1996年、wwwとの出会い。

note歴、3日目。

完璧を期すとかえって失敗する質ではあるのだけど、続けて投稿して3日目でそれを欠くのが少々気持ち悪く、でもそんなときに限ってネタが浮かばない…。

よし!ここは早速、「お題」を活用してみよう。(いやあ、noteって便利だね)

では、 #はじめてのインターネット 行きます!

1996年、初夏

それは、1996年の確か初夏。23年とちょっと前のこと。
その年は、記念受験

もっとみる

夏休みの受験勉強で夏期講習ほど恐ろしいものはありません

夏になると各大手予備校が大盛り上がりします。

それは

「夏は天王山」

とかいう非論理的なキャンペーンを打ち出し

夏期講習という名の、得られるものに対して法外な値段を吹っ掛けるビジネスが面白いように上手くいくからです。

いきなり強い口調で話してしまいごめんなさい(笑)

ですがこれよく考えてみるとおかしな話だということが分かります。

恐らくこの

「夏は天王山」

「夏を制すものは受験を

もっとみる

なぜ塾は繁栄しているのか!?その本当の理由とは・・・

今の受験社会を見てみると、

河合塾、駿台、代ゼミ、東進などの大手予備校をはじめとした日本全国かなりの塾が多くの受験生を集めていますね。

何年も潰れず跋扈しているのを見ると経営的にうまくいってるんだなと感じます。

大手予備校の主催する模試によっては河合の全統模試のように

模試だけで20万人弱の受験者がいるような模試さえあります。

昔と変わらず今もかなり塾・予備校は繁栄していますね。

では

もっとみる

塾の授業を真面目に受けていると受験では落ちます

今の日本の受験社会を俯瞰してみると、予備校に通って授業を受けるのがマジョリティとなっています。

多くの人が

・予備校は良いもの

・多くの合格者を出しているから通わなきゃいけないもの

と勘違いしています。

予備校の多くの合格体験記など見ていてあたかも予備校に通っている人だけが合格を勝ち取っていくようにさえ見えてきます。

大学受験には「合格最低点」というはっきりした数字によって合否が分けら

もっとみる

選択式問題の答え合わせは必ず根拠を見ろ

学校の提出物や問題集で答え合わせをするとき、「間違えた問題は解説をしっかり読んで解き直す」というのは勉強法の基本です。

私も教えているときによく言いますし、学校の先生からも常々言われていることだと思います。

正解している問題はそのままでも解けるということなので、最終チェックのところで見直すくらいでいいのですが、

ただ、中には解説をしっかりチェックした方がいいものもあります。それが「適当に選ん

もっとみる

ADHDでクソ注意散漫なアホでも慶應行ける

何でたまにしかアカウント動かさないの

このアカウント、たまに動かして長期間放っておいたりDMもたまにしか返さずほとんにすいません

まじですいません!!!!!

DMしてくださった方謝っても謝りきれないです、、、

それも僕のADHDという特性の影響が大きいです

そうです、実はADHDなんです

中学の頃からなんとなくそうかなーとは思っていたんですが、やっぱり診断受けたらそうでした笑

中途半

もっとみる

●参考書だけで合格する法

今回は本の紹介をしたいと思います。
『参考書だけで合格する法 林 尚弘』という本。

私は大学生の時に薬剤師国家試験の予備校に通っていた時に大阪の書店でこの本に出会いました。
内容は大学受験生向けに書かれた本なのですが、受験というくくりで考えると参考になる部分は多数あると思います。
この本は授業は無駄である、参考書だけで合格することは可能であるということを柱として書かれていて、少し極端な部分もあり

もっとみる

【掌編小説】Fコード

僕はもう二十九歳で大人になってしまったけれど、いまでもときどき学生時代のことを思い出す。

十八歳。すべてのものごとが非生産的な方向に向かっていた時代。
僕は大学に通いながら週に二回、予備校でアルバイトをしていた。

そこでの仕事は、一言で言ってしまえば雑用のようなものだった。授業前の黒板の清掃、塾内便の記録用紙のファイリング、模試の申込受付、その他職員がやるに及ばない細かな仕事は何でもした。

もっとみる

予習は必要か

どうもこんばんは、ばりおすです。
今回は、勉強に予習は必要かということについて語っていきたいと思います。
結果から言うと予習は必要です。
しかし、ほんの数分で良いと思います。

皆さんは、勉強する時に予習ってしますか?
僕は上記にも書きましたが、あまり予習に時間は割きません。
そもそも無しに等しいかもしれません。
僕は前々から予習については疑問に感じていました。
というのも予習にやたらと時間を割く

もっとみる

解き直しをする大切さ

長かった夏休みもあっという間に終わり、9月を迎えました。長期のお休みに慣れた心身を早めに元に戻し、日頃の勉強や部活などを楽しめているでしょうか?

さて、夏休みは40日以上も学校がお休みなので、それまでの勉強の復習や実力強化を図り、じっくり取り組むことができたでしょう。とくに中3受験生には、中1~2年の復習がじっくりできる最後の休みとも言えるため、充実した勉強をすることができた夏休みになったはずで

もっとみる