クローズドサークル

第2話 LTL飽食の館 初見感想②~全貌を推測するの巻~

LTL飽食の館は、スマホアプリで無料配信されているクローズドサークル物のサウンドノベルです。

現在、第5章まで読了。
まぁ予想通り殺人事件が起きましたので、こっからはネタばれ注意です。
個人的には、殺人事件?って感じですが(笑)

事件の全貌を推理しながら、雑感書いてくよ。

私が持っている情報をおさらいしておくと、ユキが死んで5人欠如した状態。
ここでいう5人は、ピンクの芸術家アキも含めて。

もっとみる

第1話 LTL飽食の館 初見感想①~俺ならエビチリ一択~

LTL飽食の館は、スマホアプリで無料配信されているクローズドサークル物のサウンドノベルです。

先日手を付けてから、第3章前半までさらっと読了。
具体的には、赤頭巾の劇が終わるところまで。
ここまで読んだ感想・印象・疑問点・伏線推理っぽいことを、自分なりに消化。

今のところ、サエギを中心とする旧メンバーが何かを隠蔽している、っていうルカの考えに同意。というより、そうならざるを得ない理由がたくさん

もっとみる

【インタヴュー】華文ミステリに花開く〈新本格〉の遺伝子 ――『元年春之祭』著者、陸秋槎氏大いに語る

(書影は『元年春之祭』ポケミス版にリンクしています)

 この秋、ポケミス65周年記念作品として、いま勢いを強める華文ミステリの新たなる傑作『元年春之祭(がんねんはるのまつり)』が翻訳刊行された。日本の新本格に影響を受け、その他海外の様々なミステリを吸収して、漢文学の素地から独自の本格ミステリに昇華した、著者の陸秋槎氏が、その思いを語る。(編集部)

インタヴュアー・文/杉江松恋(書評家・ライター

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
17