「無趣味になっていく日本人」の実態と背景事情_φ(・_・

今週の未来を感じる情報お届けします♪

「無趣味になっていく日本人」の実態と背景事情

人生100年時代といわれるこれからの時代は、この趣味があるかどうかっていうのはとっても大事な気がする!好きなことが同じだとコミュニティとして機能しやすので、良好な人間関係を築き上げやすい。

かくなる自分も趣味っていわれると、読書や映画、旅行などで、なんかもう少し極めたいな〜と思う今日このごろ。とりあえず、来月

もっとみる

TOKYO四畳半キャンプ C-007世間という神様の正体についてNo.7

会社にいた頃にいた人たちの全体的な特徴はこうだ。
もちろん個別には色々あるけど。

1.今ある状況でベストを尽くす
2.言われたことをきちんとやる
3.これまでの流れを踏襲する

いわゆる優等生タイプ。勉強ができて、いわゆる世間にもちゃんと合わせられる人々。だから全く話が合わない。話せば話すほど僕がすり減っていくから話す気もなくなる。

あまりの窮屈さに、ある時上司に呼ばれた際に言った。
「そもそ

もっとみる

ブログはじめました。

インスタで日記がわりに色々文章を残してたけど、今日からこっちでやってみようと思います。

使い方に慣れるまで練習あるのみ〜!

色んな方の記事を読むのも楽しみ。

理学療法士辞めると決意。それから1年後のワタシ

こんばんは!

テーマ

理学療法士辞めると決意。それから1年後のワタシ

去年の7月

理学療法士を辞めると決意。

◆なりたくてなったはずなのに楽しくない

◆なんのためにやっているのか分からない

◆職場の人間関係が嫌になっていた

そんな日々が続き

私のこころは限界を向かえていた。

ある日、たまたまみていたSNSで

ある方との出会い。

同じ職種なのに

すごく楽しく働いていた!(^

もっとみる

形あるモノの役割について、、、

GLAYが今年が25周年だそうです。
僕が8才の頃にデビューしたんですね。そう考えるとGLAY世代なんだなって思いました。兄がいた影響で普通に小学生の頃から「グロリアス」を聴いていたとすると、出会いとしては最高ですよね。J-ROCKに触れたきっかけはGLAYなんだなと再確認しております。

CDも買いましたもん。
「誘惑」と「soul love」はどちらを買おうかすごく迷った結果、両方買ったよ。そ

もっとみる

ドキドキとワクワク

1985年生まれの鈴木だが、ほぼリアルタイムでTVゲームの進化を体感している。
ファミコンからスーパーファミコン。
スーパーファミコンからセガサターン。
セガサターンからプレステ2、といったように。
新しいゲーム機やゲームソフトの登場に胸を踊らせていた。
ゲームは、ドキドキとワクワクの宝庫だった。

そんなゲーム人生の中で、一番衝撃的だったのは「バーチャファイター」がある。
その当時、「ストリート

もっとみる

Givers Gain

≪湧く湧くマガジン≫をお読みいただき、ありがとうございます。
後藤隆志です。

≪Givers Gain≫

直訳すると「与える者たちは得る」。

この言葉を知ったのは、つい先日のこと。

私が高校の恩師に質問をした。
どうして快くなんでも話をして下さるのですか?

恩師が迷わずこう言った。

話をすることで何かを相手に与えることは実は自分が1番与えられているのだと。

続けて恩師は、

“Giv

もっとみる

何の為に働くのか?

いつも見ていただきありがとうこまざいます。
今日は、何の為に働くのかをテーマに書いていこうと思います。

就活時代

私の就活時代は、「イキイキワクワク生きている人を増やす」ことができる仕事をしたい!そんなことをずっと思っていました。

そんな想いが強かった為、人材系や教育系の企業を受けることが多かったです。

ですが、今働いて思いました。

何をやるかより誰とやるか

何をやるかにこだわっていた

もっとみる

「路地裏のススメ。」

俺は昔から路地裏が好きだ。

日常から一歩離れただけで異世界感を感じるほどの廃れ、

次の角を曲がるとどうなるのか?と刺激される好奇心、

身近に手っ取り早くこれほどロマンを感じれる場所はないと思っている。

路地裏は俺の好奇心をかなり高めてくれる。

俺は東京都内に住んでいるんだけど、都内でも味がある路地裏は本当に多いし

新宿や渋谷といった人がごった返す場所にある、

時代に取り残されたような

もっとみる