外山滋比古さん

アイディアって?どんな説明。

「思考の整理学」の著者、外山滋比古さんが書いた「アイディアのレッスン」の話。最近私は「私自身の思考はどのようになっているのか?」に興味あります。さてアイディアとは何か?

「アイディアのレッスン」の「アイディアとは何か?」の章によるとアイディアを辞書や広辞苑などでひいてみても。ちゃんと説明してないそうです。私も今度図書館などで確認してこようと思います。

---

Photo by Brandi

もっとみる

拡散的読書のすすめ『想像力から感想力へ』

拡散的思考という言葉は外山滋比古さんの「思考の整理学」という本で知りました。

一部引用しますと
「拡散的思考、つまり、誤解をおそれず、タンジェントの方向に脱出しようとするエネルギーによって生み出される思考である」

「本を読むにしても、これまでは正解をひとつきめて、それに到達するのを目標とした。その場合、作者、筆者の意図というのを絶対的とすることで、容易に正解をつくりあげられる。それに向かって行

もっとみる

誰かをうらやましいと思う気持ちを昇華させたい

人間の厄介な感情コレクションのひとつは、誰かを「うらやましい」と感じる気持ちだと思う。直接この言葉を口にしなくても、なんとなく芽生えるモヤっとした気持ちだとか、SNSで見えるみんなの活躍からつい目を逸らしたくなってしまうこととか。全然よくある。別に恨んでいるわけでもなければ、その人の不幸を望んだりするようなカゲキな感情ではないのだけど、ただただ今の自分と比べてしまって「モヤッ」とするのだ。

そう

もっとみる

noteを書く理由

とりあえず暇つぶしで始めてみたnote。

何故、何のためにnoteを書くのかについて考えてみました。

noteに書いていることは主に、日頃思っていることや、唐突に思いついたことです。

それらの考えをどこにも吐き出さずに自分の中にしまっておくと、自分はそれを「秀逸な考え」であると思い込んでしまう傾向にあります。

故に、吐き出したいのです。

このことがうまく表現された文章を以下に引用します。

もっとみる

朝、目覚めたら「水を飲む」

このnoteは、【睡眠の質を向上させたい人】向けです。

久々の投稿になりました。笑

日本はだいぶ冷え込んでいますが、

みなさん、体調はよろしいですか?

今日も良い目覚めのためのワンポイントアドバイスです!

タイトルにある通り、朝目覚めたら

コップ一杯、水を飲みましょう!

なぜか?

理由は大きく2つ。

①睡眠中は汗などで水分が外へ出ていくため

→水分を取らないと、失った分の補給が

もっとみる

ジストニア闘病記×プロ棋士への道 21

雨や曇りが続くと、

気分も晴れません。

病気に影響はないのですが、

洗濯物を外に干せず、

気分転換に空も見上げられません。

心なしか息子の将棋も振るわず……。

本日は晴天。

◎『迷いながら、強くなる』(羽生善治)

「何度も何度も繰り返していれば道筋が完成します。そうなれば道筋が見つけられず、さまよい歩く必要はなくなり、短時間で戻ってくることができます。」永瀬七冠、国民栄誉賞の羽生先

もっとみる

最終テーマ コンピューター
少し前まではあらゆる事に「正解」という基準を求めていたように思う。必ずしも正解があるとは限らないので自分で自分の首を絞めていた。最近は「美しいか」という基準を持ち始めた。その言動は美しいか、その利益の出し方は美しいか。正解がない事もこれなら判断できる。

テーマ30 拡散と収斂
国語の成績が悪かった。「あなたの考えを述べよ」みたいな問題は自由に書いて点数がやたら悪かった。大学受験でこれはまずいかもと思い、塾で個人指導にしてもらった。「正解」の取り方を教えてもらいぐんぐん成績は伸びた。自由な発想力がだいぶなくなった。取り戻そう。

テーマ29 既知・未知
この本を最初に読んだ時は分かったようでよく分からない未知の感じだった。難しい日本語や言いまわしは使われていないのに。何度も読んでいるうちにだんだんと言葉が見えてくるようになった。急に目の前が開けたわけではなく、少しずつ新しい世界が追加された感じ。

テーマ28 第一次的現実
台湾関連のアイディアや考えは実際に台湾にいるときの方がいろいろ出てくる。数回台湾を訪れているので、日本にいても台湾の風景は割と鮮明に思い出せる。それでもやはり、においとか音とか風の感触とか、記憶にはあるけれど実際に目の前にするのとは違うもの。