この本屋の片隅で #木曜日ノ木之瀬

本屋が好きだ。

特に意味もなく立ち寄るのが好き。というか定期的に意味なく立ち寄らないと精神的に不調を起こす、くらいには生活のルーティンとして成立している。疲れて帰るときには、家に帰るのを押してでも本屋で精神をコントロールする。

↑丸善 京都本店

そういったルーティンは、チェーン店であるほど良い。というか、そんなときお洒落本屋に立ち寄るのはかえって毒だ。独自の傾向で陳列されたカオスな本棚になに

もっとみる

心を磨く

こんばんわ。
はじめまして、優穏と申します。

今日からnoteを始めました。
よろしくお願いします。

今日読んだある本に、感動しましたので、
忘れないように記しておこうと思いました。

利己の心よりも利他の心で。

最近、利己的な人に心を翻弄されておりまして、
私までも利己的気味になっていたと気付き、反省しました。

利他の心で、物事を捉えれば、問題はいとも簡単に解決し、気持ちも楽になりました

もっとみる

不便な本屋はあなたをハックしない(6)全体の未来よりも、個人としての希望を

「不便な本屋はあなたをハックしない」目次
(序)
(1)本屋としての筆者
(2)「泡」と「水」――フィルターバブルを洗い流す場所としての書店
(3)独立書店と独立出版社――「課題先進国」としての台湾、韓国、日本
(4)日本における二つの円――「大きな出版業界」と「小さな出版界隈」
(5)「大きな出版業界」のテクノロジーに、良心の種を植え付ける
(6)全体の未来よりも、個人としての希望を

※「不便

もっとみる

編集者を囲むワークショップ

8/7(水)は、8/28に読書会をやる西荻窪BREWBOOKS(https://brewbooks.net/)さんのワークショップに参加してきましたー📚

https://www.facebook.com/206389606907426/posts/335937027286016/?substory_index=0

編集者の方の話とか普段は聴けないのでめっちゃ面白かったです!
普通の、ってタイ

もっとみる

読書会やります!!【アドラー心理学を語る読書会】

ワタクシ、はじめての読書会を企画しました!!

『アドラー心理学についてみんなでワイワイ語る読書会』
↑詳しくはこちら(Facebookのイベントページにとびます)

読書会とかやったら楽しそうだよね、って話から、→私、気になってる本屋さんが西荻窪にあるんだよね。
→本屋さんに行って、こう言う読書会とかどうですかね?と相談してみた
→面白そうですね、やってみましょう!いつにしますか?💡

…とあ

もっとみる

不便な本屋はあなたをハックしない(5)「大きな出版業界」のテクノロジーに、良心の種を植え付ける

「不便な本屋はあなたをハックしない」目次
(序)
(1)本屋としての筆者
(2)「泡」と「水」――フィルターバブルを洗い流す場所としての書店
(3)独立書店と独立出版社――「課題先進国」としての台湾、韓国、日本
(4)日本における二つの円――「大きな出版業界」と「小さな出版界隈」
(5)「大きな出版業界」のテクノロジーに、良心の種を植え付ける
(6)全体の未来よりも、個人としての希望を

※「不便

もっとみる

不便な本屋はあなたをハックしない(4)日本における二つの円――「大きな出版業界」と「小さな出版界隈」

「不便な本屋はあなたをハックしない」目次
(序)
(1)本屋としての筆者
(2)「泡」と「水」――フィルターバブルを洗い流す場所としての書店
(3)独立書店と独立出版社――「課題先進国」としての台湾、韓国、日本
(4)日本における二つの円――「大きな出版業界」と「小さな出版界隈」
(5)「大きな出版業界」のテクノロジーに、良心の種を植え付ける
(6)全体の未来よりも、個人としての希望を

※「不便

もっとみる

ブックギャラリーポポタムさんがとてもオススメという話。 日々、たぬき。

7/27土曜日。やっと夏を連れてきた空の日の午後、池袋にあるブックギャラリーポポタムさんへ足を運びました。
今日はそのポポタムさんをオススメする話です。
良ければ聞いていってくださいな。



 

池袋西口を出て、西口公園、メトロポリタン劇場の横を抜けて、住宅街へ。
およそ8~10分程の道のりをてくてく歩きます。
閑静な住宅街に入って程なくすると、小さいながら緑のある公園が見えてきて。
その横

もっとみる

オシャレすぎる市営の本屋 八戸ブックセンター

八戸市が「本のまち八戸」という公約を守って選挙から3年で作った市営のブックセンターがオシャレすぎる件なのですが。

「何故、ここまでオシャレに!?」

八戸といえば、イカの町なのに……!?

※種差海岸にある芝亭のイカ刺し。新鮮すぎて甘い。(*´Д`)

そう思っていたら、八戸ブックセンターは

下北沢にあるビールの飲める本屋さん『B&B(Books & Beer)』の内沼晋太郎氏がディレクターを

もっとみる

形を定めない本屋プロジェクト 「水の(ような)書店」、はじめました。

さまざまな場所で、
思い思いの形態で
「書店」を開いてみる。

そんな個人プロジェクトを、
この夏から月イチペースで始めてみよう。

一週間前に、ふと思いつきました。

■思いつきから一週間後、とりあえずやってみる。

あれこれ企画を練る前に、やっちゃってみよう。

そう思って、さっそく、代々木で友人が運営するバーで、一回目をやってみました。

「水の(ような)書店」

バーの片隅に、
ちっちゃな

もっとみる