ブログに「アニー・イン・ザ・ターミナル」(2018) 感想を書きましたー!
僕はダメだったけど、マーゴット・ロビーが好きな人は楽しめる映画かもしれませんねー。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/01/28/234236?_ga=2.22937403.1610100022.1548473730-1906099834.1397489967

スキ、ありがとーございまーす! (*´∀`*)ノ
22

ミッション : インポッシブル フォールアウト

最早、イーサン・ハント(=トム・クルーズ)が痛めつけられてるのを愛でる映画となった「ミッション : インポッシブル 」シリーズの最新作「フォールアウト」の感想です。

えー、僕は前作の「ローグ・ネイション」から劇場で観る様になったんですが、この「ローグ・ネイション」がとてもバランスの良い映画で、アクションとストーリー、各キャラクターの立ち位置とその関係性みたいなのがとてもスマートで流れる様に展開し

もっとみる
何分かの暇つぶしになったのであれば幸いです!
6

何も覚えてなくたって!映画「ミッション:インポッシブル/FALLOUT」(感想)

友人と飲みに出て、私「映画みたい!」と叫ぶ。何も言わずに近くの映画館の上映スケジュールを調べ始める友人。重ねて「トム!トムがいい!!」と叫ぶ私。終電の時間を確認後、お会計、速やかにタクシーで劇場へ。

前作?見たかどうかすら覚えてない

 ついにM:Iシリーズも6作目となるようですね。唯一記憶にある、立体駐車場で「ミッション!コンプリート!」と叫ぶのは4作目らしいです。

 タクシーの中で事前に知

もっとみる
I like it too !
5

【第638回】『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(クリストファー・マッカリー/2015)

ベラルーシ・ミンスクの草むらの中、ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)が無線によりベンジー・ダン(サイモン・ペグ)にプレッシャーをかけると、緊迫した状態のベンジーはプランBからプランCへの変更をブラントに進言する。此の期に及んでの土壇場でのプラン変更。世界中を殺傷する能力を持つ化学兵器「VX神経ガス」を強奪したチェチェンの独立主義者たち、彼らを乗せた飛行機は今にも飛び立とうとしているが、ベン

もっとみる

【第618回】『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(J・J・エイブラムス/2013)

前作から1年後の西暦2259年、Nクラス惑星ニビル、ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は青い装束を身に纏いながら、原住民たちから必死で逃げていた。その手に握られた神と崇められた秘宝、突如目の前に現れた巨大モンスターに絶体絶命の中、レナード・"ボーンズ"・マッコイ(カール・アーバン)に間一髪助けられる。2人が原住民たちの追跡から必死で逃げる様子は、スピルバーグの『インディ・ジョーンズ』シリーズ

もっとみる

【第617回】『スター・トレック』(J・J・エイブラムス/2009)

リチャード・ロバウ船長が指揮する惑星連邦宇宙艦隊所属船USSケルヴィン内、副長ジョージ・カーク(クリス・ヘムズワース)は突如、謎のミサイルの衝突を受ける。艦隊は致命的なダメージを負い、船長ロバウは交渉のために敵方の母艦に向かう。ロバウはジョージに対し、「15分以内に戻らなければ、スペース・シャトルで脱出しろ」と話し、「船長は君だ」という言葉を残し、闇の中に消える。こうしてナラーダ号の船長を務めるロ

もっとみる

【第307回】『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(J・J・エイブラムス/2013)

西暦2259年(前作の1年後)、ジェームズ・T・カーク率いるU.S.S.エンタープライズが、ある惑星の未開種族を火山爆発による危機から救う。その際、火山噴火を抑える為に絶体絶命の状況に陥ったスポックを救助するためとはいえエンタープライズを現地人に目撃されることになり、探査という本来の目的から逸脱して最優先の指令である「艦隊の誓い」に違反したとしてカークは降格処分になり、船長に戻ったクリストファー・

もっとみる

【第305回】『スター・トレック』(J・J・エイブラムス/2009)

人類が宇宙へ進出し始めたばかりの頃の地球。ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は、宇宙船の艦長だった父親ゆずりの冒険心に溢れた青年。彼はふとしたきっかけから、建造されたばかりの最新型宇宙船エンタープライズ号の乗組員となり、初めての宇宙へ飛び出していく。そこで出会ったのはスポック(ザッカリー・クイント)、ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)。彼らの任務は、人類を脅かす悪を阻止すること。生意気で怖いもの知

もっとみる

【第304回】『M:i:III』(J・J・エイブラムス/2006)

スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいるこ

もっとみる