noteのタイトルを、noter仲間さんにつけてもらった恐れ多い話。

つい数分前に投稿しているこちらのnote↓だが、実は、本文を書き終えたあと、タイトルが決められず悶々としていた。

そして、思わずこんなつぶやきをしたところ……

noter仲間のサトウカエデさんが、「いいよ〜考えるからDMして〜!」と快く引き受けてくださり、ありがたく小躍りをしていたら、その後、

まさかの入谷聡さんまで参戦してくださる展開にっ!!!!
そうこうしていると、独特な雰囲気をまといな

もっとみる

kaggleやkarnelにも興味が。Pythonコードが少し書けるくらいだと全然意味ないかな。

動物の知能を人工知能に活かせ! 強化学習コンペ "Animal-AI Olympics" の紹介

こんにちは! フィフス・フロアのハマーン・カーンこと濱口です。

最近、 Animal-AI Olympics というめちゃめちゃおもしろそうなコンテストがあることを知ったので紹介します。

専門的なコンテストではありますが、この分野に詳しくない方に向けても単純に「見ててどうおもしろいのか」が伝わるように紹介したいと思います。

コンテストに参加しようと思う人に向けては、その概要の翻訳や補足が役に

もっとみる

コンペに負けたのに全く悔しくないのだが。

とあるコンペに負けた。

サラリーマンとして、
ビジネスマンとして、
成果、評価、事業貢献の観点で言えば、
どう考えても勝った方がプラスなのに、
全く悔しくない。

元々、勝負事に拘りがない、
負けず嫌いとはほど遠い性格、
というのもある。

だから、大義名分や大きな目標にしか、
モチベートされない性分。

むしろ、とっても(コミュニケーション的に)相性の悪い取引先と関わらなくていい、
という喜び

もっとみる

スリーラックは無い

様々なシナリオコンペから企画のコンペ、数合わせで呼ばれた大喜利ライブやジャンケン大会、はたまた暇つぶしに行ったイベントの抽選会や初めて買ったG1レースなどで、何故か勝ってしまう自分の事を、知人たちは「ビギナーズラックの鬼」と呼ぶ。 確かに無欲で何となしに応募、参加したものに関しての勝率は気味が悪いほどに高い。しかし「あ、こんな感じで賞金狙えるなら、もっと研究して狙いに行ったら毎回稼げるぞ!」と勢い

もっとみる
感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝
5

「6curry渋谷店内装設計コンペ」最終審査結果発表! 決定内装案、ご紹介します

こんにちは!
6curryのブランドデザイナー YOPPYです。

先日、2店舗目の渋谷店オープンと、それに伴う内装設計チームの募集をnoteで発表しました。

2店舗目をオープンすることが決まってから、物件を決め、さぁ内装設計するぞ、というタイミングで急遽コンペをすることに。オープン時期から逆算し、やむを得ずかなり短い期間の中でのコンペ募集となりました。応募が全然来なかったらどうしよう…とドキド

もっとみる

ペーターズギャラリーコンペ2019総評

ペーターズのサイトにも掲載されていますが、こちらにも書いておきます。

普段ネットでデジタルの画像、手描きの絵にしてもデータ化されているという意味でデジタル画像なので、 そういうものに慣れているせいか、これだけ大量に「原画」を見るのは新鮮な体験でした。 日本のイラストレーションの現場は外国に比べて手描きで制作している割合がまだ多いのではないかと思います。 アメリカの年鑑などを見るとわかりますが、ほ

もっとみる

「MONSTER Exhibition」というアートコンペで作品を展示することになりまして③

どうもKiyotoです。

このnoteは「Monster Exhibition 2019」について書く第3回目です。

今回は、提出した企画書が通って、僕らの作品を展示していただくことになってからのお話です。

第1回目は、主になぜこのアートコンペに挑戦したのかについて、
第2回目のnoteは、作品を制作していくプロセスについて書きました。
下記にそれぞれリンクをつけますので、皆さん是非ご一

もっとみる

「MONSTER Exhibition」というアートコンペで作品を展示することになりまして②

どうもKiyotoです。

このnoteは「Monster Exhibition 2019」について書く第2回目となっています。
今回は、作品を制作していく中で考えていたことや思考のプロセス、またuと議論したことなどについて書きます。

ちなみに第1回目のnoteは、なぜこのアートコンペに挑戦したのか、またどのような考えを持って取り組んだのかなどについて書きました。
下記にリンクをつけますので、こ

もっとみる

両学長の図解イラストコンペに漫画で参加させていただきました。

『両学長』というインフルエンサーさまをご存知でしょうか。
ツイッターやyoutubeで非常に勉強になるお金の知識を発信されているお方です。

うちの彼氏も両学長の大ファンでモノマネをするほどです笑

先日、その両学長が

『図解イラストコンペ』を開催されたのです。

ちょっとお小遣い稼ぎ+実績作りになるかな?

と、軽い気持ちで参加を決めたのでした。

図解イラストコンペに参加を決めた理由とは

もっとみる