外国株投資

Yageo(ヤゲオ)の2019年Q2決算を読み解く~MLCC大手の台湾メーカー~

今回は台湾Yageo(ヤゲオ)の2019年Q2決算をみていきます。

Yageo社は台湾のMLCC(積層セラミックコンデンサ)大手およびインダクタの大手メーカーです。

2018年のMLCC需給逼迫局面では市況高騰を煽った張本人ともいえる企業です。

今回はその顛末も含め、同社の動向を日本の同業、村田製作所や太陽誘電などと絡めて書いていきます。

まずは直近の決算についてざっくりとみていきましょう

もっとみる

エリクソンの2019年Q2決算を読み解く~5G通信機器の大本命~

今回はエリクソンの決算をみていきます。

エリクソンはスウェーデンの通信機器メーカーです。

特にモバイル通信向けの設備で非常に有力であり、5G通信機器ではファーウェイ、ノキアとともに3強の一角を占めています。

米政府は5Gを安全保障の要としてみており、中国の覇権を防ぐためにファーウェイを排除する方針です。

これにより、ノキアとエリクソンの2強による寡占になるのではないか、と予想されています。

もっとみる

ザイリンクス(Xlinx)の2019年Q1決算を読み解く~ファーウェイ問題が影響しているFPGA最大手~

今回はザイリンクス(Xlinx)の決算を見ていきます。

ザイリンクス(Xlinx)はPLD(プログラマブル・ロジック・デバイス)のトップ企業です。

とくに高性能なFPGA(Field Programmable Gate Array)を利用したPLDに定評があり、ここもと通信設備向けなどに需要が拡大していっています。

今回は5G関連銘柄の中心とも評される同銘柄について、業界の動向も踏まえて見て

もっとみる

ティファニーの2019年Q2決算を読み解く

今回はティファニーの決算をみていきます。

ティファニーは世界中で300店舗超を展開する宝飾ブランドです。

特にアメリカとアジア、日本市場に強いブランドとなっています。

ティファニーは日本では一般的オープンハートなどの比較的お手頃な価格の贈答品で有名ですが、売上の中身をみると富裕層の動向に大きく左右されることがわかります。

まずは出てきたばかりの決算の概況からみていきましょう。

ティファニ

もっとみる

キーサイト・テクノロジーズ(Keysight Technologies)の2019年Q3決算を読み解く~5G通信関連テスタにおけるアンリツのライバル~

今回はキーサイト・テクノロジーズ(Keysight Technologies)の決算をみていきます。

キーサイト・テクノロジーズ(Keysight Technologies)はたぶん投資家層でもご存知の方がそれほど多くない企業だと思われます。(エンジニアの方ならご存知の方も多いはず。)

この会社は各種計測器を作っている企業で、とくに航空、通信、防衛分野で強みを持っている企業です。

古い方には

もっとみる

三一重工(Sany Heavy Industry)の2019年Q1決算を読み解く~コマツやキャタピラーは価格競争できるか?~

今回は三一重工(Sany Heavy Industry)の決算をみていきます。

三一重工は中国を代表する建機メーカーです。

その規模は世界6位クラス

世界最大手のキャタピラーや日本のコマツなどと比べればまだ小さい規模ですが、近年、非常に勢いよく成長しています。

今回はコマツやキャタピラーのライバルに浮上してきている三一重工についてみていきます。

まずは三一重工の説明から始めます。

三一

もっとみる

AMDの2019年Q2決算を読み解く~第三世代RyzenがIntelを圧倒~

今回はAMDの決算を見ていきます。

AMDは世界的なCPU、GPUメーカーです。

パソコン用CPUではインテルに次いで2位で、ほぼ市場を寡占。

パソコン用GPUではNvidiaに次いで2位で、こちらもほぼ市場を寡占。

またPS4やXBOXなどに搭載されているSoCも同社が製造しています。

近年、サーバー用CPU事業にも再参入してきており、この分野でも2位になることが予想されています。

もっとみる

テンセントの2019年Q2決算を読み解く~中国人の購買力に翳りあり~

今回はテンセントの決算をみていきます。

テンセントは、いわずと知れた中国ネット業界の巨人です。

同社は日本のLINEにあたるメッセンジャーアプリWechat/Weixinを中国で展開し、その利用者数は中国人の成人人口とほぼ等しい数字となっています。

また、テンセントは中国最大のゲーム配信企業であるとともに、世界最大のゲーム関連企業でもあります。※1

※1・・・Unreal EngineのE

もっとみる

アプライド・マテリアルズ(Applied Materials)の2019年Q3決算を読み解く~世界最大の半導体製造装置メーカー~

今回はアプライド・マテリアルズの決算についてみていきます。

アプライド・マテリアルズは半導体製造装置業界で世界最大手の企業であり、半導体製造プロセスのほぼすべてに対して製品を供給している、半導体製造装置の百貨店のような企業です。

※なお、半導体製造工程に関する説明は以下がよく纏まっています。

なお、半導体製造装置のシェアについてですが、

産業向けリサーチ会社のVLSI reserchによる

もっとみる

Nvidia(エヌビディア)のFY2020年Q2決算を読み解く~クラウドゲームは吉か凶か~

今回はNvidia(エヌビディア)の決算を見ていきます。

Nvidiaは、グラフィックに特化した処理を行うための半導体GPUを開発するメーカーです。

同社の製品はゲーム用パソコン向け市場で業界標準としての地位を占めるほか、CG制作などの現場でも利用されており、グラフィック用半導体業界における最大の企業となっています。(※1)

※1・・・同業他社としてはRADEONシリーズを傘下に収めるAMD

もっとみる