日々のこと 1014

あいちトリエンナーレが本日、無事終了した。最終日、ちょこっと行って見届けてきた。
それにしても過去の開催にはほとんど興味なかったくせに、なんかトリエンナーレの話題ばかり書いてるな。ずいぶん長い期間、このお祭りにまつわることを考えていた気がする。
後でツイッターを見ていたら、私のお気に入り作家・弓指寛治さんが会期中に子猫を拾ってて笑った。
ともあれ、本当にお疲れさまでした。いろいろと思いがけないこと

もっとみる
うれしい。私も好きです。
3

土曜の午後、嵐のさなか…。

朝から雨と風と警告の嵐の中         部屋に閉じこもって船酔いのような気分でゴロゴロ過ごしてます。行き場のないチケットを前にどんよりとした空を恨めしく眺めては、できればもう少しおしとやかに通り過ぎてくれないか?何て思ったりもする。でもおかげで、新しいアルバムをゆっくり聴けています。過ごした日々の中で傷ついた勝手な男のとことんせつない言葉たちを穏やかでたおやかな音使いが包み込む。誰かのあるひと

もっとみる
どうも!

今週の#FBF:「ロックンロール・ナイト_佐野元春」1982

#FBF=Flashback Friday
:過去の出来事などの思い出を金曜日にアップロードするハッシュタグ。

今週は・・・・
佐野元春の「ロックンロール・ナイト」という曲についての思い出です。

みなさんも、いろんな岐路に立つ場面があるとおもいますが、私にとって、この曲は、そんなターニングポイントになると必ず流れてくる曲です。

思えば、大学受験を失敗したときに、この曲が、ずっと頭から離れなか

もっとみる
かたじけない!
13

たまり場ダイナミックス

僕は啓蒙しないし、啓蒙されない
 共感はするけれど、同情はしない
 慣れ合いはするしないではなく、その距離に近づかないことが肝要

 そしてたまり場とは、仲間が集まるのではない
 そこで仲間になり、その場を離れれば他人に戻れる関係であるべきだ
 しかし、重ねて言うが、これは啓蒙ではない

 だいたいが、酒が絡むわけで、酔っ払いのすることである
 そこには
 筋を通しても、一筋縄でいかなかったり
 

もっとみる
10

「#愛が分母」このタイトルから秀逸!

https://twitter.com/NAG222

「#愛が分母」このタイトルから秀逸! この数式に於いて「愛」の数値は、大きければ大きいほど“分けあうもの”は、増える。 そして、もしこの「愛」が、0だったならば、数学上タブーとされている「ゼロ除算」になる。 「愛が0=ない なんて ありえない」という元春から“裏メッセージ”だろうか? RT

佐野元春bot(非公式)


@SanoMoto

もっとみる

佐野元春を聴いた夜

ふと佐野元春を聴いてみた夜。
自然と目を閉じる。
ずっと昔の日々が蘇る。
何もかもにイライラしていた。
夜中の海岸沿いに車を走らせカーステから流れる佐野元春を歌っていたハイティーンの自分に聞いてみたい。
40年近くさまよい続け踊り続けたオマエは、、、
つまらない大人になってないか?
歯車みたいな世界に、、さよならできているか?
汚れた世界の窓の外で全てのギブアンドテイクのゲームにさよならできている

もっとみる
16

ナポレオンフィッシュと泳ぐ日30周年とDaisy Music15周年に寄せて

今から30年前。1989年、僕は何をしていただろう。冗談なしに、まるで思い出せない。それくらい長い年月。世情的には、昭和から平成になり、バブル景気も終わり間近ってところか。

遡ること5年前、当時人気の面で最初のピークを迎えていた佐野元春(以下、佐野先輩)が放った『Visitors』アルバム。僕の実質的なファーストコンタクト。世間の反応とは裏腹に、衝撃だった。

僕のライヴデヴューもこのころで

もっとみる

もっと鼓動を信じて。こころは嘘と言い訳の天才だから。

【この記事は1分で読めます】

“10年も英語を勉強したのに喋れないのは、なぜ?”
これは、わたしが以前勤めていた会社(米国系の教育関連企業)が、ビジネス系雑誌や日経新聞に掲載していた広告コピーである。

言葉はスポーツと同じで、体で覚えるもの。だから、外国語も初めから勉強として捉えているうちは身に付かない。日本語だって、みんな五感を使って覚えたはず。ちなみに、わたしが勤めていた企業の親会社が米国

もっとみる
You are special !!
35

その先の世界へ

ステージが上がり、
世界が変わる。

2日間行ったライヴで見えたことは、
自分がどのステージにいるか、ってこと。

できることは何か 考えてる
愛することって何か 考えてる

朝も夜も 君のために
僕のためにいつか 君のために

僕のためにいつか 君のために
歴史のために

長かった「僕のために」のステージを経て、
ようやく「君のために」のステージが見えた。
でもそこで終わりじゃなくて、
その先に

もっとみる
❤ありがとうございます。わたしの❤もふるえます。
4