクルディスタン全体で西部に位置するので、クルド語で西を意味する「ロジャヴァ」と呼ばれる。

ロジャヴァは、トルコとの国境に沿うようにシリア北東部に広がっている。暮らしているのは、イスラム教徒のクルド人が多いのだが、それ以外にも、キリスト教徒、ヤジード教徒(ヤジーディ)といった宗教的少数派や、トルクメン人、アルメニア人などが暮らしている。

ベルが記した

もっとみる
シュクラン!(アラビア語で「ありがとう」)
29

10月13日 本の世界No.23『We do not need you, here./If I could only fly.』

図書館で本を探していたら、一冊の異質な本を見つけました。

素材は硬い段ボールのようなものでできていて、見開きとも二つの本が組合わさったともいえるような構造でした。

その表紙というべき?ものには、

メモのようなものやハガキが貼り付けてありました。

一瞬手作りかな?と思いましたが、図書館の寄贈図書と書かれてあります。

この本は、2004年4月にイラク国内にて武装勢力によって拉致された日本人3

もっとみる

我々は見た

冷戦が終わり 

彼らには皆が平和を手にするまたとないチャンスが与えられた

しかし

彼らはそれを踏みにじりあざ笑っただけでなく

それとは全く逆のことをした

2019年1月11日 mixiにアップしたものを、そのまま転載しております。

平和は確かにそこにあった。 そして 今も まだ 閉ざされてはいない。

もうちょっと 上かな
2

イラクがユニバーサル・ベーシック・インカムの導入に積極的な姿勢らしい。また、無料の太陽光発電システムを3000人規模の家族を含むネットワークに導入する予定だってさ

笑吉
3

ISに狙われたイラク少数派の内紛危機…3人が「王位」を主張

イラクの少数派宗教集団ヤジーディには、いわゆる「カースト制度」がある。ヤジーディの人々は「シェイフ」「ピール」「ムリード」の3つのカーストに属する。「シェイフ」は「指導層」、「ピール」は「聖職者」と位置づけられ、「ムリード」は「平民」である。

ヤジーディは、同じカースト同士では結婚できない。子供は両親のカーストを継承する。こうした厳格な社会の仕組みが、レバノンから現イラクのクルディスタンにやって

もっとみる
どうもありがとうございます~
10

多数派と少数派の同床異夢…イラクのシーア派とヤジーディ

ヤジーディはイラクの人口の1%

イスラム教徒が多数の地域で宗教的少数派のヤジーディ。イラクには数十万人いるとされ、イラクの全人口の1パーセント程度とみられている。

ヤジーディを迫害してきたのは、いわゆるイスラム過激派あるいはサラフィー主義者と呼ばれるイスラム教スンニ派の一部過激勢力だ。特に、フセイン政権が2003年に米英の攻撃を受けて崩壊した後、現在までの十数年は、ヤジーディにとっての未曽有の

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます~
9

ISがイラクとシリアで復活の兆し…税金徴収、車爆弾テロ増加

米国防総省(ペンタゴン)の監察官室は、7月16日に発表したレポートで、イラクとシリアのISの活動について「復活してきている」と警告した。

今も戦闘員数は推定1万8000人

ISは今年3月に、シリアの民兵組織「シリア民主軍」(SDF)がイラク国境の町バグズをから奪還したことで、支配地を完全に失ったとみられていたが、息を吹き返しているというのだ。支配地を再び獲得したわけではないというが、レポートに

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます~
12

18歳の青空のムコウ 世界の戦争と平和

人事の小山です。

新宿御苑のベンチに座って、
真夏の青空を見ていると、
大学1年生、18歳の頃を思い出します。

山の上にある大学のキャンパスで、
サークルボックスの前のベンチに仰向けに寝そべって
澄み切った青い空しか見えていなかった日々。

18歳の頃に、何を考えていたのか?

「あの頃、空を見上げて、何を思っていたのか。」

私が大学に入学したのは、2003年。

「イラク戦

もっとみる
ドノバット!
28