レオパレス

AmazonとOYO。不動産の大革命!レオパレス21、大東建託にトドメを刺すか?もふもふ不動産ニュースの巻その1

https://youtu.be/zQCQPK9eLRI

YouTubeのもふもふ不動産のニュースより。

何と!
Amazonが不動産業務開始!
まだ、アメリカのみだが、
好調なら日本にもそのうち来るでしょう。
日本から本屋がバタバタ無くなったように、
今度は不動産も無くなりそうだ。
ガラパゴス業界だから、ひとたまりもないだろう。

そもそも日本の不動産業界は、
本当にタチが悪い。

アパート

もっとみる
嬉しぃなぁ!ありがとう!
2

【第46回】レオパレス21エアコン3時間タイマー問題〜怠惰な僕の場合〜

僕の家のエアコンが新しくなった。しかも無料で。

無料と聞くと、なんだかお得な気がするけれども今回の一件に関しては、そんなことはない。むしろ正当だと思うくらいだ。

今日はその経緯を記そうと思う。

どうせ、あと1年も経たないうちに引っ越すし隠す必要もないと思うので書くけれども、僕はレオパレス21(以下、レオパレス)からアパートの一室を借りて一人暮らしをしている。

レオパレスの物件は家具家電付き

もっとみる
ありがとうございます!
3

レオパレス株、モルガン・スタンレー・インターナショナルが8.15%保有

英国に拠点を置く資産運用会社のモルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナルがレオパレス21<8848>株を8.15%保有しており、新たに5%を超えたことが明らかになった。21日受付で関東財務局に大量保有報告書を提出した。

もっとみる
価値ある人生を。あなた価値は無限大。
1

東京の人気住宅街のレオパレスが“ちょんの間”になっていた!

近年、東京の都心では、外国人女性による出会い系サイトを使った“宿泊先売春”が増えている。
 宿泊先売春とは、自分が泊まっているビジネスホテルやシティホテルに呼び出すというものだ。例えばこんな感じで。

 実際に会いに行ってみると、相手の素性は出稼ぎ売春婦というのがこの類のパターンだ。国籍はタイ、フィリピン、中国など、アジア系が多いだろうか。
 その背景にあるのは、
・円安なので日本にやって来やすく

もっとみる

0529「一人暮らし 家選び」

大学生になって1人暮らし始めてもう3年経ちます。

今は引越しして快適に過ごせているのですが前の家が色々と地獄だったんでそのことについて書いていこうと思います。

前の家は大学に入って初めてのところで家選びなんてそんなに気にしていませんでした。

でも住んでみたらそりゃもう不便で仕方なかったんです。

まず大学まで20分かかる。

僕の大学は坂の上にあるんですけど自転車をこぐのがとにかくしんどい。

もっとみる
コメントも書いてくれるとよろこびます
16

続報、週刊文春のレオパレス法令違反「疑惑」

どーも、おっちーです。

先日、週刊文春における、レオパレスの新たな法令違反「疑惑」について解説した記事を発表しました。

色々ありましたが、おかげさまで多くの方に読んでいただき、「わかりやすい」といったお褒めの言葉もいただきました。改めて拝読いただいた皆様、まことににありがとうございました。

前回の記事の中で「続報がありましたら、また続けさせていただきます。」と最後に残したのですが、今週発売の

もっとみる
ありがとうございました!

#10 失墜したブランドの生死を分けるもの

「頭が真っ白になった…」「責任逃れの発言をしてしまいました…」「それはない。それはない」

最近テレビを見ると、平成を振り返る番組ばかりだ。この言葉を見ると、12年前のある記者会見の映像が蘇ってくるのではないだろうか。そう、「ささやき女将」で大きく世間を賑やかした船場吉兆の不祥事発覚後の説明記者会見である。産地偽装や無許可での梅酒の製造・販売、客の食べ残しの再提供により、最終的には廃業にまで至った

もっとみる

寄稿 週刊文春掲載、レオパレスの新たな基準法違反「疑惑」を解説

どーも、おっちーです。

先日、レオパレスのアパート・マンションの施工不良に伴う法令違反が発覚し、改修に迫られ、また住民の引っ越しの要請をするなど、アパートオーナー、入居者に多大な迷惑をかけた事件が発生しました。

この事件に関して私は法令違反、施工不良の内容の技術的解説、施工不良を見抜けなかった組織、行政的な要因について解説した動画を投稿しました。

この事件に関しては、起こしてしまった事を十分

もっとみる
ありがとうございました!
24

「お金のマニュアル」 -損をしないコツ- 其ノ19 不動産編③

<相次ぐ不動産スキャンダル-あなたは特別なお客様>

 ただ、これも闇雲に不動産投資をすればいい、というものでもない。最近起きた事件でシェアハウス販売会社の破綻、いわゆる「パンプキンショック」やスルガ銀行の不正融資、レオパレスの違法建築の問題などを鑑みると、ここでも金融詐欺的な行為が横行している事がわかる。

 基本的な手口はこうだ。「投資した資金に対して家賃収入が利回り計算で5%になり、借金して

もっとみる