それって、本当にやりたいの?

指示。

あなたを動かしているのは、誰だろう?

あなたを動かしているのは、何だろう?

そうです。

あなた自身であり、あなたの心である。

あなたが「旅行に行こう」と思わない限り、旅行に行くことはない。

あなたが「ラーメン屋に行こう」と思わない限り、ラーメン屋に行くことはない。

全ての行動はあなた自身で決めることができる。

その時、的確な指示を自分に出せているかどうかで満足度が変わってく

もっとみる

「努力をすれば報われる」それって本当ですか? 報われていなければ何かが違うのでは No.286

あなたの視力はどれくらいですか?
裸眼で回りをはっきり見えますか?

私は高校のころパチンコのやりすぎで視力が下がりかれこれ30年ずっと眼鏡生活をしているのですが、最近問題が出てきて近視プラス遠視(老眼)が進行し近いところが見えにくくなってきています。
まだ完全な遠近両用の眼鏡をするほどではありませんが、マイルドな遠近両用メガネにしてもらっています。
それでもパソコンでの作業や読書の際は眼鏡をはず

もっとみる

あなたが持っている驚異的な力

台風19号。

自然の脅威は止められない。

今日、台風19号により、関東の機能が停止。

自然の威力を前に人はただ見守るのみである。

その圧倒的なパワーを生み出したのは、言うまでもなく、人間ではなく宇宙である。

人間ではどうすることもできない力。

それは、宇宙が作り出したものである。

そして、人間そのものも宇宙が作り出したものである。

大きな括りで言えば、

人間は宇宙が作り出した自然

もっとみる

心を強くする応援歌

詩。

あなたは、素晴らしい。

誰よりも価値ある人間だ。

そう思えばいい。

遠慮などする必要はない。

自分を責める必要なんてない。

人生には二つの側面がある。

明るい側面と暗い側面だ。

どちらの側面に心を向けるかで未来は変わる。

だから、もし上手くいかなくても、

その中にある明るい側面を見ようじゃないか。

その心の使い方が人生を変える。

どんな環境にあろうとも、

どんな困難

もっとみる

さあ、自分を説得しよう!!

説得する。

あなたが目指しているのは、どこだろう?

金持ちになりたいのだろうか?

独立したいのだろうか?

もっと自由になりたいのだろうか?

人それぞれ、目指している場所は違う。

ただし、目指している場所に行ける人と行けない人がいる。

行ける人と行けない人の違いはなんだろうか?

その答えの一つは、

「自分を説得できているかどうか?」

である。

心のどこかで、

「結局は、無理だ

もっとみる

頑張る方向を間違えたら、苦しいだけです

手を伸ばしても、

届かない。

あちこち、目を凝らしても、

見つからない。

あの人、この人のせいにしても、

変わらない。

頑張っても、頑張っても、

手に入らない。

「こんなに頑張ってるのに、なんで、、、。」

「どうしたらいいのか、分からない、、、。」

暗闇の中にいる気分。

抜けられる気すらしない。

本当に、そう。

でも、大丈夫。

必ず解決できるようになる。

やり方さえ間

もっとみる

「池ポチャ」の原因は、イメージにある

池ポチャ。

ゴルフというスポーツがある。

そして、
ゴルフはメンタルスポーツと言われている。

メンタルが成績に大きく影響する。

あるホールには、グリーンの前に池がある。

グリーンにボールを打とうとしても、その距離が短いと池に落ちてしまうというカラクリが仕掛けられている。

池を超えられるかどうかはメンタルにかかっているという。

「池に落とすまい、落とすまい」と考えてショットすると、ボー

もっとみる

潜在意識について、質問募集!!

潜在意識について、
あれこれと、綴っている「このノート」。

このノートを読まれている方へ。

潜在意識について、

「これを知りたい、あれはどうなの?」

という質問や疑問があれば、お答えしたいと思いました。

聞きたいことがあれば、気軽にコメントをくれると嬉しいです。

お待ちしております。

#人生 #運命 #変える #ビジョン #願望 #実現 #目標 #達成 #夢 #実現 #心 #習慣

もっとみる

「ただ、なんとなく」という緩さ

ただ、なんとなく。

特に、深く考えようなんて思わず、

ただ、なんとなく、思いを巡らせる。

気持ちには、余韻がある。

その時の感動に揺られている、あの感覚。

とても気持ちいいものだ。

現実、ラグビーワールドカップが日本で開催されている。

昨日は、日本代表 vs サモア代表

結果は、日本代表の勝利で終わった。

4トライを上げれば、貴重なボーナスポイントを獲得できる状況で、最後の最後、

もっとみる

自分で褒めてあげればいいんじゃない!?

褒める。

子供の頃は、よく褒められた。

というより、

大人たちが、褒めていてくれた。

笑っているだけ、「かわいいねーー」。

遊んでいるだけで、「すごいねーー」。

って、褒めてくれた。

だから、有頂天になれた。

でも、大人になるにつれて、褒められることは少なくなってくる。

子供の頃のように、わざわざ褒めてくれる人はいない。

それが普通だ。

それでいい。

しかし、人間には承認欲

もっとみる