ミック・ジャガーの声について

あんたはぼろぼろの
服をまとって
路地裏に酔い潰れてる
深夜の仲間はみんな 
冷たい闇にあんたを
放ったまま消えちまう
たくさんのハエどもが
あんたにたかるんだ
俺には掃いきれないよ

天使たちが翼をひろげて
時を刻んでいる
微笑みながら
瞳を輝かせながら
俺にはあんたへ送る
囁きが聞こえるんだ

目をさまして
目をさまして さぁ
目をさまして さぁ

─ ローリング・ストーンズ「Shine

もっとみる

2014年に水道橋あたりで観たローリング・ストーンズ

ぼくは日頃、好きなミュージシャンのライブを観たいという気にあんまりならない。理由は、期待を裏切られることが怖くて仕方ないからだ。

といっても、ライブの内容自体の話ではない。まず、その気になってもチケットが獲れないかも知れない可能性が怖い。次に、当日までにチケットを失くすかも知れない可能性が怖い(自分ならほんとにやりかねない)。他に、当日になって自分の体調が崩れるかも知れないとか、電車が遅延するか

もっとみる

1.ソ連との出会い③

1989年、大学に入学した年の夏、はじめての海外旅行にでかけた。

行きと帰りの航空券だけとった、一か月ほどのヨーロッパ。
決めていたのは、高校時代からの文通相手
(当時はEメールなどというものが発達していなかったので
昔懐かしいsnail mailの文通だったのだ)のイタリア人、
2歳ほど年上のミケーラと、50歳代の英国人ロンと
それぞれイタリアのコモ、英国のサフォーク州で会う約束をしていただけ

もっとみる
ありがとうございます。精進します。
4

【し】素人と玄人との間にあるもの

僕はいまマレーシアのイポーというところに住んでいて、滞在歴はもうすぐ5年になる。

特に日本の新聞を購読してもいないし、テレビも「NHK WORLD」というチャンネルしかないので、日本のニュースを見るのは、ほとんどの場合ネットニュースということになるのだけれど、ここのところニュースの見出しのほとんどが「闇営業」と「韓国」ばっかりという状態が続いている。

僕はもっと「ゴマフアザラシの赤ちゃんが生ま

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
8

特集・1969年(第5回) ”ロック黄金の年”を25の動画で一挙紹介!

どうも。

では、今回はいよいよ、1969年のロック、これにスポットを当てましょう。

この年のロックの伝説として語られることが多いんですけど、まずは色々言う前に、ヒットチャートにおいてロックで何がこの当時流行っていたか。まず、これから見てみましょう。

まずはアメリカから。

若い人、目が点になっちゃうかもしれませんね(笑)。でも、彼ら、実際、アメリカのチャートですごく売れてた人です。アイアン・

もっとみる
ありがとうございます!
16

「ローリングストーンズ オレ! オレ! オレ!」

by キミシマフミタカ

 ストーンズと南米はすごく相性がいい。“悪魔を憐れむ歌”がサンバのリズムを元にしていたのは知らなかった。ミックとキースが、こんなに仲良しだったことも。2016年の南米ツアーのドキュメンタリーだが、ステージ裏の様子や街との関わりがテンポよくコラージュされ、すぐれた南米紀行の趣がある。光と影の強いコントラストの中、ライブは幻惑的でまるで呪術のよう。全編を通してミックが穏やかに

もっとみる

ジョジョ&鬼太郎感想置き場38

ドーモ、三宅つのです。タイトルどおりの空間です。マガジン化してもいます。どちらも面白いので視聴をおすすめします。

前回はここです。

ついに黄金の風も最終話です。鬼太郎の方が先に放映されたのでそのようにします。第六部がアニメ化するまではまた何年かかかるでしょうし、その頃には鬼太郎6期も終わっているかも知れません。そういうわけで、次回からここは「鬼太郎感想置き場」になります。

#ゲゲゲの鬼太郎 

もっとみる
あなたの健康値がアップしました。
3