サイバーセキュリティ

「標的型メール攻撃」猛威 警察庁、上半期最多の2687件 不審アクセスも増加

2019年9月27日(金)付

#COMEMO #NIKKEI

(以下一部転載)
企業や研究機関の重要情報を狙い、ウイルスを仕込んだメールを送りつける「標的型メール攻撃」が猛威を振るっている。2019年1~6月に警察庁が把握した攻撃は2687件で、上半期で過去最多を更新した。集計ではサイバー攻撃とみられる不審なアクセス数も過去最多で、警察庁などは重要情報のセキュリティー強化を訴える。

標的型メ

もっとみる
本物は本物をスキになる!
1

米サイバー防衛 日本上陸 米軍標準で対策厳格に エクソスター、富士通と提携 企業の供給網 漏洩防ぐ

2019年9月26日付

#COMEMO #NIKKEI

(以下一部転載)
米ボーイングなど軍需産業大手が出資する米サイバー防衛企業、米エクソスターが日本に本格上陸した。富士通と提携してサービスの販売に乗り出す。取引先や業務委託先などサプライチェーン(供給網)が狙われて重要情報が漏洩するリスクが高まるが、日本企業の対策は後手に回る。米国防総省が求める厳格なサイバー対策が日本にも広がりそうだ。…

もっとみる
本物は本物をスキになる!
2

サイバー対策総点検 金融庁、東京五輪向け 来月、銀行など120社が演習

2019年9月25日(水)付

#COMEMO #NIKKEI

(以下一部転載)
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け金融庁は金融機関のサイバー攻撃対策を総点検する。10月に銀行や保険会社など約120社を対象に攻撃に備えた演習を実施する。基幹システムに弱点がないかを洗い出し、不十分な金融機関に改善を求める。近年の五輪では関係機関に対する大規模な攻撃が相次いでいるため、金融インフラの防衛力を

もっとみる
スキを行動に移せるなんて素晴らしい!

システム、ハッカーが鍛える 客員論説委員 土屋大洋

2019年9月25日(水)付

#COMEMO #NIKKEI

(以下転載)
ハッカーは悪者というイメージが定着してしまったが、もともとは技術に精通し、それを活用できる人といった意味であった。しかし、常人には彼らの繰り出す技が魔法のように見えてしまうため、ハッカーたちは魔女狩りのように悪者にされてしまった。

米マサチューセッツ工科大ではハッキングといえば「みんなをアッと驚かせるいたずら」を意味

もっとみる
スキのセンスがいい!!

米国電力網に対する初のサイバー攻撃 のまとめ ~1次情報を確認することの重要性~

まえがき

あるセキュリティの専門家があるイベントで、タイトルの件について間違った情報を伝えてしまっていた。反面教師として、考えられる原因を記録しておく。合わせて、正しい情報もお伝えします。

専門家の誤解のその原因

その専門家は、最近発生しているサイバー攻撃の事例とそれらから得られる教訓について講演をしていた。この中で、「米国の電力網に対する初めてのサイバー攻撃により、小規模な”停電”が発生し

もっとみる

FiveEyesの情報機関がYandexにサイバーエスピオナージした件 のまとめ

概要

2019年6月、Reutersは、2018年10月から11月にかけて西側諸国の情報機関のハッカーがロシア最大のテクノロジ企業「Yandex」に侵入してマルウェア「Regin」を展開し、同社の検索エンジンYandexの認証に関わる技術情報を窃取しようとしたと報じた。

Yandexとは

Yandexは、ロシア版Googleと呼ばれ、国内に月間1億8百万人以上のユーザを持つ。加えて、ベラルー

もっとみる

インターネット時代の「心の余裕」の重要性

いきなり聖書の御言葉、心に「平和」がないとダメですよね。

ピースフルマインド。重要ですよね。

NHK サイエンスZERO - デフォルトモードネットワーク をどうぞ。

今の時代、老若男女みんな忙しすぎますよね。完全にインターネットを遮断する時間を持つべきです。安藤美冬さんなんて、ほとんどネットをやめてしまっていらっしゃる感じだし。僕もネットやりすぎ。「新しい働き方改革」が求められますよね。

もっとみる

うちのセキュリティ環境

ID管理ソフト:Bitwarden(基本無料。プレミアム10$/年)
Lastpassとか1Passwordも使っていたが、月額払いが面倒だったのでこちらに変更した。
PCとスマホで同期できるので便利。
また、パスワード生成機能もあるため、128文字までのランダムパスワードを作れる!

2要素認証ソフト:Authy(無料)
セキュリティ強化目的に導入。
だけど、対応しているサービスがまだ少ない印象

もっとみる

ブックポケットが搭載している「感情分析AI」とは?

感情分析AIを搭載した次世代型ウォレット、ブックポケット(BOOL POCKET)。

ブックポケットでは預けると定期的に得られる配当を利用し、ブックメーカー(スポーツの試合の勝敗を予想して行う賭け事)にて賭けをして配当を更に利益につなげることが出来る事で話題となっています。

今回は感情分析AIがどの様にブックポケット利用者に利益を生み出すかを解説している海外のサイトがあったので噛み砕いてご紹介

もっとみる

今話題のブックポケット そのセキュリティの信頼性とは?

新しい資産運用方法として爆発的人気を博している仮想通貨ビットコインですが、その預け先のセキュリティの心配は常について回りますよね。

そこで今回は今話題の配当型ウォレット、ブックポケット(BOOK POCKET)のセキュリティの信頼性について、公式サイトより情報を仕入れて来たので是非みなさまにご紹介させて下さい。

1.量子コンピュータによる格子暗号を利用(特許取得済)

格子暗号は様々な暗号の中

もっとみる