ネイルに火を点けて

爪に火を点す。
そろそろ、そんな生活にシフトしていかなければ。
極端にはしない。たちまちへばってしまう。ダイエットと同じで、極端にやっているとあとで必ずバーッと衝動的に使ってしまうだろう。
吝嗇家(どケチ)にもなりたくない。
できるとこから少しずつ。

まず、煙草の本数を減らすことにした。
吸わない人々はそりゃもう100パー、おっしゃる。
「やめなよ」。
私は「そうですねえ」なんて

もっとみる

最近生姜の美味しさに目覚めた。

寂しさが募る日々です

一人が寂しい。最近は寂しさでおかしくなりそうだ。

誰かと会った後、特に楽しかった時間が終わるほどその寂しさは大きくなる。あれほど楽しかったのになんで?と思うが、きっと味わった楽しさをその後も誰かと共有したり、話し合ったりしたいからだろう。

今までは一人でいる方が自由で何でもフットワーク軽く出来るからいいやと思っていたが、どうも今は違うはしい。誰でもいいから話を聞いてほしい、誰かのために動きたい

もっとみる

風邪をひいてわかる母と恋人の存在

カゼをひいた。

鼻づまり、頭痛、関節痛、微熱、で仕事を休んだ。

朝までこの部屋にいた恋人は

「お休みはみんなの権利なんだよ」

「一人だと寂しいでしょ、アイス買って夜も来るよ」

と言ってくれた。

私と彼の家はまぁまぁ離れている。

車で1時間半、お金だと往復2000円くらいの距離だ。

それでも来てくれるということに愛を感じる。

彼は私に生かされていると思っていた。

けど、私も彼に生

もっとみる

ごっくんスポンジ脳

よく、こどもの脳は乾いたスポンジのようでなんでも吸収する、と聞く

36歳
まだ吸収が良い
こどもの脳とは違うベクトルで、私の脳はなんでもごくごく飲み込む

飲み込むな、と言い聞かせても飲み込んでしまうごっくん脳なのだ
簡単に言うと、人の言うことを真に受ける、という意味だ

普通、自分が打ち込むことしている時に、横から水をさされたりすると、

「うるせーな、黙ってろよ」

これが普通の反応
一方私

もっとみる

一人暮らしで掃除ロボットを使用するメリット・デメリット

前回の記事でお伝えした通り、掃除ロボットを導入するメリットを記事にしました。

①メリット・汚れが貯まらない

細かいホコリ・ゴミ・髪の毛など、生活していれば床には自然に汚れが落ちていきます。
毎日クイックルワイパーや掃除機をかけられるならば、その汚れをリセットすることが出来るのですが、一人暮らしだとどうしてもサボってしまいます。
そしてサボってしまうと、次の日に落とす汚れは2日分。
掃除機をかけ

もっとみる

寝落ちするまで日記

つかれた
ねむい
これから夕寝に入る状態だ

既にお風呂に入り、洗濯物を片付け、掃除もした
これ以上にない準備万端具合だ

朝、9時頃起きて、ゴミを出し、散歩した
コインランドリーを探して
一番近いところは大物専用で高く、二番目に近いところはいかにも下着泥棒が出そうだった
私の下着なんぞ持ち帰ってもなんの役にも立たない綿パンなのに、そんな物好きのために注意を払わなければならないのがとても面倒だ

もっとみる

シンプルでスリムな家計を目指して(前編)

こんにちは。Lichico(@lichiconote)です。

老後資金2000万円騒動を機に、若い時からの貯蓄に対して世論の意識が向きつつあるように思います。Lichicoは今年で30歳になりますが、仕事のスタイルや今後の生活拠点が大きく変わる可能性も十分にある状況です。そのため、年金をあまり当てにしなくてもどうにかなるような資産ができるように、今のうちから積極的に貯蓄を意識した生活スタイルを心

もっとみる

#9 理想のいきなりステーキ(敗北編)

ステーキが食べたい。
ふとそう思ったのは、昼に観た番組で、グルメに精通している風の芸人が行きつけの店でステーキを食べていたからだろうか。
それとも最近読んだ雑誌『ポパイ』で、イケメン俳優がステーキを調理して振る舞っていたからだろうか。
iPhoneで時刻を確認すると、いつの間にか19時を過ぎていた。
一人暮らしの素晴らしいところは、19時にステーキを食べたくなっても、その日のうちに食べられるところ

もっとみる