【看護学生】保健師ってなに?

男子看護学生の鳩ぽっぽです。今回は保健師について書いていこうと思います。

保健師は今後の医療の一翼を担う看護職者

保健師とは

一般の方には聞き馴染みもなく、看護専門学生はなれないから特に知らないという人も多いでしょう。自分も最初は保健師の存在を知りませんでした。
保健師とは、予防活動を展開していく看護職者のことを言います。
Wikipediaでは、「地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾

もっとみる

【看護学生】看護から進める道

男子看護学生の鳩ぽっぽです。今回は看護から進めるさまざまな道について書いていこうと思います。

看護の道は多岐にわたる

看護は看護師だけではない

看護学生となったら看護師にならなければならない、看護師しか道がないと思っている人が多いと思います。
自分も最初専門学校にいたときは将来は看護師になるしかないか、と思っていました。
しかし、実際は看護師だけではなく、また、看護師といっても病棟だけではな

もっとみる

子育て支援センターから着信

産婦人科で助産師さんご話を聞いてくれて、そこから連絡してくれたようで子育て支援センターから着信が。
ただ出先なのと土日祝日は家にいてもゆっくり電話できないので(電話苦手で、家族と言えど聞かれると落ち着かない。ましてやメンタル系の話題なら尚更避けたい)休職したこと伝えて平日にかけ直して貰うことにした。

気にかけないと危険な妊婦認定されてるわけだけどそこは予想済み。制度とか多少は調べてあったし、そも

もっとみる

報われた努力

行政保健師になりたいとここ3年くらい思っていた。去年と今年、公務員試験に挑戦し晴れて内定を勝ち取ることができた。

去年は試しに試験を受け、教養試験は合格したが集団討論と面接で不合格。今年は本気で対策して突破することが出来た。

筆記試験(一次試験)の2ヶ月前から、夫と子が寝た2〜3時間、過去問を解くことと時事ニュースを読むことに専念した。高校のセンター試験+αの内容だったので、自分の高校時代の勉

もっとみる

自己紹介

初めまして、プルートウです。

現在、市町村役場で保健師として働いています。

ん?保健師ってなに?って方もいらっしゃるかもしれません。

そうかもしれません。普段の生活の中で保健師と関わることは少ないので。

子供のころ(特に赤ちゃんの頃)に訪問でお会いしているのですが、覚えていないと思います。

まぁ、私自身も覚えていませんし。

どんな仕事をしているのかは後々話します。

私は今年から保健師

もっとみる

見送る人

どうして、なんで、この人ばかり、不幸な事ばかり起こってしまうんだろうと思う時がある。

虐待、家族間の不和、病気、いじめ、リストラ、配偶者の死。

一般的に不幸だとか、マイナスだとか、一人の人が背負うには大きすぎるイベントが重なる人がいる。

各支援機関が動いたとしても、どうにもならない場合も多い。

その人を取り巻く環境があまりにも複雑すぎて、本人や支援者の努力だけでは変えられない。

かと言っ

もっとみる

「苦手」のルーツを辿ると自分が見えてくる

先日、いかにも男児らしい男児を見かけた。

見えない何かと戦い、一人でごっこ遊びをしている、ザ・男児。

私は「楽しそうだなあ」

夫は「ああいう男の子苦手…」

夫は温厚で優しい。小さい子供も嫌いではない。そんな夫からザ・男児が苦手という言葉が出るなんてと、ビックリした。理由を聞くと「いかにもアホっぽい行動」が気に障るらしい。

そういえば私も苦手なタイプの子がいる。

「自分が女の子であること

もっとみる

固茹でのパスタを掻き込みながら考えたこと

週末、村から戻ったころから風邪症状と食思不振、倦怠感でどうも体調がいまいち。
でも熱があるわけでもないし、毎日職場の状況が気がかりで出勤して、忙しさに身を任せて頑張ってみるものの疲弊する。そんな日々の繰り返しだった。

食欲もないので、夕食はお茶漬けかインスタントラーメンか食べないで寝てしまう日々。食生活の乱れがまた体力を消耗する悪循環。

そんな流れを断ち切りたくて、今日は1日休むことにした。

もっとみる

人は手に入るモノより失うモノに意識が向く

がん検診の受診率向上 と併せて、最近よく聞く言葉がナッジ理論

最新の受診率向上施策ハンドブックにも

得る喜びよりも、失う痛みを回避する人間の特性を使って、望ましい行動につなげられるようにせよ、と書いてある。

検診の受診率向上のため以外にも、さまざまな事に当てはまると思う。

ナッジ理論とは、まったく関係のない内容だけど
少し前に 傲慢と善良 を読んだ。

婚活をしていた男女が婚約まで至るのだ

もっとみる

死にたいわけじゃなくて、生きたくないのである。

「死にたい」って相談電話がかかってくることは、珍しいことじゃない。

事情を聞けば「なるほど、それは自分が体験したとしても、死にたくなるな」って理由がきちんとある。

ひとりの人間が背負うには、あまりに大きい荷物を抱えてる。

誰に託すこともできず、八方塞がりの人。

死にたいと直接的には言わないで「心の相談をしたいんですが…」という人もいる。

家族がいない、一人暮らしで不安、人と話すのが苦手で

もっとみる