落書き

またMAN WITH A MISSIONのメンバーを落書き。
近々スケッチブックとペンを買ってちゃんと描きたい。

カミカゼボーイ難しい。

もっとみる

オオカミの誤解

わたしの大好きな旭山動物園で暮らしているシンリンオオカミたち。夕暮れの閉園間際になると、園内にゆったりした音楽が流れ出す。その音楽に合わせて、オオカミたちは一斉に遠吠えし始める。

 アオォォォォーーーー…

 どこか切なく、美しい遠吠えの大合唱。その歌声は大切な家族や仲間との絆を歌っている…

 「一匹狼」という言葉

 この言葉を聞くと、オオカミは単独で行動していると思うかもしれない。でも実は

もっとみる

『フルカミの里』のあとがき(補足説明)

【 注意 】
本エントリーは拙作『フルカミの里』のネタばれを含みます。既に読み終えていることを前提にしていますので、未読の方は十分ご注意ください。
(初めての方はこちらの作品紹介をご覧ください。)

はじめに

この度は『フルカミの里』をご購入いただき、誠にありがとうございました。おかげさまで非常に多くの方に手に取ってもらい、7/18から8/5現在まで「歴史・時代小説カテゴリー」で1位を継続してい

もっとみる

蜂蜜を舐めると花粉症が治るらしい

クーラーに当たった結果風邪を引いたと思っていたのですが、本当はハウスダストのせいで鼻炎を発症していたことが判明しました。どっちみち苦しいという事実には変わりないので、厳しい毎日が続いております。アレルギー持ちは辛いです。

高校の先生「ブライアン」

アレルギーで思い出したのですが、高校の先生が「花粉症は地元で作られた蜂蜜を食べていると治る」と豪語していました。本当でしょうか。

その先生の名前は

もっとみる

神になったオオカミ~秩父山地のオオカミとお犬様信仰~

ニホンオオカミが最後に捕獲されたのは、1905(明治38)年、奈良県東吉野村。いまからおよそ110年も前の出来事である。以来、公式には「絶滅」したとされているが、目撃談や遠吠えの証言がなくはないことから、野生のニホンオオカミの生存を信じている人は、いまも少なくない。

本展は、動物としてのオオカミと信仰としてのオオカミの両面から人間とオオカミの関係性を探り出したもの。国内では3体しか現存していない

もっとみる

【おすすめ漫画】ただの動物群像劇ではない

皆さん、こんばんは。

三連休だというのにも関わらず、やったことといえば、シャンプーの詰替ぐらいな気がしています。谷口です。

本日は、漫画「BEASTARS」について、この漫画を是非オススメしたいと思い、その魅力について自分なりに書いていきたいと思います。

BEASTARSの魅力とは

「BEASTARS」は『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて連載中の漫画。擬人化された肉食獣と草食獣が生

もっとみる

#2019年自分が選ぶ今年上半期の4枚

2019年も半分経過とは、早いものです。

折角なので、「2019年自分が選ぶ今年上半期の4枚」とイラストを制作した際の裏話も交えてピックアップします。

Life force Boar

イノシシのスケルトン。
ハート型の葉から、猪目模様のイメージでポトスの巻き付いたすがたで描きました。
生き物の持つ生命力を、敢えて骨のすがたで表現しています。

2019年亥年の年賀状イラストとして制作。

もっとみる

【お知らせ】
7月5日〜7日原宿のデザインフェスタギャラリー・WEST1Gにて沖田良さんと『星とふかふかの心』展を開催いたします。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!
5日13時〜20時.6日11時〜20時.7日11時〜18時
#イラスト #コーギー #オオカミ