00:00 | 00:30

前の曲をちょっと変えると、こんな風になっていく。

まあ、まだまだ、お遊びの段階。

暇な人は、音痴を聞いて、卒倒して。笑


即興です!!

書いてりゃオチる時もある

note の編集画面にある「note のヒント」の「もっとも大事なこと」を折にふれ読み直しています。

みなさんにnoteを使っていただくにあたって、何よりも優先していただきたいポイントが2つあります。

・創作を楽しみ続けること
・ずっと発表し続けること

上の2つは、ページビューを増やすことよりも、お金を稼ぐことよりも、あるいはフォロワーを集めることよりも、何よりも大事なことです。

名文や超

もっとみる

影ピン

会社の屋上に見知らぬ女がいた。
「太陽が出るのを待ってるの」
女はそう言い手を広げた。
俺は少し離れて煙草に火をつけた。
しばらくすると雲の隙間から日光が差してきた。
女は地面の一点を見つめたまま、そこに近づいたり離れたりしている。
奇妙だな……。

「つまらないわね」
俺が戻ろうとした時、女が言った。
「これあげるわ」
女はピンのようなものをこちらに投げてきた。
「影を止めておくことができるの」

もっとみる

捨て猫たち

「寒いニャー拾ってくれニャー」
「諦めろニャー人通り少ないニャー」
「誰かの家でぬくぬくしたいニャー」
「俺もニャー腹も減ったニャー」
「捨てたやつ許さニャーい」
「復讐したいニャー」

「しっ、静かにしろワン」
「誰か来たニャー」
「拾ってくれワン」
「俺だけでもニャー」
「ワンワン」
「ニャーニャー」
「ああ、行っちゃったワン……」

「お前らがうるさいからでチュウ」
「声出さないと気づいても

もっとみる

オチが思いつかない

物事を考えながら、何かをしている風に見えて実は何もしていない。

目標と目的も分かっているけれども、そこへの道標を作ることはできる。技術書の良い点は、目標に対して、その実現方法を示してあげることができれば良いから。オチとか特に考えなくても、伝えたいことは、考え方や手順が伝われば良いので「伝え方」に気をつければ良いので、私は気楽です。インプットが十分にあれば、それらをまとめて組み上げて、何かが実現で

もっとみる

M-1と漫才に対する兼光さんの思い,プラス・マイナスの漫才に対する銀シャリ鰻さんの的確なアドバイス,そしてそれをうれしそうに語る岩橋さん,漫才師って素敵です!

今頃になって,2017年12月19日の「M-1王者が予選落ちコンビに敗北宣言」というプラス・マイナスのよしログを見ました。3分くらいの動画なのですが,内容がものすごく良かったので,抜粋してみました。

兼光:M-1…みました?
岩橋:核心触れるねぇ。すごいねぇ
兼光:どうでした?どう思いました?
岩橋:聞く前に自分はどうやったか言うてよ。兼光くんはどうやったんですか?
兼光:あ〜M-1ですか?「負

もっとみる

復讐麺

ラーメン屋を始めて3ヶ月。
常連も増えてきたのに、まさか隣にラーメン屋が出来るとは。
しかも生意気に「町で一番うまい店」なんて書いてやがる。

俺は腹が立ち「隣より美味い店」という看板を出してやった。
すると相手は「隣より安い店」と書き換えた。

なんて事をしやがる。

さらに驚いたのは、相手の看板に書いてあるメニューがうちと同じだったことだ。

泥棒め。

俺はイチオシを醤油からトンコツに変えた

もっとみる

オチのない話の善悪

「chiemiの話って、いつもオチがないよね。」

高校生のとき、一番仲の良かった友人に言われて今でもよく覚えている言葉。そしてこれはおとなになっても、また別の友人に言われたことがある。正直、結構ショックだった。

私は東北生まれ東北育ち、生粋の東北人。オチなんかなくてもいいでしょ!と思ってきたけれど、最近になってやっと、友人が本当に言いたかったことがわかってきた気がする。

以前、授業の中でこん

もっとみる

ジェントルマンはオチをつけない

皆さんうだつのあがらない仕事をした時や何故か気持ちや身体が冴えない時、どう気分転換されるであろうか。

酒を飲む?もちろんそうだ。ただ私はうだつが上がろうが下がろうが酒を飲むのだ。

キャバクラやガールズバー?何を言っている。私はジェントルマンだ。我がのうだつを女性にブツけたりしない。

というか“うだつ”とはなんですか?

自分の中に生まれるうなぎみたいなニュアンスのものの為に大金ははたかない。

もっとみる