コープオリンピア

ここは未来か、昭和か|東京の顔「中銀カプセルタワービル」のイマと再開発について

男の永遠のロマン。自分だけの秘密基地。

現存する数々のマンションの中で、唯一とも言えるそんな夢を叶えた「中銀カプセルタワービル」。建築家「黒川紀章」の作品である。首都高から見えるのでご存知の人も多いだろう。今日は世界中にファンがいる1972年竣工の大人の秘密基地から思ったことを綴る。

黒川 紀章は、日本の建築家、思想家、実業家、政治活動家。株式会社黒川紀章建築都市設計事務所代表取締役社長を務め

もっとみる

コープオリンピア

昔から、雨の日の表参道を歩くのが好き

傘で片手が塞がるし靴も濡れちゃうんだけど

でも、いつもより人もいないし、自分のペースで歩けるから

青山寄りももちろん好きなんだけど、

やっぱり前からずっとあるコープオリンピア前

何故か、和む

ただ

昔オリンピアのところに歩道橋あって、あの上から通りをずっと見ているのが好きだったんだけど

今は無くなって

もう、あの景色は見れないんだね

今もこ

もっとみる

コープオリンピア

原宿駅前に建つこのコープオリンピアの設計者は、「鉾之原捷夫」という人物。実は、私の父の元同僚で同じ社宅に住んでいたご近所のオジサンだったんです。

ベージュのスバル360をサイケなカラーリングを施して乗り回していました。父が「ホコちゃん」と呼んでいたのをよく覚えています。

ゼネコン設計部のスタッフでありながら、彼の独創的な設計技量は、建替え前の御成門にあった中華料理店「留園」ビルに見られるごとく

もっとみる