無知は幸せ「父が娘に語る経済の話。」

読書レビュー 第二弾 2019. 6.26 wed

↓↓それでは、読書感想の世界へどうぞ↓↓

**「父が娘に語る経済の話。」 

ヤニス・バルファキス(著)関美和(訳)**

本の説明

誰しもが、経済を理解して身近に感じてもらうように経済学の解説書とは正反対のものを目指して書かれている。                   「資本」のかわりに「機械」・「生産手段」と言い換えられており、専門用

もっとみる

FRBの利下げ示唆、どう評価するか?

このところ米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長を含む幹部の発言が利下げを検討しているように思われます。これは中央銀行として適切と思います。利下げの確率は上がっていますが、そもそも中央銀行の政策は経済のトレンドを変えないとみています。いつごろ何回利下げするかは、長期投資で気にすることはないと考えます。
まず、中央銀行は利下げの時は「黒田バズーカ」のように驚かせてもいいのですが、経済回復に伴う正常

もっとみる