2019.07.14 アヘン中毒にさせられた中国とされなかった日本:運命を分けた大英帝国の侵略術

幕末の志士が涙を呑んだ事件がありました。
1858年、開国した日本はアメリカ・イギリスと条約を結びました。
不平等条約の締結です。

その内容は、

1.領事裁判権の承認
日本国内で外国人が罪を犯した時に、日本の法律ではなく、その外国人の出身国の領事が自国の法律で裁く

というものや、

2.関税自主権の放棄
他国の商品を日本が輸入して売る際に、その商品にかける関税額を日本では決められない

とい

もっとみる

最近知った、宮崎吐夢さんという方の作品が
とても面白くて笑っています

『覚悟の磨き方」超訳 吉田松陰』

池田貴将『覚悟の磨き方」超訳 吉田松陰』

歴史上の人物から偉人の生き様を学ぶ。

ビジネス書を読み始め、
歴史から物事や精神を学ぼうとした時、
吉田松陰の名前が多く出てくる事に
気付きました。

黒船の来航を目の当たりにした人物。
現代の例えでは"黒船"と言って真っ先に思い浮かぶのは
幻冬舎の箕輪厚介さんだと思います。
当時の日本は鎖国をしていて、
圧倒的な存在の黒船は突如として現れました。

もっとみる

ロシア人が驚嘆した幕末のある外交官

幕末にロシア使節プチャーチンと交渉した
幕臣・川路聖謨(かわじとしあきら)。
相手国の人々を魅了した外交官の姿勢とは。

アジア諸国が次々と植民地化される中で

「来年また来る」と告げ、ペリー艦隊が江戸湾から去ったのは、嘉永6年(1853)6月12日のことでした。

アメリカ艦隊を率いるペリーが来航して開港を迫ったことは、幕末動乱の始まりとして、歴史の教科書にも載る有名な事件です。

その1ヵ月後

もっとみる

守礼門に中山府の扁額がかかっていたのは画家の嘘だった!

首里城の玄関の役割を果たす守礼門、
この門が守礼門と呼ばれるのは、
上部に掲げられた守禮之邦の扁額の為です。
そして、この守礼門には
ペリーの首里城訪問時のエピソードがあります。
簡単に言うと、王府はペリーが招かれざる客である事を暗に示す為に
敢えて守礼之邦の扁額を外して中山府の扁額を掲げる事により
「あなたは招かれざる客だ」と示したというのです。
しかし、この話ある横着な画家のせいで広まっ

もっとみる

【論文紹介②】江戸時代のコミュニティ

コミュニティについて、面白い研究ノートを見つけました。

生活満足度の高い持続可能なコミュニティ・モデルをめざして :江戸時代のコミュニティを手がかりとして (追手門学院大学 安村 克己 先生)

この論文では、持続可能な社会を構築するには、生活満足度の高い持続可能なコミュニティが必要である、という主張をされています。

簡単に言えば、

「みんなが満足していて、長く続いていくコミュニティ(地域)

もっとみる

黒船来航のヤバさ

ペリーの黒船来航って学生の頃習いましたよね?
当時鎖国していた江戸幕府に対して、
開国させるためにアメリカが日本に派遣したのがペリーです。

じゃあ、ペリーの黒船来航ってなにがヤバかったご存知ですか?
ぶっちゃけ黒船が日本にポーって来たくらいなのに、
歴史的な事件だ!って習うの、違和感じゃありませんでした?
しかも、日本に来た主要な船ってたったの四隻ですよ?
しかも4隻の内訳は、蒸気船が2隻で、あ

もっとみる

下田のツタヤ

伊豆とか下田とかに旅行に行くことがここ数年はなんだか多くて、よく目の前を通るような気がするが、中に入ったことは一回しかない。何年か前に一人で車中泊で旅行に来た時のことだった。もう今は別れてしまったが、当時付き合っていた彼女と、ほんとうに些細なことで喧嘩していて、しかも仕事もあまりうまく行っていなくて、オレはなんとなくいろんなことが嫌になって、いつものように旅に出た。と言っても、旅、と言えるほどたい

もっとみる