大繁盛

NO,2117「最も合理的かつ自他ともに世界を救う方法-徳島の大繁盛ペットサロンオーナーの秘密-」

(毎日発行するメルマガから引用)

昨日久々に
徳島の大繁盛ペットトリマー店の

「ナミ店長」

と久々にお会いして
いろいろ
お話させて頂きました!

ナミ店長ほど

●日本をより良くするという志

×

●動物を愛する

×

●マーケティング

を上手くなさってる方は
私は知りません!

うちはペットちゃんは
メダカと鯉ぐらいしか
飼ったことがないので

あまりわかってないと思いますが(笑)

もっとみる

デジルマサラ

面白い人がいるもんで、昨日京橋の居酒屋とよというところでJRに勤めながらハウスのDJをし、カレーも作るしスケボーもやる、みたいな人と出会った。

そのDJやるときの名前がデジルマサラというらしいのだが、「出汁(だし)」でデビューしたのにオーガナイザーが漢字を読めずに「デジルですか?」と言ったところからそうなったらしい。

マサラはもちろん、趣味が高じてイベントなどで提供するようになったというカレー

もっとみる

一軒だけを大繁盛させる飲食店の教科書

<はじめに>

私、ジンノと申します。

四国の愛媛、松山の街中でお野菜を主役にした『お野菜食堂 SOHSOH』というごはん屋の代表をやらせてもらっております。

2007年7月7日にオープンして、無事10周年を迎えることができました。

実は過去に最大で8店舗までお店を増やしたことがあるのですが、私の力不足で今は直営2店舗、FC1店舗と縮小しています。

タイトルが「一軒だけを…」となっているの

もっとみる

学生のアルバイトにはアタリ年とハズレ年がある

ぶっちゃけ学生のアルバイトさんにはアタリ年とハズレ年があります。

「最近の若いもんは」
なんて若者が年々劣化しているような言い方をする人も居ますが、キングコングの西野さんの著書『革命のファンファーレ』に書いてあるように、年々若者が劣化しているなら年々新しい技術が生まれたり、経済的に成長していっていることに説明はつきません。

たぶん『若者』はいつでも今の大人の若かりし時よりも立派なんです。

もっとみる