週刊ごとう Vol 17

勝手に気になったニュースを見ていく「週刊ごとう」です。
さて今週の気になるニュースは…

・客を選べない仕事の不人気化
・年間5000人の教員が心の病で休職。その裏に改革できない“働き方”
・J1湘南の武富選手が浦和に復帰 パワハラ疑惑で「不安」

そんな中、今週気になったニュースは…

・年間5000人の教員が心の病で休職。その裏に改革できない“働き方”

娘の学校の先生もまさにこのパターンです

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪

『アニメ』カフェでとんでもない親子に出くわす

今回は会社が早く終わったのでカフェでのんびりしていたら常識のない親子に会った!!ということを書かせていただきました。


★ チャンネル登録をよろしくお願いします


動画にて声優になりたい方など協力していただける方がいましたらツイッターにてDMお待ちしてます。


<ホームページ>https://planetroom.webnode.jp/
<Twitter>https://twitter.co
もっとみる

Uberに見る悪質クレーマー対策

序文

都市部ではもうUberEatsが生活の中に溶け込んでいますね。
私は利用したことが無いのですが送料がかかる分やはり割高に感じます。ただ、時間を有効活用できる点やどうしても食べたいのに遠くて行けない場合はとても重宝すると思います。
また、個人経営店の方から見れば自身の店で配達をするコストを考えるとUberEatsを利用する方が利益につながりかつUberEatsの知名度により客層が増えるので宣

もっとみる

そのうちスーパーで食べ物を買って「食べたら無くなったんですけど!」みたいなクレームを入れる人が出てきそうだなって思った

いろいろ言いたいことあるわ

昨日Twitterに投稿したとおり、私はファンサービスがいいほうだと思っています。この記事も無料で書いてますし、Twitterもできるだけ、いいねで終わらせずにコメントを付けたいのです。

これは、広島カープにいたあこがれの選手=ブラッド・エルドレッドが、コストコで買い物しててもサインに応じたり、ファンレターに返信したりというところに発していますし、今後もきっとこれは変わらないし、変えられないと思

もっとみる

クレーマー対策に正解はあるのか?カスハラ問題について考える。

悪質クレーム、プロが対応 働き手守るサービス相次ぐ

クレーマー対応は各企業が頭を悩ませてる問題。しかし、対応策は特になく、コールセンターなどの末端従業員に押し付け、精神的に病んだら辞めてもらう等使い捨てで凌いできたわけだよね。結局お客様は神様とか、貴重な意見という建前だけで対応しているのが現状。企業はより良くなるわけでもなく、クレーマーも自分さえ得すればいいという考え。本気で従業員を守ろうとする

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!励みになります!
10

ワンコインの牛丼とチップ文化

「いや…注文したんだけど…(イライラ)」「す、すみません」

 仕事終わり・休憩中らしい男女で賑わう、都心の某駅近くの某牛丼チェーン。面接終わりの解放感から勢いよく牛丼を流し込む私は、なにやら不穏なやり取りを目にしてしまった。なにやらと言いつつ、カウンターの曲がり角で斜め前に座るおじさんと店員さんのやり取りの一部始終を見ていたんだから、状況は把握していた。
 説明するとこうだ。おじさんが席に着くな

もっとみる

甲子園よりも大事なモノ

昨日、自分に何もない者は怒りを発信するという記事を書いたばかりだったのですが、早速その通りの出来事が起こりました。

先に言っておきますが、これは夏の暑さのせいではないです。狂っている人は四六時中狂っているから季節関係なく狂っている行動を起こします。

岩手の大船渡高校の佐々木投手を起用しなかったことで、決勝戦で敗退。甲子園の切符を逃してしまった。このことで学校側に苦情の電話が殺到したらしいのです

もっとみる

【絶句】飛行機内が寒い!と言っている人の服装が◯◯だった

お久しぶりです。バタバタしてまして、更新ができませんでした。

でも投稿できるネタは増えました(笑)

というのも、私が怒り狂っている「飛行機内寒い事件」について。

某掲示板にて「飛行機寒かったです〜」「ブランケット貸してくれませんでした〜」とレビューしている方と直接お会いする事が出来たのです!!!

飛行機内での過ごしやすい服装とは(温度について)

以前の記事にも書きました通り、飛行機内は基

もっとみる

"ただ"という病

そりゃーお安く手に入った方がいいじゃん!とお考えの皆さんへ

只(ただ)よりたかいものはない

ただで何かをもらうと、代わりに物事を頼まれたり、お礼に費用がかかったりして、かえって高くつく。

このことわざをご存知でしょうか?

しかし、もはやこのことわざは死語となりつつ、あるのかもしれません。

というのも、自分でイベントを企画して、アクションを起こすようになってから、後先の損得など考えずに、ク

もっとみる