ストリートナンパしてるだけだと見えてこない世界ってあるのかもね。

ネットだけだと見えてこない世界があるのと同じようにね。

資本主義経済の終わりとワクワクが止まらない話

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

近い将来に信用経済が来ると言われていたりしますが、それはつまり今の資本主義経済が終わるということですよね。

もしかすると、日本が資本主義経済をぶっ壊し、日本から世界を変えるかもしれないんです!

そんなちょっとワクワクするような話を書いたので、気になる人はぜひチェックしてみて下さい。

もっとみる
スキありがとうございます!よければシェアしてくれると嬉しいです。
3

世界は自分の心しだい。

募金なんかしてもべつに何も変わらないし、知らない人のことなんてどうでもいいやん。

例えば募金1つにしてもそんな風に世界を見ている人間だったぼくには、知らない人どころかそばにいる人1人さえ幸せにはできなかった。

大きいとか小さいとか、近いとか遠いの問題ではなくて、ぼくは家族がいなければここまで生きては来れなかったし、友達や先輩や大人の人たちがいなければ折れてしまっていたことばかりだ。

近所のス

もっとみる

大童

また、湧き上がる時期になっている。
 様々な祭りに突き動かされる大童たちは、存分に暴れている。

 全力で投げる祭り。
 兵器となる甘い美味ものが飛び交うというのはオレンジ合戦。
 雨のようなジュースに濡らされた大童たちは、ゲラゲラと笑った。

 必死で走る祭り。
 人と狂って駆けている牛たちが速さを争うエンシエロ。
 鋭い角から逃げた大童たちは、いつも自分の速さを他人に誇る。

 猛烈で突き合わ

もっとみる

夢の中の亡霊

月に数回寝ても寝ても眠い日があるんですが、あれ何なんでしょうね。ホルモンバランスの乱れなのかな。とにかく今日は眠い日でした。眠い日は抗えず寝てしまうので夢をたくさん見ます。

村谷由香里です。
noteをご覧いただきありがとうございます。

夢のメカニズムって全然わかっていないんですが、自分の頭の中を見ているのに全然面識ない人が出てくることに驚きます。
夢は集合的無意識にアクセスする手段なので自分

もっとみる
ありがとうございます! 明日も良い一日になりますように!
6

時を詠む

湿った空気を思いっきり吸い込んで
悩みも焦燥も全て吐き出すように
息をする
毎日繰り返される生きるための行為には
賞賛の声など必要ない
ひっそりとしっかりと
それさえしていてくれたならそれでいい

回り回って降りかかってくる厄介ごとに
心囚われて、冷静な判断すらつかなくなって
頭をかきむしりたくなるけど
そんな衝動すら生きている証だと
冷静に見つめられる自分がいたのなら
それは妄想でも思い上がりで

もっとみる

もっとみんな死に向かって生きよ〜!

ひろき(有馬拓希)のnote毎日投稿!
みなさんおはこんばんちは。
きょうのnoteのテーマは、

『もっとみんな死に向かって生きよ〜!』です!
死に向かって生きれていますか?

死について考えれていますか?

あなたはなんで今生きていますか?

みんなが本気で今をそしてこれからを笑顔で楽しめますように^o^
では、今日のnoteもお楽しみください!!

僕は昨日とある会でこういう質問を受けました

もっとみる

「盲目的な恋と友情」著:辻村深月

読書好きとは言っても、読む本のジャンルは様々だと思います。
私の場合小説は5%くらいではないでしょうか。
大体のパターンは、誰かに勧められて読み始めることが多いです。
今回の本もやはり、会社の後輩に勧められて読み始めました。
本からの出会いってとても幸せなつながりだと思います。

小説をあまり読まない自分でも、名前だけは知っていたので相当有名かもしれませんが、今自分の中で大ヒットしている作家さんで

もっとみる
Likeありがとうございます!あなたのために面白い文章を書き続けます!
7

熱量とエイジングの話

結婚して子供ができると、いつしか身なりへの気配りが減り子育てに追われるようになる。

そして、思考停止した脳はおじさん化おばさん化を加速させる。服や下着は妻が選び、髪型などまで気を使わない。そうなると老化も進み日本のおじさんが完成する。

プチプラファッションおじさんは、時間があればスマホゲームに明け暮れ、仕事や家族への熱量はそれほど多くない。

習慣に流され生きる歓びを失っていく。
一番大切な熱

もっとみる

厳しい人は必要だ

厳しい人に、厳しく当たられると、はじめはもちろん嫌だろう。

でもその人とずっと一緒にいなきゃいけない状況で、ずっと厳しくされてると、完全に嫌いになる。

これ、よくよく考えたら自分も職場でそういう状況があって、嫌いになった人がいたなぁ。

そしてこれまた、今自分が嫌いになられる方をやってるという、因果な。

それはそうと、完全に嫌いになる一方で、もう一つ、これ重要なんだけど、「世の中こんなもんだ

もっとみる