豊臣秀吉が明智光秀を討ち天王山を制する話

いまはむかし、木下藤吉郎という百姓生まれの男がいた。身分の低い家柄だったが、若くして尾張大名織田家の足軽となる。織田家には有能な家臣や兵卒が多かったが、なかでも藤吉郎の働きぶりは目覚ましく、たびたびの活躍で信長にも気に入られる。用兵もたくみで、戦に連戦連勝して信長の領地拡大に貢献。この男の出世は約束されたように順当で、はやかった。近江の浅井が滅びる頃には官位を授かり、羽柴筑前守秀吉と名乗る。農民の

もっとみる

息抜きには○○が必要?!

チャラ男シリーズ#26

中学受験生の夏休み。
日曜日以外のお休みはお盆の4日間だけ。。
それ以外は塾、塾、塾のオンパレード…!!
これが小学生にとって健全かどうかはさておき。

つまり、小学校の宿題はこの4日間にかかってる!
2日間は泊まりにきたイトコと遊んでしまい…

さぁ残り2日間をどうする?!

自由研究、読書感想文、その他モロモロ山積み…
なのに息子は全くもって緊張感ゼロッ!!
うぐぐ…

もっとみる

有元利夫展@大山崎山荘美術館

文化の日の連休にいってきた、京都のアサヒビール大山崎山荘美術館の話をば。

◆アサヒビール大山崎山荘美術館

そもそも文楽鑑賞で大阪に行くたびに、せっかくだし京都も…と思い、実際行ったこともあるのですが、京都の町のあの独特の余所もんを寄せ付けない雰囲気というのはぶらり旅派にとってはなかなか敷居が高くて、ぜんぜんハマれてないのですが、そんな私も行ってみたいのがサントリー山崎の蒸留所です。

◆サ

もっとみる

‪本格的な紅葉にはすこーし早かったけど、でも色が変わりかけのところも綺麗。‬

#京都 #山崎 #天王山 #秋旅

「おしゃれは基本よ」(ヒグチユウコ「せかいいちのねこ」)
5

ひと話咲かせましょう タムさんのお話③『白いふわふわ』

おはようございます!大山崎はぐです。

今週は何のシーズンか知ってます?

先月のタムさんのお話を読んだ方ならピンときますかね。

ヒメボタルの求愛シーズンです!

一昨日、タムさんに案内してもらって、僕たちも行ってきました。

もうLOVEが舞いまくりー

暗すぎて僕たちのカメラでは、その乱舞は撮れず、
お見せすることもかなわず、残念ですが、ほら
タムさんが飛ぶ蛍をそっとつかまえて見せてくれまし

もっとみる

食べちゃいたいほど可愛いきのこ殿

自宅の庭や天王山、その周辺を散歩していると
名前は知らないけれど、いろいろなきのこに出会います。
そのほとんどが可愛いいでたち。
「食べられたらもっといいのに」と卑しい私はいつもそう思うのです。

先日のチョイお花見でもこんなに赤く可愛らしいきのこに出会いました。

天王山大好き・いきものと友だちのタムさんへ問い合わせ~。

「これはベニヤマタケですね。食べられますよ」

おー!先日の河川敷の野草

もっとみる

カッパのいる池と案内人タムさん

こんにちは!大山崎はぐです。
1年前のことだったかな。
天王山山頂近くに池があると聞いて
探しに行ったんです。

天王山はご存知ですよね?
天下分け目の戦いがあった場所ですよ。
関ケ原の戦いじゃなくて、
明智光秀と羽柴(豊臣)秀吉が戦った
山崎の戦ですからね。

2011年に掲載した『大山崎・歴史の時間ですー山崎の合戦ー』

で話を戻しますね。
天王山は標高270mの低い山で、うちの事務所から登っ

もっとみる

ご無沙汰しています。snsにあげる写真を探すといつも目につくこの風景写真。今宵はとても涼しげに見えます。天王山・竹の小道から望む男山と桂川・木津川・宇治川の三川。水分を十分とって残りの夏をお過ごしください。

篠笛とブズーキとフォークリバイバル運動

今日発行しました「大山崎ツム・グ・ハグVol.3」より

篠笛とアイリッシュブズーキのお話です。

例のごとく、右から左へ、イラスト部分は上から下へ読んでくださりませ。

ハグ君は、ブログでつぶやいています。こちらもどうぞ^^

明日発行だけど、VOL.3予告(^〇^)/ モリアオカエルの卵のお話もあるよ(下の写真ね)

Vol.3今日発行!ゲットできた?記事『篠笛とブズーキ』とゲット場所一部ご案

もっとみる