女騎手

(初出:旧ブログ2017/01/15)

 騎手以外にも、馬主・調教師・厩務員といった選手以外の人々が競技を成り立たせているのは他のスポーツと同じだが、競馬はその中心に人智の及ばない動物がいることである。そして馬が中心にいることで「女騎手」は事件を複雑化させている競馬ミステリーである。

 女性ジョッキー、紺野夏海が優勝したレースで幼なじみの騎手岸本陽介が落馬し、調教師である、その父・圭司が重傷を

もっとみる

誉れ高き勇敢なブルーよ

(初出:旧ブログ2015/12/30)

 友人が「日本のサッカー界は今"幕末"である」と発言したことがあった。代表監督は海外から呼ぶべきという「開国派」、日本人監督を育てるべきという「攘夷派」、Jリーグなんてまだまだという「倒幕派」とJリーグ最高という「佐幕派」。そこまで日本史に詳しくないけどこの指摘はなるほどと思った。

 この本の主人公、望月はJ3クラブのGM。過去に寸前で記者にリークされ

もっとみる

死ぬまで殺す

死ぬまで殺す

 生きる意味とは何だろう。暗い部屋の中で自問する。
 俺は全て失った。家族も、仕事も何もかも。もう四十代半ばで、この先何の希望も見いだせない。それならいっそ……と考えているうちに、指が無意識にパソコンのキーボードを叩いていた。
 自殺者募集という文字がパソコンのディスプレイに映し出された。これでいくつ目だろうか。これまで巡ったどのウエブサイトもダミーか悪戯の類いだった。
 ロードさ

もっとみる

涙雪

涙雪 



 もうじき年が明ける。
 この時期になると特別淋しさを感じるのは、寒さの所為だけではないことを僕は知っている。
 村へ向かうバスの中で僕は思い出していた。小さい頃に見た幽霊のことを。
 微弱な振動が、一番後ろの座席に座っている僕の尻を揺らしている。窓の上には、古くなって変色した広告が貼り付いている。退屈を紛らわせるために、その広告に目をやるが、乗物酔いの所為で、三分と経たないう

もっとみる

『耳無芳一異説』其の起

「耳にだけ経文を書き忘れるなんてことがあるかな」
 コーラの缶を手元でぶらぶらさせながら、紫村さんがふとそんなことを言った。
「『耳なし芳一』ですか?」
 私は聞き返す。紫村さんはベッドの上で胡坐をかいたまま、
「黄原くん。八雲版のテキストを出してみてくれないか?」
「この部屋のどっかにあるんですか?」
 私は立ち上がって、紫村さんの「城」を見回した。雑然とした六畳一間。
 紫村さんの亡くなった叔

もっとみる

近藤史恵さんの好きな本、5作品

ミステリ作品を多く出版されていて、有名なのが自転車ロードレースを題材にした『サクリファイスシリーズ』です。レース中の駆け引きが見事でこんなことをしているのか、と発見になりました。

現在『サクリファイスシリーズ』は5作品目まで出版されています

そんな近藤さんの好きな作品をご紹介していきます

1.清掃員の仕事をしながら解決する「女清掃員探偵 キリコシリーズ」
キリコシリーズでは魅力的な主人公・キ

もっとみる

【レポート】なるほど!こうすればミステリが書けるのか!!〜(8/17)我孫子武丸 顧問「fm GIG ミステリ研究会〜ミステリを書いてみよう!犯人当て問題ワークショップ」

無事に灼熱のお盆も明けまして、僕自身も実家の大阪で2日間ほど、それはそれはのんびりとした休みを過ごすことができました。思いがけず「古畑任三郎」の1st.シーズンを12本連続で見たぞ。

 でもって京都に戻ってきた17(土)は「我孫子武丸顧問 fm GIGミステリ研究会」開催日。

 今回は初企画「犯人当てワークショップ」でした。

 先月の「ショートショートバトル」が大盛況で終わった後、常連のお客

もっとみる

文字がリズムになって、流れ込んでくる──ジェイソン・レナルズ『エレベーター』レビュー〔池澤春菜(声優)〕

(書影をクリックするとAmazonページへジャンプ)

早川書房より8月20日に発売のジェイソン・レナルズ『エレベーター』。兄の復讐を果たそうとする少年が乗り込んだエレベーターの中での出来事を描く物語です。声優の池澤春菜さんによるレビューをお届けいたします!

(試し読み・作品紹介はこちら)
(テキスト版試し読みはこちら)
(深緑野分さんによるレビューはこちら)

*****

 1ページ目から、

もっとみる

読書感想『ブルーバード、ブルーバード』

“Bluebird, Bluebird”
by Attica Locke
『ブルーバード、ブルーバード』
アッティカ・ロック 著
高山真由美 訳

テキサスの小さな町で2人の他殺死体が発見される。1人は都会で弁護士をしていた黒人男性。もう1人は地元のバーでウェイトレスをしていた白人女性。友人から依頼され、しぶしぶ調査にやってきた停職中の黒人テキサス・レンジャーであるダレンは、事件に関わる内に自

もっとみる

『孤宿の人』 宮部みゆき

「こんな長い本を読めるのか、自分?」と読み始めて思う。『初ものがたり』を勧めてくれた友人が、「宮部みゆきの歴史モノが気に入ったなら、これを読むといいよ。」と教えてくれたから面白いはず、と読み進めたらいつの間にかちゃんと入り込めた。壮大な話なので、じっくり色々な伏線が貼られていくのを待つ必要がある。反物を織るには丁寧な縦糸の準備が必要。準備に手間がかかる分だけ、目の詰まった綺麗な反物が織り上がる。

もっとみる