保育園に入りたい

保育園問題

妊娠6ヶ月を過ぎた頃、ツワリも落ち着いたので
引越しをしました。

転居先の役所へ、住民票の移動も含め
産前に出来る手続きや、保育園の事も聞きたくて
窓口で色々訊ねたら、

「えっ…そうなん…??」

って、感じた事柄がチラホラ…
妊娠前に知りたかったよ…(°_°)トホホ

保育園の申込み時期問題

保育園にもよりますが、入所できる月齢っていうのが
各保育園ごとに定められています。

早いところで

もっとみる

待機ゼロ・港区保育園のリアル②

食事面(献立・おかわり・残食・おやつ・飲み物等)

認可は基本的に給食です。(年に一度や二度、遠足や運動会等でお弁当を作る機会もある事がありますが)区立、暫定保育室は統一献立で提供されています。献立は毎月園から配られるプリントか、下記ページで公開されます。

私立は運営会社による独自の献立になります。区立と差別化が図れるポイントの為、食育に力を入れている私立もあります。トップバナーで紹介しているよ

もっとみる

ママたちの恩恵リレー

4月から子どもが3歳クラスに進級し、保育料が引き下げられた。
9月からは保育料無料化の対象になり、0円になる。

家計的にはとてもありがたいけれど
保育士さんの給与アップが先決だと思っているし
なかなか手放しでは喜べない。

また、子育て優遇を受けるたびに思い出すのは
有能にも関わらず会社をリタイアせざるをえなかった
先輩ママたちの存在だ。

私が社会人デビューした頃、女性は出産を機に退社するのが

もっとみる

保育園にも幼稚園にも行ってない約14万人の「無園児」の実態が研究で明らかに!

余り知られていないのですが、現在、3歳以上で保育園にも幼稚園にも行っていない子ども達は、約14万人います。

 一般的な感覚だと、保育園や幼稚園に「普通は」通わせます。

 が、保育園や幼稚園は制度上は、行かせても行かせなくても親の自由なので、割合は少ないですが保育園にも幼稚園にも通わせない、という選択肢もある状況です。

 ただ、どんな家庭の子どもが保育園にも幼稚園にも行っていない、「無園児」な

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければTwitter等フォロー下さい!
369

不安を解消してくれる素晴らしい人

来月は4月、「新年度」ですね! 別れからの出会いの月。 我が家でも保育園の入園等で色々準備に追われています💦 「上の子の時こんなに準備物多かったっけ!? ミシン出さなきゃ💦」とか。。。 

ただこんなのは我が家のわがままなだけで、、、実際去年までは我が家も待機児童だったので、しっかりと準備はします!!

今日はこの記事から⇩⇩⇩

《大人んサーから抜粋》

今凄く注目され、人気な人もおおい子育

もっとみる

専業主婦を選んでよかったと思う瞬間

こんにちは。木下よもぎです。

2歳半の息子は、いわゆるイヤイヤ期とよばれる時期であります。

もちろん、「勘弁してよ〜」「やってられない!」なんて思うこともあるし、イライラしてうっかり口調がキツくなってしまうもときもあるけれど

でも、あとから思い返してみると、クスッと笑ってしまうことがいっぱいです。

この時期特有のおもしろさ。

大人の自分には思いつかない言葉や行動が、私の毎日を鮮やかに彩っ

もっとみる

2018年2月9日(金)

育児にはまだまだ翻弄されっぱなしではあるが、それでもほんのちょっぴり(3ペソぐらい)余裕が出てきたようにも感じている。

実際、今まで余裕がなくて一時休止していた事を、少しづつ(1ペソぐらい)ではあるが徐々に再開し始めることができている。

それもこれも、去年、紆余曲折はあったが、娘が無事に保育園に入園することができて、なんとか1年、家族全員無病息災(病は多々あった)にやってこれたからだと思う。

もっとみる

間も無く、保育園の合否発表です。入れると信じているけれど、100%ではないのでどきどき・・・
人事とも面談進めてるし、家も車も買ったし、働けないと困るんですーーーーー

ほんと、保育園無償化とかいいから、そもそも保育園に入れてほしい。

育休中に感じる違和感

産休育休を取得して早1年と少し。

平日は基本的にワンオペ育児なので、その時間のほとんどを娘と2人で過ごしている。

1歳を過ぎ、卒乳はまだしてないが授乳間隔も空き、離乳食も進んできたので娘を旦那に預けて友達や会社の同僚と昼間ランチに行ったり、友達の結婚式に出席したり、といった機会が少しずつ増えてきた。

そのこと自体はとても嬉しいことなのだが、娘以外の大人と会っている時、ふと、戸惑うことがある。

もっとみる

保育園落ちた。困ったときにファミリーサポートセンターを利用しよう!東北編

保育園落ちた。そんな投稿が増えるこの時期。保育園に入れなかった人をそのまま「お帰り下さい」と突き放すのではなく、「こういうサービスもありますよ」と案内出来たら良いのでは?

代替え案を出せてプロではないか。よし、現場がプロの仕事をできないなら私がやってやろう!ということで、各市町村に設置されているファミリーサポートセンターを一覧でまとめました!

といっても、まだ東北バージョンだけですが。

いざ

もっとみる