叱咤激励

松下幸之助と『経営の技法』#182

8/15 株主と経営者

~株主が会社の主人公なら、経営者は会社の番頭である。~

 株主は、自ら会社の主人公であるということを正しく自覚、認識していなければならない。そして経営者に対して言うべきは言い、要望すべきは要望するという、主人公としての態度を毅然として保つことが大事ではないかと思う。たとえ少数株しかもっていない株主であっても、単に株をもって配当を受け取るというだけでなく、会社の主人公たる

もっとみる

51日目:睡眠薬いややー

休職51日目。7月19日(金)晴れ?曇り?

なんども起きてしまった・・・今日は睡眠薬飲まないで寝る・・・

また朝からカフェに行った。美容室まで勉強しようと思って。が、できなかった。長電話での叱咤激励、ポジティブに終わったが、かなり精神を消耗したと思う。そこから鼻水が止まらなくなった。笑

美容室行って、帰って、ご飯食べて、いま。

・・・

今の自分の状態の何が休みをもらう状態なのかと問われれ

もっとみる

ポメ部長の叱咤激励(仮題) 第3話 『トライアスロン』

「お!ホワイトデーのお菓子じゃん、チョコチップクッキーひとつもらいますね」
「ダンボール君、今は6月だよ」
「あ、そうか、じゃ、何デーですか。もしかしてポメラニアン部長のバースデーですか?」
「そのクッキーは取引先の人がお土産に持ってきてくれたやつだよ」
「そっか、デー関係ないでーすね」
「クッキーもいいけどさ、スポーツ事業部から頼まれてた、スポーツ市場拡大に関する方策の調査できてるの」
「ばっち

もっとみる

ポメ部長の叱咤激励(仮題) 第1話 『スマホアプリ』

「トマト君、ちょっと」
「はい、何でしょうか、ポメラニアン部長」
「先日お願いしたスマホアプリの企画書なんだけど」
「はい」
「昨日、メール送ってくれたやつ、見てるんだけどさ、何だねこれは」
「なにかまずい箇所ありましたでしょうか」
「まずこれ、君の考えてくれたアプリの名前さ、ティックトックって読むの?」
「そうです」
「意味分かんないじゃん。普通さ、ツイッターとかさ、フェイスブックとかさ、インス

もっとみる

しかるべき叱り方

私の指導上のこだわりは一つ。クラスの中で一番理解がゆっくりな子に合わせて進めること。では先を行く子は何をするのか、その子たちにもしっかりミッションを用意しておくのだ。ある時は「うまくヒントを出してあげて」そしてある時は「後から今まで話した中からクイズ出すよ」。

 例えば、"What's your favorite color?"(何色が好き?)という質問を投げかけた時、サッと分かる子は I li

もっとみる

no title:20060328

たった1日で
舞い上がって 萎んで

ばっかみたい

あんたがそんなんだから
こんなことになったんだよ

ばかじゃねぇの?

ふざけんな

いい加減にしろ

どれも
私から私への
もはやどうにもならない
叱咤激励

ちゃんと届け

「自ら創り出せる人は強い」

毎日note更新でもtwitterやブログでも、絶対ネタは尽きてくるし、量を出すのを苦しく感じる時がある。そんな時に自らコンテンツを創り出せる人は強い。

事業の中核に置こうと思うならキツいから休むのは難しい。創り出す習慣と、前進する力を付けるべし。

叱られた話 -「ごめん」を言うことのむずかしさ-

「ありがとう」と「ごめん」を言うことの大切さがよく説かれますが、「ありがとう」と言うことよりも、「ごめん」と言うことの方がはるかに難しいように感じます。

たとえば自分の保身を思って演技して、口先だけで言うにしても、「ありがとう」では比較的演技がしやすいように思われますが、「ごめん」の方はそもそも演技自体し辛く、しかもうまく演じれば演じるほど、心に苦痛を感じざるを得ないと思いますし、嘘もばれやすい

もっとみる

久々にとんだを回って

大阪高槻の富田地域で、2012年ごろから小学生の職業体験イベント「とんだ和っかデイ」というのを開催している。

僕は立ち上げメンバーの一人で、事務局担当。

今年の秋で8回目の開催となる。

立ち上げた当初、第1回目はものすごい達成感があって、言うたら何もないところにイベントを作ったんだから、それはもう「やったったぞー!」という感覚を関わったメンバー皆が感じていた。

一体感もものすごくあった。

もっとみる