『年間被爆量0.5~20ミリの世界でみた、福島とチェルノブイリ』

画像Sourse:

https://twitter.com/KaeruNiSaWoTukL/status/1154983511889104896?s=09

見どころ満載!第71回エミー賞(2019) ノミネート寸評

「どうも。

いよいよ発表されました。今年のエミー賞のノミネーション。

こんな感じになりました。早速見てみましょう。今回は部門別に見ていきます。まずはドラマ部門から。

作品賞(ドラマ)
ベター・コール・ソウル(ネットフリックス)
Bodyguard(ITV)
ゲーム・オブ・スローンズ(HBO)
キリング・イヴ(BBC)
オザーク(ネットフリックス)
Pose(FX)
Succession(HB

もっとみる

ロシアバレエの歴史(メモ)

50000年前:ロシア・アルタイ山脈デニソワ洞窟でティアラ?が見つかる
ネアンデルタール人とデニソワ人さらにサピエンスの交流
みんなで仲良く輪になって踊っていたかもね♪

1712 ピョートル1世が帝都をモスクワからペテルブルクに遷都
1738 サンクトペテルブルグ舞踊学校創立
1760 フランツ・ ヒルファーディングの演劇バレエ
1841『ジゼル』フランスで初演、作曲はアドルフ・アダン、振付はジ

もっとみる

旅と人生の記録、まとめてみた(1

今年で57歳になった。
人生後半、いや終盤?になって、「振り返り」をしつつ、記憶を記録になるようにアウトプットしていきたいと思う。

まずは自分の中心とも言える、旅の記録から。。

自分でも面白い人生を歩んでいると思うのだけど、結局「旅」が自分の生き方の中心なのだろうと思う。

順番に旅の記憶を巡っていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初の海外は、19歳の時

もっとみる

「ゲーム・オブ・スローンズ」が終わっても、話題の番組目白押しのHBO・・・でも日本でどこで見る?

どうも。

いやあ、とうとう

「ゲーム・オブ・スローンズ」、終わってしまいましたねえ。

もう、全世界の人が釘付けになって見た最終回。カンヌ映画祭でさえも、参加者が「どうやってGOTの最終回を見るか」の方が映画よりも話題だったという、伝説まで残しています(笑)。

今回の最終第8シーズンはファンの過熱が過ぎて、「もう1回作り直せ」との嘆願が100万人を超えたとか、ホントこれも冗談みたいな話が本当

もっとみる

キエフ発、チェルノブイリの今。念願のツアーで昼食を【都市探訪】

ウクライナの首都キエフには、チェルノブイリのツアーを扱っている会社がいくつもあります。

会社の紹介は他のサイトに任せるとして、ここのツアーに参加し、念願のチェルノブイリツアーに行ってきました。

SoloEast travel
https://www.tourkiev.com/

こちらは、他の会社に比べてリーズナブルなので、利用する方がたくさんいらしゃるようです。

1日コースと2日コースがあ

もっとみる

なにがどうあれ、3.11にできること

仕事場の近くを歩きながら、ひとり黙祷でもしようかと思っていたのに、忙しさにかまけて気づいたら、14時46分を過ぎてしまっていた。

東日本大震災から丸8年。風化していく記憶が云々という書き出し自体が風化していくような、でも一方で、今もなおその真っ只中にいる人もいて。

毎年何かしなければ、何かできるのではないか、と思い続けてきました。3.11関連でいくつか記事を書いたりもしました。

3.11が遠

もっとみる

◆気がついたらスキをつけていた記事まとめ28◆

おれだ。溜まったのでやる。三月は忙しくなるとか言っていたが、割といつもどおりだ。逆プラ作品も少々飽きてきたので、最近はニンジャのリプレイ小説を書いている。オリキャラは出るが読み慣れた作品の二次創作かつTRPGシステム準拠なのですいすい書け、案外評価も頂いている。まあ他人の土俵と褌を借りて一人オスモウしているわけだが、ラブ、リスペクト、ラブだ。二次創作なので有料化はしない。気が向けば一次創作も書く。

もっとみる

チェルノブイリ原発が観光地になっている件

今からちょうど一年くらい前の2018年の春に、チェルノブイリに行ってきました。その旅行記です。

日本は原子力と深い歴史を持つ国ですが、この記事は広島・長崎・福島、あるいは日本国全体に何か示唆や提案をもたらす意図はありません。ご理解の上読み進めていただければと思います。

チェルノブイリ原子力発電所は、1986年に原子力事故を起こした原子力発電所です。おそらく名前くらいはみなさん聞いたことがあると

もっとみる

チェルノブイリ:30年の異常な実験

Chernobyl: el final de un extraordinario experimento de tres décadas

原子力発電所の爆発があってから、半径4000kmに渡る避難区域が設けられている。

“この場所で私は人生の半分以上を過ごしている”ゲンナジー・ラプテフはそう語った。チェルノブイリの原子力施設の冷却システムの分野で研究を進めるウクライナの科学者だ。

“清掃員と

もっとみる