カルチャースクール

神楽坂に行ってみた!(文章修行の旅)

神楽坂に行ってきましたよ。もうダメだと何度も挫けそうになり、足は震えるし(真面目な話)、乗換案内は難しい乗り換えばかり提示してくるし。遅くなってもいいから、知ってる路線だけで行かせてくれ。

神楽坂は坂でした。

写メっちゃおうかな~ふふふ、的な気持ちで東西線降りたんですけど(着いたから迂闊)、駅から30秒というのに迷いました、20分ほど。写メる余裕なし。そして帰りも浮き足立って写メる余裕なし……

もっとみる

教える難しさ

私は現在、SBS学苑でマジック教室の講師をしている。
 すると毎回、教える難しさに直面する。
 たとえば、マジシャンが当たり前に行なっていることは、生徒にとっては当たり前ではないということ。

 教室で一番最初に教えるのがトランプの持ち方だ。
 実際に私がトランプを持って見せ、真似してもらうと、ほとんどの生徒が間違える。指の位置が違っていたり、手の形が違っていたり。なので「親指の腹に左の縁を当てて

もっとみる

一時期、同じ仕事に携わった。それだけだけど

一年に二回同期会を行う。

台風一過、よかった。晴天にめぐまれて。お出かけ前に写真を一枚。隣のおばさんに撮ってもらった。こんな機会でなければ話することもめったにないから。

非常勤、非正規、40歳過ぎないと採用されない仕事だ。若い方たちから見ると想像を絶する「集団」かな。

40、50歳で「若い、若い」と仲間に言われるから、その気になってしまう。そしてあっというまに70歳で定年。

ボーナスも昇給

もっとみる

今日、青山教室、最後の授業

令和元年九月六日。枕草子最終段『跋文』を終了。一段も漏らさず、全段読破した。月一回の授業で、まる十一年。

このやり方で良かったかどうか分からない。短期間で終わろうとしたら、抜粋して読めばよいのだ。

でも、一段もぬかすことなく読んだ。

それはそれでよかったと思いたい。

永田町での地下鉄乗り換えは、怒涛のような人の流れが怖かった。

東日本大震災の後は余震が怖かった。地下鉄は大地震のときは走る

もっとみる

通信講座やっています。

先日少しだけお伝えした通信講座のお知らせです。
KCCのホームページからスクリーンショットしてみたのですが、通常講座時代の名残がありますね(笑)。

月に2回、神戸新聞カルチャーセンター加古川を通し、郵送やメール添付で対応しています。
お問い合わせはこちらまで。


http://k-cc.jp/sp/

暑いから家出たくない!
勉強したいけど、時間がない!
何か人と関わるのめんどうくさい!もし

もっとみる

塵も積もれば山となる

※長文です。

以前noteでも書いたことがあるけれど、
夫は今ステップアップの為、企業内研修に入っている。
今月末までなので、後少し。
夫の話を聞いていて、「研修か~」と自分がこれまで経験した研修や習い事を思い出していた。

思い出して、気がついたこと。自信を持って言えること。

「私は中途半端で出来ています!」

*

人に誇れるようなものは、何もない私だけれど
一つだけ自慢できることがある。

もっとみる

午前中は、エッセイ・小説講座の体験レッスン。参加者1名様。来てくださって本当にありがとうございました。ちなみに、このnoteやインスタを見たわけでは無かった模様。この時間帯に来られる方には何のツールで訴えかければいいのか。もう、少人数制レッスンや思うことにしようかな😁。