全文公開

数カ月後に発売する予定の短篇集『「人生」のようなもの』を期間限定で約3日間、全ページ無料公開します。

制作中の『「人生」のようなもの』を全ページ公開します。
(今回も電書バトさんに取次を依頼しました。)

早速マンガを読むぞ、という方はこの冒頭の文章は飛ばしてスクロールしてくださって大丈夫です。

以下に少し、公開した理由を書きます。
(3度目ですので、ほぼコピー&ペーストです。)
ちょっとしたお願い、くらいに捉えて頂けると幸いです。

前々回の記事はこちら。
現在は120ページ程をお試し読みでき

もっとみる

「ガイアの夜明け」で特集された、超ホワイトな飲食店「佰食屋」は、どのようにして生まれたのか?

『売上を、減らそう。
たどりついたのは業績至上主義からの解放』
中村朱美(ライツ社)2019/6/14発売 
#全文公開 



定年後だったはずの夢を28歳ではじめた

大きな塊で仕入れる国産牛モモ肉。余分な脂身のない上質な赤身を、肉の旨味が最大限に味わえるよう、絶妙な焼き加減で仕上げる。肉汁が逃げないよう少し休ませてから、スライス。
丼にごはんをよそい、香ばしくなるまで炒めたすじ肉、赤ワイン

もっとみる

「超」AI整理法 無限にためて瞬時に引き出す(第1章の1)

『「超」AI整理法』が2019年6月29日に株式会社KADOKAWAより刊行されます。これは、「第1章の1」の全文です。

第 1 章 新しい情報大洪水の到来

1.コンピュータが「眼や耳を持ち」 使いやすくなった

◇コンピュータが使いにくかったのは「能力が劣っていた」から
これまで、コンピュータを使うのは面倒でした。
その理由は、2つあります。第1は、キーボードから入力しないと、指示や情報

もっとみる

「超」AI整理法 無限にためて瞬時に引き出す(はじめに)

『「超」AI整理法』が2019年6月29日に株式会社KADOKAWAより刊行されます。これは、「はじめに」の全文です。

はじめに

 AI(人工知能)が、さまざまな新しい可能性を開きつつあります。例えば、自動車の自動運転などです。これによって、多くの人々が大きな影響を受けることは間違いありません。
 しかし、それらの技術を利用して事業を展開するのは、企業、とりわけ大企業です。
 ところが、最近で

もっとみる

10000字無料公開! 直木賞作家・東山彰良新作『DEVIL'S DOOR』

本日、直木賞作家・東山彰良先生による描き下ろし作品『DEVIL'S DOOR』が発売となりました。
本ができるまでの過程や見どころは、下記のエントリに掲載させていただきました。

そして今回は、『DEVIL'S DOOR』発売を記念して、本編中のプロローグ~第1章までを全文公開させていただきます。

あらすじ

直木賞作家・東山彰良が描く〈AIと悪魔〉の〈心と魂〉を巡る冒険譚、開幕! 装画は、悪魔

もっとみる

劣等感の塊が、「ありのまま」という武器を手に入れるまで【韓国留学時代②〜帰国後】 #全文公開

中川瑛さん(@salut_copain)著『最高のキャリアの描き方-トビタテ! 留学JAPAN生と物語理論-』への寄稿文の全文公開を3回に分けてお送りします。

今回が最終回です。大学を休学して臨んだ韓国留学から、帰国後再度休学して東京で生活していたころの物語をお送りします。

前回はこちら。

韓国留学時代②:自分をさらけ出すことで気づいたこと

 もう失うものはなにもないと、SNSに素直な感情

もっとみる

劣等感の塊が、「ありのまま」という武器を手に入れるまで【大学時代〜韓国留学時代①】 #全文公開

中川瑛さん(@salut_copain)著『最高のキャリアの描き方-トビタテ! 留学JAPAN生と物語理論-』への寄稿文の全文公開を3回に分けてお送りします。

今回は第2回です。大学入学後から、大学4年次の韓国留学までの物語をお送ります。

前回まではこちら。

大学時代①:自分のやっていることに納得できない大学生活

 大学入学後はアルバイトと部活をして、トライアスロンにかかる費用をコツコツ貯

もっとみる

【はじめに全文公開】堀江貴文も評価した、インセンティブを「お金」ではなく「早く帰れる」にした飲食店

『売上を、減らそう。
たどりついたのは業績至上主義からの解放』
中村朱美(ライツ社)2019/6/14発売 

ランチのみの国産牛ステーキ丼専門店、どれだけ売れても1日100食限定、インセンティブは早く売り切れば早く帰れる、営業わずか3時間半、11時から14時半、飲食店でも残業ゼロ、なのに従業員の給料は百貨店並み。

「100食以上売ったら?」 「昼だけじゃなくて、夜も売ったほうが儲かるのでは?」

もっとみる
あなたの心が雨模様でも、3つのライトでその心を照らしたい
281

劣等感の塊が、「ありのまま」という武器を手に入れるまで【幼少期〜高校時代】 #全文公開

中川瑛さん(@salut_copain)著『最高のキャリアの描き方-トビタテ! 留学JAPAN生と物語理論-』への寄稿文の全文公開を3回に分けてお送りします。

『最高のキャリアの描き方-トビタテ! 留学JAPAN生と物語理論-』の第7章には僕を含めて7名のトビタテ生※ の物語が掲載されています。

僕の物語についたタイトルは、「劣等感の塊が、「ありのまま」という武器を手に入れるまで」。なんとも生

もっとみる

『最高のキャリアの描き方』の寄稿部分を公開します #全文公開

6月になりました。

私事ですが、人事になって半年が経ちました。

5月には人事の大先輩を新たに社内に迎え入れ、やれることもすごく増えてきました。二人三脚で新しいことに取り組んでいく日々はとても楽しいです。平日を楽しく過ごせるのは、幸せなことだと思います。

人事になって、圧倒的に人の人生に寄り添う回数が増えて「やっぱり僕は、誰もが持つ人生の”物語”にすごく興味がある」と再認識しました。どんな人生

もっとみる