開国

「観光のための文化」から「文化のための観光」へ(6終) ゾーニングの知恵

▼アレックス・カー氏と清野由美氏の『観光亡国論』を読むと、「ゾーニング」という言葉の意味について考えるきっかけになる。

▼「ゾーニング」と「分別」とについて言及している箇所を、大切なところなので、再度引用しておく。

〈清野 日本で「ゾーニング」というと、都市計画法で定める住居専用地域とか、商業地域、工業地域といった「用途指定」のこと、という理解が一般的ですが。

カー それはごく狭義のもので、

もっとみる

「観光のための文化」から「文化のための観光」へ(5) ゼロドルツアーの恐怖

▼アレックス・カー氏と清野由美氏の『観光亡国論』を読んでいる。

両氏の対談で、日本の観光産業の問題点が浮き彫りにされている。

カー氏いわく、

〈日本の観光業では、全盛期の高度経済成長期の「クオンティティ・ツーリズム(量の観光)」が、いまだに根を張っており、今の時代に通用する「クオリティ・ツーリズム(質の観光)」については浅い理解になっていることです。〉(168頁)

▼20世紀の「量」と、2

もっとみる

「観光のための文化」から「文化のための観光」へ(4) ユネスコサイド

▼「ユネスコサイド」という物騒(ぶっそう)な言葉がある。

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が悪い、というわけではない。

〈最近のヨーロッパや東南アジアでは、ユネスコの世界遺産登録を受けて、観光業で汚染された場所を「ユネスコサイド」という言い回しで表現するようになっています。〉(『観光亡国論』154頁)

▼本書では中国の雲南省にある「麗江(リージャン)」という町や、ミャンマーの「バガン遺跡

もっとみる

書評:日本の「開国」時期はいつか。-『明治史講義』を読む。

日本の開国年は1854年か?

27日夜、国賓として訪日したトランプ米大統領夫妻を歓迎する宮中晩さん会が開かれた。冒頭、天皇陛下とトランプ大統領がそれぞれ挨拶され、筆者もその様子を中継で観ていたが、天皇陛下のお言葉に気になる件(くだり)があった。

 我が国が、鎖国を終えて国際社会に足を踏み出したのは、今から百六十五年前の一八五四年に、貴国との間で日米和親条約を締結したことに始まります。それ以

もっとみる

ペリーの足跡を訪ねる

ボストンから少し南へ車で1時間半。美しい港町、ニューポート。嘉永6年(1853年)黒船に乗って浦賀沖に現れたペリーは、この街で生まれ、この街に眠っています。

お墓の場所はhttps://www.google.com/maps/place/41°29'51.6%22N+71°18'55.9%22W/@41.497654,-71.3177023,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1

もっとみる
スキ、って言ってくださってありがとうございます。
6

ペリーが生まれ育ったまち、ニューポート

ロードアイランド州ニューポートは19世紀後半から20世紀はじめにかけて、ニューヨークで暮らす大富豪たちがこぞって別荘を建てたリゾート地として、またヨットの最高峰レース、アメリカズカップが開催された場所、テニスのテニスの殿堂がある場所としても有名ですが、日本との関わりを考えた時一番に思うのは日本への開国を迫った「ペリーが生まれた街」ということではないでしょうか?

 私はいつもこの港町を訪れるたびに

もっとみる

君が代 歌詞は元々「宴会のシメの歌」でメロディーは修正第2版のものだった!?

国歌の話 第1回は 日本🇯🇵 君が代!

【歌詞】
君が代は
千代に八千代に
さざれ石の巌となりて
苔のむすまで

世界的に見ても極めて短いこの曲。
メロディーも歌詞の表現も独特で世界の中で異彩を放つ名曲です。
この君が代は一体どんな経緯で誕生したのでしょうか。

そもそも、近代西洋で誕生した国歌という概念は外交儀礼上で使われるもので、外国と関わる時はお互いの国歌を演奏して自国の隆盛をアピール

もっとみる

ペリー来航だけで幕府が開国したわけじゃない「知られざる物語」

学校で学ぶ歴史って本当の話じゃなかったり、はしょられているから事実関係が曖昧になったりしますね。

「幕末、黒船がやってきて日本が大騒ぎになる」というシーンは、僕たちは今までテレビや映画などで何回も見たからそれが事実だと勘違いしてしまう。案外、中学くらいまでの社会科の先生でさえそれが真実だと信じている人多いかもしれませんね。

朝日新聞デジタルに以下のような記事があがって、ちょっと話題になりました

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
15

インターナショナル

今日は知人に誘われ花見に行ってきました

ストレス発散になれば良いなと思って参加してきましたが

非常に有意義な時間を過ごせました

まず、行ってみたら半分以上外国人で構成されたグループ

これはなかなかに圧倒されるなぁと思いながら

チビチビ始めた結果

酔っ払って気が大きくなり

近くにいたハンサムなアメリカ人に絡む

私「自分、ブラッドピッドに似てんな」

彼「せやねん。よー言われんねん」

もっとみる