マリア様のご出現!!!

IDはフランスを示す "FR"
ポストカードに書かれている(多分)街の名前は "Lourdes"

カードを見ると教会らしき建物に並ぶ人・人・人

"Lourdes"を調べてみると日本語では「ルルド」と呼ぶ街だそうで人口は14,000人弱。

でも、ルルドのホテルは12,000室以上の客室があり、パリに次ぐ国内第2位のホテルの街。

「なんで? なんでそんなにデカいホテルがあって教会に向かって大

もっとみる

私の好きな花

私の好きな花は「百合」だ。特に「カサブランカ」の純白さが好き。

百合は花粉が服につくと取れないからと嫌われがちだけれど、百合が持つ気高さが好き。

それと、私自身がローマ・カトリックの信徒で、マリア様が私の命を繋げてくれたから、マリア様を象徴する「百合」は好き。

このことは、みんなを驚かせてしまうから、いつかはと思うけれど、今は内緒にさせて欲しい。

バラも好きな花だけれど、頂いたり眺めるのが

もっとみる
スキボタン押してくださってありがとうございます♡
8

販売品のご紹介♥



4月6日・土曜日・夜8時ころから、販売予定のキーホルダーをご紹介♪

まず、ひとつめ!
大きな貝殻をドカーン!とあしらったキーホルダーです✨

私が作るときは、割と『平面の中で、層構造で奥行きをもたせる』ものが多くて。
ドカーン!とボリュームあるモノは珍しいかなーと👀
『思い出』のある貝殻でして。
お友達の優しさと毅然としたその背中に感動した貝殻です。
豊かな干潟、浅瀬に海の仲間がギ

もっとみる

3月25日は受胎告知の日

まだ、イタリア歴が浅い頃…
受胎告知ってダヴィンチのしかないと思い込んでいた。
しかし、イタリアに行っていくつもの教会や美術館に行くたびにAnnunciazioneと書かれた表題をみる。
色々な有名画家が描いたんだ!と気付く。

ベアート(フラ)・アンジェリコ (Beato [Fra’] Angelico)の描いた天使の羽の美しさに目を奪われた。
登場人物は、たいてい
羽のついた天使と聖母マリア。

もっとみる

神様を信じる強さを僕に。生きることをあきらめてしまわぬように。

先日、病院のベッドで消灯後に、こっそり泣きました。

私が私に、ひどい事を言ったからです。『私は今、髪も無くて、みすぼらしい』 とても悲しくなりました。

私はスピリチュアルヒーラーですから、この夜にマリア様を呼びました。天使との縁で結ばれている私ですので “天使の女王”  の異名をとるマリア様とも、ご縁は深いのです。

マリア様は、私の卵巣に癒しのエネルギーを送ってくださいました。

私は、マリ

もっとみる

誕生日につき。〜マリア様と同じ誕生日〜

先週は贅沢をした。

今週は質素にいく。

ふいに行きたいラーメン屋がいくつかあり調べた。どこも本日火曜日休みで超ショック😭。世間的にラーメン屋は火曜日休みなのか?好みの味噌味の、今日やってた「麺や六三六」というところに行った。辛口頼んであまり辛くなかったが、なかなか美味しかった。

でもって、カフェヴィータのケーキ2個買って食べた。あと6〜8個はいけそう(つまり1ホール)やったけどダイエッ

もっとみる

御手の中で〜とある老司祭の生涯‥20

〈2011年3月の終わり、西日本のとある市で一人“孤独死”を遂げていた実在した老司祭が書き残していた回顧録を基に、イメージを膨らませたフィクション。きょうで20回目になりました。。東日本大震災の直後と思われる東北の被災地で不思議な縁に導かれて出会った司祭と一人の女性、一人の青年が、女性のいなくなった娘をなんとか3人で探し出すというストーリー。ちょうど震災前、お互いに心がすれ違い、居場所すら分からな

もっとみる

ナンバー3

オリオン座の三ツ星がキリストの十字架を星色に染める時、君の優しい眼差しが、僕のぽっかり空いた心を真紅に染め上げたね。

何度も繰り返して言うよ。

ア・リ・ガ・ト・ウ

って。

君はいったい誰?

現世によみがえったマリア様?

それとも天から舞い降りた天使?

名前を聞いても微笑むだけの君。

君は僕の頭を優しくなでながら、僕の顔の二つに割れたそこに優しく侵入した。

もう恋はしないと誓ったは

もっとみる

「御手の中で」〜とある老司祭の生涯‥4

〈連載小説4回目です。2011年3月の終わり、西日本のとある市で一人“孤独死”を遂げていた実在した老司祭。彼の魂がなぜか、震災後の東北と思われる場所に飛び、そこで一人の女性と出会った。。カトリックのクリスチャンでないと分かり難い部分もあるかと思いますが、戦前戦後のベルギーの暮らしぶりなど、司祭自身が書き残していた回顧録から書き起こした史実も多く、よく読んでくだされば彼がなぜ戦後の日本へと宣教に来た

もっとみる