後悔する私へ

明日を生きる私、
また今日も同じことで後悔するでしょう
だからもういいんです
それはもう後悔じゃないんです
するべきことなんです
もはやもう日課なんです
あなたにとって必要なことなんです
だからもう割り切って
それは体に取り入れて
その思いも心に沁み入れて

これまで無視してきた私の気持ち
やっと気づいてあげれたあなたの気持ち
今度こそ見逃さないであげて
後悔しないであげて

泣いて叫んで切り刻ま

もっとみる

ひんやりと肌に触れる空気は舌で触れる氷みたいに甘く、何時もの静かな闇夜から発せられる梅雨の雨足が網戸の外に広がっていた。
雨の音は実に軽やかで、弾け飛び散り一つの池をつくりやがて地中へ染み込んでゆく。
絶え間なく地球を覆う生きた自然の音が聴こえ、私は目を閉じ寝息を奏でた。

・ 少しずつ ・

わだかまりと

緊張が

吸い込まれるように

消えていき

肉体と精神が

ゆるやかに

解き放たれ

見上げた空に

明日へ続く

道が見える

・ 南の島へ ・

鮮やかに

花が咲き誇る頃に

海の輝きに

心が躍る頃に

会いに行く

思い込みから

自由になって

感覚の全てを

自由にして

会いに行く

今日の一枚💙

ワルミ大橋

沖縄へ行ったら何をしたいですか?

私は、見るもの全てにワクワクして喜んでいる私に会いたいです。沢山の写真を撮って、感じたことをメモしながら一日過ごしてみたいです。そして、夜は静かに詩を書いて過ごしたいと思います。�

もっとみる

- 違うあなたが大好きだよ -

その女の子は病気でした

すごく小さい時からずっと。。。

外を走り回ることもできませんでした

女の子にはとても仲良しのお友達がいました

たくさんの本です

いつもお母さんの隣に座って 本を読んでいました

とてもとても楽しそうに

とてもとても嬉しそうに

小学生になった女の子

しょんぼり顔で ただいま

お母さんの手を握り 泣き出しました

ポロポロポロポロ涙を流して

あのねあのねと繰

もっとみる

- 私は私でいたいだけ -

私は 私

貴方は 貴方

違っていいじゃん

足並みそろえて
   1,2 1,2

揃わないと弾かれる
    おはじきみたいに

飛び出ちゃうと叩かれる
    もぐら叩きみたいに

かけっこ好き! かけっこ嫌い!

お絵描き嫌い! お絵描き好き!

好き嫌い あっていいじゃん

みんな同じじゃつまらない

違った方が楽しいじゃん

みんな同じじゃ目立たない

違った方が目立つじゃん

違っ

もっとみる

・ 海に続く道 ・

青空の下

鮮やかなピンク色の

ブーゲンビリアの門

くぐり抜けた青い道

微笑むような

赤いハイビスカス 

緑の風に葉が囁く

目の前に広がる

色鮮やかな道

東南植物楽園🌸

雨や曇りの日が続いてます。

爽やかな気分で過ごせますように。

アイス

お昼

時間をずらしてとっているお昼タイム

今日は少し早めに

戻ってくる人達の波を掻き分けるような

時間にした。

外に行くと

楽しげに戻ってくる

どこかの会社のおじさま2人。

手には袋に入った棒のアイスを

仲良く持っている

その光景をみるだけで

微笑ましく思えた。

早くかえってね、溶けちゃうよ。

あのアイスはきっとイチゴ味。

2人して買ってるところが

なんかいい。

もっとみる

・ 揺れ動きながら ・

強い風が

乾いた心を

ざわつかせ

足元を揺さぶり

いびつな石ころに

つまずいた

力なく座りこむと

触れた小さな草花の

湿った冷たさが

指先に伝わり

どこかほっとした

生きている

風に吹かれ

揺さぶられ

風に奮い立たされ

小さくたって

生きている

沖縄県総合運動公園