働き方を考える祭典「Tokyo Work Design Week 2018」に通ってグラレコしてきたアーカイブまとめ(模造紙✕12)

11月の「勤労感謝の日」にあわせて、渋谷ヒカリエを中心に開催される働き方の祭典「Tokyo Work Design Week 2018」でグラレコを担当してきました。2013年からはじまって今年で6回目のTWDW、イベント運営はボランティアで集まった方たちによって行われていて、これには一番驚きました。さまざまなゲストスピーカーの話やワークショップで、現在〜これからの新しい働き方やビジネスの未来につ

もっとみる

【ジャンクヤード】Twitter海まとめ03

ドーモ、三宅つのです。ここが何かはここを見て下さい。前回はここです。要するにつのがTwitter海で呟いたなんかをPU&サルベージする場所です。つのは暇な時にこれを見たりするでしょう。あなたはこれをなんかのマテリアルにできます。

なんか

なんかです。

カレーメシ

チャンピオンRED

勤労感謝の日

大阪万博決定

将太の寿司読了、約10日

エピブレ、ドイツ国歌

Twitter海の使い

もっとみる

大切な人へ

周りの人に感謝しているだろうか?

身近な人に感謝しているだろうか?

一番大切な人に感謝しているだろうか?

大切な人に気づけているだろうか?

11月22日はアメリカでは Thanks Giving Day
日本では良い夫婦の日、23日には勤労感謝の日がある。

これらはどれも感謝を表す日である。

感謝の気持ちは伝えることに意義がある。そう思う。

それなのに感謝を伝える以前にその伝える対象

もっとみる

2018/11/23 金曜日 勤労感謝の日

8時起床。
朝ごはんは、大切な人が持って帰ってくれたいなふりの終了パーティの料理とほうれん草とえのきのみそ汁。

10時頃にガストへ。
今日もポモドーロ。ポモドーロ。
納期が近い仕事をひたすらやった。
まだ終わってないから、明日もやらなければ。
リライトの仕事はライティングより楽しい。
金融の記事って日本語がおかしいことが多いから、それを直していくと自分の日本語力向上にもつながるね。

知らないお

もっとみる

自分突破

かるがると
じぶんをこえていけ

縛っていたのはじぶんだから。

ありがたいなあ、

ここにいていいんだな。

わたしがいるところが居場所だ。

もう息をしよう。

じゅうぶん、

かっこ悪いって ばれてるから。

大丈夫だよもう無理しないで。

みんなわかってるから。

「わたしってダメなの…」
「なんかわかんないけどみんなみたいにできないの…」

大丈夫だって。

みんなにじゅうぶん、
ばれて

もっとみる

11.23 勤労感謝の日

恥ずかしいから、顔を見ずに急いで家を出た。
お母さんは、私が小さい頃に煙になって空に昇ってしまった。
人の寿命はさまざまなのだと、おばあちゃんが私の髪を梳きながら言っていたのを時々思い出す。
私はずっと、そうなんだなぁと思って生きてきている。

お父さんは、寝坊やだから気づかないかもしれない。
でも、出来れば気づいて欲しい。
朝ご飯の目玉焼きの隣に、きょうは旗を振るタコのウインナーが

もっとみる

11月23日~勤労感謝の日~

今日は勤労感謝の日でした。
たまたま外に出掛けていて、ふとプレゼント買ってあげよっかな、なんて思ったので母と父にプレゼントを買うことにしました。

プレゼントを渡す際、手紙を書いたのですが、そのとき母がどれだけ大事な人なのか。凄く感じました。

私は何度も母に反抗して、喧嘩もしました。こんな親は嫌だ、とか何度も何度も思いました。それで、ここに嫌なところを書き上げようと思って文字に書き起こしてみまし

もっとみる

藤原道長「この世をば…」の和歌から一千年の満月。新しい解釈を示す論文も。

目次【2018年11月23日 季節のお便り・号外】
・2018年11月23日は「この世をば…」の藤原道長の和歌から一千年目。
・本人の日記には残されていない?「望月の和歌」にまつわるエピソード。
・権力誇示というより親バカ?今年発表された望月の和歌の新たな解釈。
・直近の香筵のお知らせ:12/8(土)香道体験会@東京国立博物館 茶室

2018年11月23日は「この世をば…」の藤原道長の和歌から一

もっとみる

夢を、持つ

こんにちは。

勤労感謝の日。

いかがお過ごしでしょうか。

Ayaはカフェで読書してきましたよ📙

本日もいってみましょう〜〜(*´꒳`*)

・本日のThema

【夢を持つ】

夢を持ってる方はブレません。

筋道立てて毎日生きています。

もっとみる

話にならない

「LOWさん、もっと過激な事も書いてみたら?」

noteをよく読んで下さっている
ある方に言われた。
来たな、と思ったのと同時に
確かにそうだよな、と共感した。

日々思う事は、書いて共感を得る事って
すごく難しいんだという事。
裸の気持ちと裸の言葉でぶつけないと
他人は感動しない。
気持ちが揺さぶられない。
批判が出る事を恐れている状態では
(話にならない)のだ。

顔写真、半分でも出さなけれ

もっとみる