留学に反対している家族を説得する方法

はじめに

留学はお金がとてもかかるので家族が少し裕福でないとそう簡単にできることではない
そんな金銭的な理由で両親、又は家族があなたの留学したい夢を応援できないことが多くある
他にも、両親が古い考えを持っていて「日本で大学出ないと将来仕事に就けなくなるぞ」と海外への大学進出や酷い時には短期留学までも反対しているとInstagramのフォロワーさんから相談を受けたことがある

正しくは分からないが

もっとみる

2019年 35%が終了した → 残りの65%、自分を幸せにするための約束

1月1日に新年、2019年が始まり、5月1日に新しい時代、令和が始まった。

大きな節目が二度もあった今年。
新たな時代をハッピーなムードで迎えることができるのは嬉しい。

令和やゴールデンウィークは日本独自のものなので海外にいるとSNSを覗かない限り実感がないが、日本人の繋がりを感じることができていいなと思う。

令和に合わせて例年以上の大型連休となった今年のゴールデンウィークが終了し、そろそろ

もっとみる

ドイツ留学のデメリット

ドイツ留学前に知っておきたかった事をシェアしました!😊特にこれからドイツに行く方には見ていただきたいですが、日本の大学と比べてどんな感じなのか興味ある方も是非見てってください❤️

もっとみる

天才 Genius

このストーリーに登場する親友のウィリーは、大学入学オリエンテーションの席でたまたま隣になったところから関係がスタートしました。感受性が高く、地頭が良く、子供のような何にも縛られない柔軟で寛大な考え方を持つ人でした。「自分がゲイじゃなかったらMakiと結婚する」とよく言ってくれました。Geniusという言葉を聞くと真っ先に思い浮かぶ人物の1人です。

----------

 アメリカの大学では一

もっとみる

ホームレスだが◯◯レスではない Homeless but not ◯◯less

私が大学時代に過ごしたサンフランシスコという街はホームレスが多い街でした。さすがに発展途上国のような子供のホームレスがいたり死にかけの人が道で横たわっているってことはないが、特にダウンタウンに行くとその多さに落胆する時が多々ありました。いつか全ての人が衣食住に困らず安全安心に暮らせる社会になるよう願いながらも、必ずしもこちらの思う幸せが他の人にとっての幸せかどうかは常に疑うべきと心に決めた、ある出

もっとみる

留学中、不登校中。このまま大学続けるか、退学するか

私は高校卒業後海外の大学に進学した。今の大学は2か国目、2つ目。一つ目はアメリカ、二つ目はオランダ。一つ目の大学を2年間で卒業後、今の大学に進学した。この今通っている大学で、初めての感情に悩んでいる。それはカルチャーショックなのか、適応障害なのか、鬱なのか、よくわからない。このあたりの症状はなんとなく自分が当てはまるものだ。あるいは単なる怠けなのかもしれない。

3年ぶりの花粉症、授業のキャンセル

もっとみる

【アメリカ留学】アレックス奨学金プログラムの特徴

みなさんこんにちは。da_shuです。
本日は、私が利用しているアレックス奨学金プログラムに参加している
人がどんな人が多いのかまとめさせて頂きます。
#ALLEX,#ALLEX Foundation,#アレックス,#アレックス財団,#アレックス奨学金
https://www.allex.org/jp/

【参加者】
・アメリカの大学院に奨学金付きで留学したい
・アメリカで日本語教師になりたい

もっとみる

まいてぃの高校生活 in Korea(5)

可愛いなぁ、とか、honとかあたかも彼女に向けたテキストを送ってきた彼。もうこんな事されたからには付き合ってくれるんだろうと期待する私。

ところはそいつは、同時に10人以上の女子とテキストするような、まぁいわゆる遊び人だったのです。

それを友人伝いで聞いた私はまぁもうショック。しかも彼は私と同じバレーチームのJにも好意を持たれていたようで、まぁ両方同時にちょっかいかけていたみたいです...。

もっとみる

マイティの高校生活 in Korea(4)

バレーでの活躍のおかげで、英語はまだへたくそでしたがそこそこ知名度と人からのリスペクト度(?)が上がったまいてぃ。そんな彼女に興味を持ったお姉さん達(当時11年生)は私の恋愛事情に興味津々なようで、男バレに私がかっこいいと思う男の子がいないか問い詰めてきました。

正直男バレのレベルがあまりにも低すぎて(元居た中学に比べると)、全員あまり魅力的には映らなかったので、とりあえず唯一うごきがましなメガ

もっとみる

280219THU

Today, I talked to my tutor that I want to change my applying course from arts to theatre studies. I was nervous since I'm a quiet student and my image of the theatre is bright so I thought I could be

もっとみる