あの時の記憶

今朝も蝉の大合唱で始まりました。
「今日も暑いねー。」
「蝉たちは元気だなぁ。」

こざる達は 今日も、いつものように わいわいお喋りしながら、
朝ごはんの仕度をしています。

「昨夜も暑かったけど、りこちゃん、よく寝ていたね。」
「うん、熱中症も今のところ大丈夫だし、よかったよ。」
「でも油断しないで気をつけないとね。」
皆、うんうん頷きます。

特に高齢者は、脱水症状になると
生命の危険に陥り

もっとみる
ありがとうございます。季節の変わり目、ご自愛ください(^_^)
5

ラファエル・サバチニの『Captain Blood 海賊ブラッド』Kindle版発売中です

縦書き・ルビ付き・註へのジャンプ可

海賊ブラッド:His Odyssey(翻訳版)

「スカラムーシュ」のラファエル・サバチニ(Rafael Sabatini, 1875年4月29日 ― 1950年2月13日)による活劇小説の名作 "Captain Blood: His Odyssey (1922年原著初版刊行)"の独自翻訳。

1685年イングランド。アイルランド人医師ピーター・ブラッドは、モ

もっとみる

【名言】拝啓、関東平野#50

毎週木曜日0:00に更新されるポッドキャスト

「拝啓、関東平野」

出演

ユンボ安藤(東京ペールワン)
渡辺隆(錦鯉)
しゃばぞう(ピン芸人)

小生が勝手に過去配信を振り返り選んだ「拝啓、関東平野#50」お気に入り
名言集です

お笑いスクールのお値段。吉本興業40万円、人力舎60万円、しゃばぞうが行った石井光三オフィスは。

「500円」

(しゃばぞう)

芸人、日焼けのジョーの売りは

もっとみる

海賊ブラッド (18)ミラグロッサ

マラカイボの事件はキャプテン・ブラッドのバッカニア(海賊)活動における白眉と見なしてもよいだろう。彼の数多い活動の中では、海戦に関する天賦の才を示す例――そのような活躍はジェレミー・ピットによって格別詳細に記録されたものがある――としては不適当であろうが、しかしながらドン・ミゲル・デ・エスピノーサが彼を閉じ込めた罠から逆転勝利した、この二つの戦闘より輝かしい勝利も他にはそうあるまい。

 これ以前

もっとみる

海賊ブラッド (17)カモ

悄然としたキャプテン・ブラッドは、眩しい朝の光の中、アラベラ号のプープデッキ(船尾楼甲板)で緊急会議を召集した。後日になって彼が語った処によれば、それは彼の経歴の中でも最も厳しい局面の一つであったという。ブラッドは事実を受け入れざるを得なかった。彼は己が巧者と任じても異論の出ぬ技術を駆使して戦闘の指揮をとり、ドン・ミゲル・デ・エスピノーサが船も大砲も兵士も戦力において圧倒的に勝ると誇っても異論の出

もっとみる

ジャマイカフェスティバル.2019 5/25, 26@代々木公園レゲエ & キュイジーヌTOKYO ジャマイカを感じる日

ハロー!咲子です!

来る5/25、26で開催されるジャマイカンフェスティバルの準備に追われ、Noteを2日間更新できなかった咲子です。

さーて、いろいろありましたが、時間は飛んでいく。
既に来週に迫っています‼️

今年も面白いことになりますよ‼️

今日は同日、同会場・代々木公園で開かれる

ラオスフェスティバル

カリブ・中南米フェスティバル

についてお伝えしてみようと思います。

基本

もっとみる

海賊ブラッド (15)身代金

嵐が過ぎ去った後の朝は輝き澄み渡り、大気には南の塩池から立ちのぼる爽快で塩辛い香りが入りまじっていた。興味深い一場が繰り広げられる背景となるのは、ラ・ビルゼン・マグラの白い砂丘のふもと、ルバスールが即席のテントにする為に広げた帆の傍らであった。

 空の酒樽の上にどっかと座り、このフランス人フィリバスター(不法戦士)[註1]は重要な取引を処理していた。トルトゥーガ総督を相手にした、我が身の安全確保

もっとみる

海賊ブラッド (14)ルバスールの英雄気取り

翌朝の10時頃、出航予定の一時間ほど前に、ラ・フードル号の舷側に漕ぎ寄せた一艘のカヌーから降りた混血のインディアンがラダー(梯子)を登っていった。その男はなめしていない毛皮のドロワース(股引)をはき、赤い毛布を外套代わりに引っ掛けていた。彼が運搬人を務めた折りたたまれた紙片は、キャプテン・ルバスールに宛てたものであった。

 ルバスールは、その混血児が運んでくる過程で惨めなまでに汚れ、しわくちゃに

もっとみる

海賊ブラッド (13)トルトゥーガ島

ここで明かしておくが、キャプテン・ブラッドの偉業の数々が後世に遺されたのは、全てサマセットシャーの船乗りジェレミー・ピットの勤勉さに負うものである。航海士としての技量だけにとどまらず、この好青年は疲れを知らぬペンによっても才を発揮したのだが、彼の筆致はピーター・ブラッドに対する隠しようもない愛慕の念によって勢いを増していたように思われる。

 彼は自分がマスター、あるいは現代でいうナビゲーション・

もっとみる