ドーベルマン

ドーベルマンズとワタシ暦~ワタシのなかのシェリー~

今回から、ドーベルマンズの一頭ごとを、
虹の橋に見送った順で記事にしようと思います。

ドーベルマンズのなかで、虹の橋へ一番最初に向かったのはシェリー。

シェリーは2007年9月に私たちの
ファミリーの一員となった。

『決断』の記事でも書いたが、
シェリーを迎えるに際して、
ワタシは軽く嫉妬のようなものを感じていた。

大事な息子のような恋人のような存在の
ボルドーと同じ種であり、しかも異性。

もっとみる

親友の珍言集 No.5

親友と私は昔話や愛犬、愛猫自慢をし、低レベルで競い合う。変な方向へ会話がいってしまい、実に楽しい。

もう一昔前になるが、実家で暮らしていた頃、面白いおばさんがご近所にいらして、時々私に話しかけてこられた。

あるとき、私を見て、こんにちは、あの〜失礼ですが、あなた奥さん、それとも娘さん? そっくりですわね〜。    (本当に失礼です!)

また、別の折に、私が犬と散歩をしていると、恐る恐る近づい

もっとみる

ドーベルマンズとワタシ暦ZERO~天の神様のいう通り~

朝、目覚めてカーテンを開けると、
昨日には無かった雪がこんもりと積もっていた。

『うへー 最悪~ それでなくても今日は面倒臭い用事があるのに雪かよ!』

文句を垂れながら身支度をはじめる。

何に対しても一応文句を呟くのがワタシの悪癖である。

が、しかし、今日の用事はワタシにとって
かなり憂鬱なものであったので、
実際、ギリギリまでどうしたら行かなくて済むのか色々と考えていた。

『(´Д`)

もっとみる

犬のタコ

へんなタイトル。
漣の後ろ足です。座ってできたタコさん。
これは誰にも治せません。レッグウォーマー的なサポーターを4本作って今履かせてみたとしても、違和感や心と身体のリズムが崩れて体の全体のバランスを崩すでしょう。

ここにタコ。

いつ出来るのか?

この姿勢ではできません。写真にも少し写っていますが、タコは見えているしどこにもついてない。

お座りで、出来ます。
痛いのか?
痛かったら

もっとみる

ドーベルマンズとワタシ暦~成長 反抗期編~

大きいワンコの反抗期は個体差もあるが、
生後7、8ヶ月から1歳前後あたりと、2歳あたりの2回。

ボルドーにもシェリーにもあった。
ただ、ボルドーの反抗期は人(私達)に対してだったが、(まぁ私達しかいなかったしね)
シェリーは私達人間よりボルドーに反抗していた(笑)

反抗期までは、お転婆ではあったシェリーだが、ボルドーを親代わりの先輩犬として敬い、いつもボルドーの傍でコロコロと遊んでいたり、ボル

もっとみる

ドーベルマンズとワタシ暦~成長経験編~

父犬ボルドー、母犬シェリー、そのムスメたちラム、シンシア、アン。
9頭生まれたパピコの中で唯一のチョコレート色で♂であるレオ坊の6頭が、裏庭で暮らすこととなった。

★写真向かって左から母犬シェリー、
前列ラム、シンシア、後列レオ、アン

3ヶ月過ぎでパピコの新オーナー募集は打ち切った。
打ち切ったあともチラホラと連絡を頂いたが、この方ならば!!という良縁は無かった。

募集をかけてから、応募はた

もっとみる

ドーベルマンズとワタシ暦~巣立ち~

犬の社会化期は生後4週齢~13週齢。

この時期の経験は犬の社会性に大きな影響を与える。

社会化期を同腹仔の兄弟姉妹や親犬や
人とのコミュニケーション無しで過ごした後に、
人に家族として迎えられたりすると、
後々、共生する上で様々な問題や
問題行動などが発生することがある。
(個体差はあります)
躾で解消することは出来るが、
躾の入りやすさの差は出るように思う。

★写真向かって左からシンシア、

もっとみる

漣 7さいになりました

ケーキに8さいと書いてしまいましたが、間違えました7さいです、漣ごめん。。
先日誕生日でした。
犬からたくさん教わっている環境に感謝です。

それにしてもiPhoneで動く犬を撮影するのは本当に難しい。
難しいけど雰囲気が出ているように感じるのは私だけでしょうか…。

バックポジション取られました…。
「好きだからこそのマウンティング(対人的な意味ではなく)はさせなさい」とムツゴロウさんから頂いた

もっとみる

ブログにどうぞ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このブログはPHOTO FUKUMURAKAMIがお送りしました。

【開催情報】
☆愛犬とご家族の写真撮影
10月から神奈川でも撮影復活予定ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。
最高気温次第で再開日時が変わ

もっとみる

ドーベルマンズとワタシ暦~子育て~

ドーベルマンパピー9を出産してからのシェリーは、すっかり顔つきが変わり、甘え上手な可愛い顔から、しっかりした母犬の顔になった。

自分が産んだ仔をどうするのか、どうしてやれば良いのか、教えられたわけでないのにちゃんと知っている生命と本能の不思議。

では、生きて産まれることが
出来なかった仔はどうするのか?

もっとみる