ピラティスに行って来た

昨日は電車に乗って自分の本拠地から離れたC店までピラティスのレッスンを受けに行きました。

お盆休みということもあり、私の本拠点T店で一緒にレッスンを受けているご夫婦もお嬢様を連れて参加されていました。

先生はもちろんキャサリン先生(仮名)(片思い中)。

次の日、軽く腰痛っぽいのはペルビックカールのやり方が下手なんだろうな。

次回、キャサリン先生(仮名)(片思い中)のパーソナルトレーニングを

もっとみる

初ピラティスと初ジム🏋️‍♀️

一昨日は初めてジムいってきたよー🏋️‍♀️地元に新しくできたジムにお父さんがいってるので、ビジターで初ジム!3時間ぐらいバイク🚴‍♀️やったり筋トレ🏋️‍♀️やったり。意外とあんまり筋肉痛にならなくてよかったー❤️そして今日は初ピラティスしてきた!ヨガと全然違ったけど、初心者クラスはヨガよりラクラクだったよー♪でも腹筋めっちゃ使ったから明日筋肉痛になりそう😋

車で実家から東京帰ってきた。

もっとみる

2週間で10キロ痩せるダンス♪韓国発・SNSで流行りのダンスをアレンジしてみた

こんにちは、ピラティスインストラクターSalaです。

このたび、韓国発・SNSで流行っている斬新なダイエット法をご紹介します。このダンスを毎日30分ほど踊り続けると2週間で10キロ痩せるということです笑。ほんとかいな?と思われるでしょうが、何しろ楽しいし、3曲分踊ったらもう汗だく...気分スッキリ、全身に効きます!!

まずは韓国の動画をご覧ください。

2週間で10キロ痩せるダンス

本家はこ

もっとみる

ヨガとピラティスの効果と特徴まとめ

こんにちは、ピラティスインストラクターSalaです。

「ヨガ」は一度はやったことがあるかもしれませんが、「ピラティス」は、教室も少ないので「ピラティスって何!?」と思われる方も多いのでは!?

私はピラティスインストラクターなのですが今まで一番多かった質問は

「ヨガとピラティスの違いって何!?」でした。

ダイエットや美容にヨガやピラティス気になってるという方もいらっしゃると思うので、ざっくり

もっとみる

肩こりすっきり気持ちいい!集中力アップ!1分で出来る動画まとめ

こんにちは、ピラティスインストラクターのSalaです。

デスクワークに読書に勉強にゲームに・・・何をするにも肩が凝るわー

とお悩み方も多いのでは?今日は、超簡単に、1分あれば出来ちゃうことをショート動画でご紹介します。その前に、ちょっとだけ肩こり解消のメカニズムを解説するので、時間がないかたは飛ばして、下の動画に飛んでください。

肩こりは筋肉の疲れから

肩甲骨を動かすと肩こりに効く理由

もっとみる

ダイエットは頑張らないほうが上手くいく。ダイエットする前に絶対に知ってほしいこと。

こんにちは、ピラティスインストラクターのSalaです。
ピラティス指導を始めて10年目になりますが、なんといっても一番多く寄せられる相談が
「ダイエット」

ピラティスは健康法ですが、ダイエット目的・シェイプアップ目的で始める方がほとんどといっても過言ではないくらい、みんなの悩みは
「痩せたい」
なのかもしれません。

これを読んでいるあなたへ

これだけは言わせてください。
今これを読んでいると

もっとみる

香りフェチの私が「屈辱的な一言」を受け入れる物語

先日、家族に「汗臭い」と言われた。

・・・

「汗臭い」・・・だと・・・・?

このショックを、ご理解いただけるだろうか。

私は先日30歳になったばかりのいわゆる「アラサー」であり、嫁入り前の「女子」であり、美容やコスメが好きであり、良い香りの入浴剤やボディクリームに日々包まれる生活をしている人間なのである。

むしろどちらかといえば、7年間ほどの会社員生活の中で、(誠に失礼ながら)50代くら

もっとみる

資格

ピラティスの資格は民間資格なので、ぶっちゃけ無資格で教えても逮捕はされません。もともと、素人ならそんな気は起きませんが、パーソナルトレーナーとか運動従事者なら、なんとなく見よう見まねでできそうなものです。なんちゃってピラティスっぽいエクササイズならそれで良いと思います。しかし、ピラティスの養成コースで、エアロビクスや筋トレを長年教えてきた人が、独特のクセが抜けずに苦労してたりします。

大きく二つ

もっとみる

ゼロから始める治療家への道③

評価の基準

あまり評価という言葉を
使いたくはないのですが、

良いか悪いかという患者様の評価をする
必要がありますよね。

評価ができるからこそ
・自分の治療は正しい、正しくないがわかる
・何が問題か明確になる
・患者さんも評価を介して変化を感じれる

このようにメリットが沢山あります。

そこで、
どう評価すれば良いのかという事が大切です。

評価法は大きく2つに分類されます。
1)〇〇テク

もっとみる